カテゴリー別アーカイブ: S200V・ハイゼット

S200V型ハイゼット関連のカテゴリー

ハイゼット君の助手席(ついでに後席も)使える化

ハイゼット君の助手席使える化後の写真の画像

ハイゼット君の助手席には棚がありまして、お陰で助手席に人が乗れない。更にラゲッジスペースを2列目シートを倒して使っていたのでハイゼット君てば実質1シーターと化しており、便利な反面非常に不便! っと言う訳で先日ハイゼット君の助手席使える化を実施(いや、単に棚の撤去とも言えるのですが)。

意外と少ないハイゼット君の小物入れ

助手席の棚を取っ払うからにはソレに変わるスペースを確保せねばなりません。ソモソモこう言った棚を置いていたのはハイゼット君の運転席周りに実用的な小物入れが少なかったからで、また当時良さ気な小物入れが見つからなかったからなのですが、1年ちょっと使って解ったのはコンナにデカい棚はいらないと言うコト(^^;

なのでホームセンターうろついてセンタートンネルの辺りにおける小物入れを探し出して設置し、小物入れについては解決。

意外と困るディッシュペーパーの箱

花粉症やら鼻炎なワタシ的に無いと困るのがティッシュペーパー。運転中にくしゃみが出たりした時にコレが無いと安全に運転出来なくなる事態にも陥りかねません(マジで)。コレに関しては色々な商品が売っているので今回はソレを利用。

手荷物置き場

ハイゼット君のシートって乗用車なんかと違って座面が結構フラット。オマケに表皮が意外と滑りやすので前席にしろ後席にしろソコに手荷物を置いても曲がったりブレーキ踏んだりする度に動き回って、足元等へ落ちる確率が高い。っと言う訳で、後席の足元に右にある写真のような収納用コンテナを3つ程設置。意外と常備しておきたい荷物が多いモノで(^^;

後席に人を乗せたい時はコレをラゲッジスペースへ移動するだけなので良いかなと。

荷物と人のスペースを分離

ハイゼット君に乗り始めた当初は2列目シートを使ったり使わなかったりしていたのですが、最近はずっと倒した状態で使っておりました。けど、そうなると人と荷物のスペースが曖昧になって荷物が散乱しがち。なので上にも書いた通り2列目シートを起こして使うコトに。結構クルマの中で着替えをしたりするコトが有ったりする関係で2列目シートが倒れていた方が便利なのですが、まぁ起きてても問題無いっちゃないので。

ソンナこんなで助手席が普通に使えるようになっただけなのですが、日常的な使い勝手を確保しつつ、普通に人も乗せられるようになって嬉しいのでありました。ハイゼット君て燃費はあんまりよろしくないんですけど、その他の便利さなんかもあってホントに手放せない存在になってしまいました。

ハイゼット君の車検前日の巻

約1年と3か月前にやってきたハイゼット君も車検の時期。ってな訳で明日はお休みとってハイゼット君の車検継続をするコトに。

車検準備

ハイゼット君の車検をあした継続するコトにしたのは良いのですが、準備を何もしておりません。夕方までラインの予約すらしておりませんでした(^^;  そんな状態なのでハイゼット君の事前整備については聞かないでください。いえ、オイル漏れとか絶望的な辺りはキチンの直してあるのですが。。。

車検仕様

ともあれ、現状では車検に通らない部分があったりもしますので車検仕様にせねばなりません。その前に最近洗車する機会もなかったので、本日帰りに洗車場へ行き下回りを洗浄。その後洗車機にてボディーも洗います。やっぱし下回りをはじめ、クルマを綺麗にして検査に挑むのは当たり前のコトです。っとロクに整備しないで行こうとしてるワタシが言っても説得力ありませんが(笑)

まぁしかし、そういった面は大切なコトにかわりないと思いますので&久しぶりの洗車だったのでドア開口とかまで拭き拭きしてたらいい時間になっちまいました。その後家に戻ってタイヤ&ホイルの交換と、室内の荷物を降ろして車検仕様完成。ってかごく普通のハイゼット君になったのでありました。

ラウンド変更

夕方に車検の検査ライン予約にて2ラウンドが一杯だったので1ラウンドにて予約したのですが、家に戻った時点で23時とかナカナカ良い時間してやがりましたので、3ラウンドに変更。明日の朝早く起きる自信なかったので(^^; う~ん、しかし予約結構入っていそうだったし、ちょっと失敗だったかな?

まぁ、まったりモードで一日やってきましょうかね。っと色々な面で余裕ぶっこいていて落ちたら笑ってやってくださいな。。。

ハイゼット君をオイル交換

本日は思っていたより1.5時間程度on終了となったのでハイゼット君のエンジンオイル交換を実施。以下、溜まっていたハイゼット君のオイル交換時期等のメモ。因みに4月12日分がワタシの元に来て初回のオイル交換。

オイル交換時期と銘柄のメモ

オイル
メーカー(非公開) 5W-30

交換時の距離
・50,375Km(前々回:4月12日交換実施。オイル及びエレメント交換)
・55,331Km(前回:6月7日交換実施。オイルのみ交換)
・62,938Km(今回:8月24日交換実施。オイル及びエレメント交換)

今回、約8千キロ乗ってしまいましたが、思っていたよりもオイルの状態は良い感じ。コレはハイゼットでの走行がほとんど高速を定速走行してる影響なのかしら。確かメーカー指定の交換時期が1万キロだったと思うので、ソレでも良いと言えば良いのかな?

出来れば5千キロ以内でオイル交換を心掛けたいのですが、時間無い時とかは後回しにしがちで。ハイゼット君ゴメンネって感じっす。

オイル交換(っとタイヤ空気圧調整)後

オイル交換する度に書いてる気がしますが、やっぱり交換直後は良い感じですね(^^)。 また今日はタイヤの空気圧も1ヶ月以上見ていなかったので調整(フロント3.2キロ、リア3.6キロ)。調整前はソレゾレ、3.0キロ、3.2キロ程度に落ちていましたので、エンジンオイル交換と併せて乗っていて気持ち良し♪ この前O2センサーの交換も行いましたので、ハイゼット君、絶好調って感じであります。

ハイゼット君のO2センサーを交換【S200V】

S200V型ハイゼットのエンジンチェックランプが点灯の画像

2ヶ月位前からでしょうか、我が家のハイゼット君のエンジンチェックランプが時たま点灯するようになったのは。そして、それから1ヶ月程経った7月の中頃には常時点灯するようになってしまいました。とはいえ走行する分には特段問題なく、特に調子が悪い訳でもなかったので放置気味でありました(^^; しかし、こういった不具合を放っておくとドンドンとボロくなって行ってしまいますので重い腰を上げるコトに。

ダイアグノーシス(自己診断)にてエラーコードの確認

エンジンチェックランプが点灯したからにはダイアグノーシス(自己診断)にエラーコードが記録されているだろうと思い、まずはソレの確認を行いました。

S200V型ハイゼットのダイアグノーシスコネクタの位置

S200V型ハイゼットの自己診断用コネクタの位置の画像

ワタシが乗るS200V型ハイゼットのダイアグノーシス・コネクタの位置は写真にて示す位置。具体的にはブレーキペダルの左上方とでも言うのでしょうか、センタークラスターの裏辺りに位置します。

S200V型ハイゼットのダイアグノーシスコネクタの画像

でもって運転席の足元に頭を突っ込んで見上げると、ダイアグノーシス・コネクタ君はコンナ感じで固定されております。

S200V型ハイゼットのダイアグノーシスコネクタをブラケットから外した状態の画像

このダイアグノーシス・コネクタはブラケットに固定されている状態にて、コネクタを写真で言うと右方向にグイッと押してやるとコチラの写真のように固定用のブラケットから外す事が可能です。後の作業を考えると外しておいた方が良いかと思われますので是非外しておきましょう(^^)

S200V型ハイゼットのダイアグノーシス、エラーコードを確認する為の端子短絡位置

S200V型ハイゼットのダイアグノーシスコネクタで自己診断モードにするための短絡位置の画像

ダイアグノーシスのエラーコードを確認するには先に外したダイアグノーシス・コネクタにある端子間を短絡する必要があります。その位置は上の写真の通りで、上下段共に右から4番目。この2つの端子を配線やら伸ばしたクリップなんかで短絡し、その後エンジンキーをONにするコトでエンジンチェックランプが点滅するので、その点滅回数からエラーコードを読み取ります。

モデル、グレードによってダイアグノーシスコネクタの短絡位置が同一とは限りませんので、作業の際はディーラー等にて確認するコトをお勧め致します。誤った位置を短絡すると故障の原因となりますので十分ご注意下さいませ。

エラーコードが3つも出てきた。ハイゼット君てば、そりゃないぜ・・・orz

上記の手順にてエラーコードを確認したトコロ、ワタシのハイゼット君てば3つもエラーコードを出してくれちゃったりして・・・orz 出てきたコードは点火1次信号系統、O2センサーヒーター系統、スイッチ信号系統(スロポジ、A/C、A/T関連)。

この中でO2センサーのヒーター系統は季節柄故障していても問題無さそう(=調子悪くならない)なので可能性としては有り。またスロポジもちょっと気になる点があったのでコレもある程度納得。しかし点火1次系統ってのは実際にエンジンが回っている状態的に無いような気がする。っと言う訳で一旦ダイアグノーシスのメモリを消去する事に。

S200V型ハイゼットのダイアグノーシス・メモリ消去方法

自己診断のエラー履歴消去するために外すEFIヒューズの位置の画像

S200V型ハイゼットのダイアグノーシスにてメモリからエラーコードを消去するにはEFIヒューズを30秒程度取り外すコトで可能となります。EFIヒューズの場所は助手席側エンジンルームにあるヒューズボックスとなり、ヒューズボックスの蓋に写真の通り位置が示されているのでソレを抜けばOK。またダイアグノーシスのメモリ消去はバッテリーのマイナス端子を外す事でも可能ですが、その場合オーディオ等に記憶されているチャンネル等もリセットされてしまうのでEFIヒューズを抜くのが良いかと思います。

エラーコードを消去して改めて確認

さて、一旦エラーコードを消去した後に、改めてダイアグノーシスにてエラーコードを確認してみますと、点火1次系統のコードは出なくなりました。残るはO2センサーとスイッチ信号系統。ココでエラーコード一覧を見直していて気付いたのですが、スイッチ信号系統のコードが出る際の条件として、

T端子短絡状態(先に書いたコネクタの短絡)にて
・IDL SWがOFFの時
・ACがONの時
・AT車でD,2,L,Rレンジにシフトした時

っとあります。何に気付いたのかと言いますと2番目にある「ACがONの時」っと言う項目。コレ、単にエアコンのスイッチをONにしているだけでダイアグノーシスコネクタ短絡状態にてコードを出すようなのです。どういうコトかと言うと、エアコンのスイッチONでファンのスイッチはOFFな状態、つまりエアコンのボタンにあるランプは点灯していなくても、エアコンのスイッチがONの位置にあるだけでダメだと言うコトらしいです。

そんな訳で、コレはエアコンのスイッチをOFF位置にしてコードは表示されなくなりました。そんなコンナで残ったのはO2センサー君。そんなモン、O2センサーのコネクター外しちまえ~! っと複数の人に言われたのですが、nobuと書いて「真面目」と読める位に真面目な私にそんな選択肢は御座いません(笑)

純正O2センサーは高そうなので社外に走ってみる

社外のNTKでNGKなO2センサーの画像

とは言え、純正のO2センサーは高そうですから写真のような社外品にて新品O2センサーを用意しました。

O2センサーはNGKの画像

NTKとか書いてあってNGKに似せたつもりかよコノヤロ~、とか思いつつ裏を見るとNGKって書いてありました(^^;

因みにO2センサーの購入は←のお店にて。ハイゼット以外にも多くの車種が用意されているので必要な時は覗いてみるとよいでしょう。

ハイゼットのO2センサーを取り外す

S200V型ハイゼットのO2センサー位置の画像

O2センサーも用意出来ましたのでハイゼットからO2センサーを取り外します。O2センサーは助手席側エンジンルームから見ると確認できますので、まずコネクターを取り外します。

ハイゼットのO2センサーにメガネレンチをかけて緩めているコトロの画像

コネクターを取り外すと22ミリのメガネレンチをかけるコトが出来ますので、モンキーレンチ等を使うよりコチラが良いでしょう。

O2センサーにかけたメガネレンチの反対側の画像

ひとつ前の写真のようにメガネレンチをO2センサーにかけると、この写真のように車体のしたにメガネレンチが飛び出しますので、車体左側から手を突っ込むとコレに届きます。この位置ですと比較的力も入るのでジャッキアップしなくても外しやすいかと。

新旧O2センサーの比較

S200V型ハイゼットの新旧O2センサーの画像

取り外したO2センサーと新品O2センサー。見てわかる通り、左が古いO2センサーで右のが新品。ハーネス長が違うように見えますが、曲りによるもので実際には同じ位です。

S200V型ハイゼットの新旧O2センサーの先端アップの画像

新旧O2センサーの先端部分を見比べると形状が異なっているようですが、細くなっているので喜んでおきましょう。排気抵抗が減るぜっ! って(笑)。あと購入したO2センサーにはネジ部分にカジリとか焼付き防止用と思われるペーストが塗布されております。この辺りは嬉しい配慮ですね。

O2センサー交換後のハイゼット君

さてさて、以上のような感じでO2センサーを交換したハイゼット君ですが、もともと不具合がO2センサーのヒーター系ってコトもあり特段変化無いというか(^^; ただ、ちょいと気になっている不具合チックな症状もありますので、O2センサーの交換でソレが影を潜めるのかってあたりは今後の楽しみであります。

ハイゼット君のO2センサー交換なメモ

O2センサー交換時のS200V型ハイゼットのオドメーターの画像

O2センサー交換時のメモ

日時:2010年8月14日
距離:62080km

ハイゼット君タイヤ凹むの巻【エアバルブ交換】

S200V型ハイゼット君のタイヤがエア漏れしているのでバルブを交換の画像

ロドスタの作業をしている時、一服しようと思いつつ何気なくハイゼットに目をやると右リアタイヤのエアが低いコトに気付きました。

そんな訳で早速タイヤを外して何か刺さっていないか確認したのですが、取り立てて問題無し。エアは先週入れたばかりだしおかしいなと思ってバルブに触ってみたら「シュー」っと音を立ててエアが漏れ始めました。

バルブはタイヤ屋さんにて交換

エアが抜けた原因が分かりましたので、外したタイヤを持って何時も行くタイヤ屋さんへバルブ交換をしてもらいに行きました。お店は混んでいましたが、バルブ交換作業は瞬殺ってな感じであっという間に完了(^^)。今日のウチに気付いて良かったのでありました。。。

S200V型ハイゼット君の燃費を何とかしたい!

最近乗り始めたS200V型ハイゼットのカーゴですが、NAエンジン+3速ATってコトやら、860kgと言う車両重量なんかもあって、やはり思ったよりも燃費が伸びないので御座います。

高速で飛ばすよりストップ&ゴーの方が燃費に対する影響大きいのかな?

ワタシは片道50キロちょっとを毎日走っているのですが、その時々でほとんど全てを高速道路で行くコトもあれば、一般道オンリーなコトもあったり、また半分程度高速と一般道を走ると言う場合もあります。

っで、そう言った使い方していて感じたのが、高速である程度エンジンブン回して走っていても、一般道でストップ&ゴーを繰り返しているよりも燃費が良さそうだと言うコト。高速オンリーな時は結構楽に15Km/Lを超えた一方、一般道の割合が1/4~1/3程度増しただけで14Km/Lに届くか届かないか程度になってしまいます。具体的には1~1.5Km/L程度悪化する感じ。

燃費向上させないと乗る意味が薄い

そんな訳で、コレを一般道オンリーで使うと更に燃費は悪化するかもな訳で、ロドスタ君との燃費の違いが縮まり、またハイゼット君はその際結構ノンビリな訳なので所要時間も長くなり、燃費が良くないと乗る意味が薄くなるので御座います。

っで、高速燃費はソコソコなので、コレをもっと向上させるコトが出来れば、軽ってコトで若干安い高速料金と相まって多少乗る意味あるかな、って感じに。

コレまでハイゼットに施した燃費向上対策

さて、乗り始めてから数日経っておりますが、幾らか燃費向上対策として施したコトとか。

タイヤの空気圧アップ

まず最初にやったのがタイヤの空気圧アップ。引取り直後標準のタイヤ空気圧より低く1.75程度まで落ちていたので、コレを2.3キロに調整。このタイヤ空気圧アップと共にアクセルワークを換えたコトもあるのですが、約13Km/Lだったのが簡単に15Km/Lを超えました(^^;

アクセルワークとシフトポイント

ボケっと乗っていると結構引っ張る感じのシフトポイントになるので、コレを早めにシフトアップするようなアクセルワークを意識して乗るコトに。また前後のクルマの状況にもよりますが、踏まなくて良いトコロは踏まないように意識。コレと上記タイヤ空気圧を合わせて先ほど書いたような感じ。

コレからやりたい燃費向上対策

今後やりたいコトとしては、タイヤ空気圧の更なるアップ。エンジンオイルの低粘度化。コレらは比較的直に出来るコトだけどそれ以外に、エコタイヤの装着、パワステレス化、灯火類のLED化なんてのもやってみたいですね。もっとも、元々移動コストを抑えたくて乗り始めた面がありますので、費用のかかる部分については様子を見てと言った感じになるかと思いますが(^^;

ハイゼットの助手席に棚を設置

先週やって来たS200V ハイゼット君ですが、木曜日辺りから早速通勤に使ったり荷物を運んだ入りと活躍してくれております。しかし数日使ってみて既に気になる部分も。何かと言えばモノ入れの少なさ。インパネ周りにはソレ風のモノが多少ありますが、バンと言うお仕事グルマとして考えると寂しい感じで、ドアポケットも付いておりません・・・orz っと言う訳で、助手席に棚を設置してみました。コンナ感じに








































ハイゼットの助手席に設置した棚の画像

棚ですよ棚!(^^; 今日ホームセンターぶらついていたら、コレ(キッチンに置く洗った食器を乾かしておく水切り用のカゴ)を発見して、コレ助手席に置けるんとちゃうか~? っと思って即ゲット。っで置いてみたらピッタリで御座います(^^)

そのままだと音がしそうなので、滑り止めシートを各部に敷いてみたり。箸を立てておく部分なんかも小物入れとして重宝しそうな感じッス、コレがまた。

S200V型ハイゼット君こんにちは

NBロドスタ君が19万キロを超えた時のエントリにて「ワタシのおバカ加減が判明する」っと書きましたが、バカなワタシは最近NA6ロドスタを増車ばかりだと言うのに、今度はS200V型のハイゼット君を増やしてみました(^^;

S200V型ハイゼット君が来た経緯

増車したいと言う想いは昨年11月位からあり、当初は軽バンかリッタークラスのコンパクトカーをと考えておりました。ソレが何処でどう間違ったかNA6を購入。ソコで終わってれば良かったのですが、丁度時を同じくして友人が所有しているハイゼットを手放すと言う話が出て、コレに飛びついた次第であります(^^;

普通に買うと中古でも高い軽の価格と燃費問題

当初軽が欲しいなと思いつつネックだったのが中古車でも意外と高い価格。安いのは年式が低かったり距離走っていたり。逆に高年式とか距離少ないと最低30万円は見ないといけない感じで。。。 更に今時の軽、ソレもバンとかワゴンて結構重量があるせいか燃費があまりよろしくないようで、そうであるならばそれなりの金額を出してまでコレを買う意味ないよなとも思ってました。

お試しです

そう考えていたトコロへハイゼットの話が来たので、コレを実際に通勤に使ってみて、実際の燃費はどんな感じかとか試してみるのも良いかなと思ったのがハイゼット君とこんにちはした理由です。暫く乗って気に入ればそのまま乗り続けても良いし、気に入らなければ手放しても良いし。2台合わせた購入価格が昨年11月頃に増車を考えていた時の予算の半分程度だと言うのが最大のポイントだったりもするのですが(-“-;A … 

ウチに来てから既に400キロ近く乗っているので、来た時からオドは若干進んでいますが、コレからハイゼット君との生活スタートなり~♪

S200V型ハイゼットが手元に来た日付近のオドメーターの画像