ミニサーキットで感じるバネレートダウン効果

スポンサード リンク



今日は黒猫さんに誘われ南千葉サーキットに行ってきました。足回りもバネレートダウンなど変更していますから、ミニサーキットで思い切り走るのが楽しみ♪ また南千葉サーキットは路面のμが低かったり、路面が荒れていたりするので、現状のような低めのレートの方が相性が良さそうなのも、走る前に気になっているポイント。

それはそうと、黒猫さんとお仲間(失礼!)とは今回が初顔合わせ。新たな出会いっていいもんですね! 南千葉を走るにしても皆さんそれぞれが自分の楽しみ方を持っているというか。なんか楽しんでるって感じがとっても良くて、良い意味で刺激と発見がありました。

自分の車で思いっきり走ってる楽しさ、喜び。忘れていないようで忘れていたような? そんな楽しさに満ていました。特にFDに乗っておられた方は初サーキットだったのでしょうか? あまりお話出来ませんでしたが、1回目の走行を終えた直後の「楽しいね~」って言葉やその表情、そしてまたすぐに走りたくなって2回目を申し込んでしまう気持ち、なんか自分には忘れてしまった感覚だったような気がするだけに、その言葉に「はっ」っとしてしまいました。そんな事もあってホント楽しかった!

南千葉ではバネレート変更が好印象

南千葉の2ヘアにアプローチしているロドスタの写真仕様変更した足回りですが、南千葉サーキットではかなり好印象。今日はフリー走行5分×2走って、タイム計測は1回目の朝一しか計らなかったけど、一部ウェットで35秒7位。2回目はほぼドライで走ったけど、2へア(写真)でのコントロール性向上は嬉しかった。このコーナー、私はターンインからクリップに掛けてブレーキをほぼ一定のまま引きずるような感じで走っているけど、以前は外輪に荷重が乗りすぎると外へ流れてしまって、その辺のコントロールがシビアだった。それが今の仕様だと荷重のコントロールがし易くなってとても走り易いし、ミスる確立が激減しました。

それと最終コーナーでも外輪にしっかり荷重が乗ったままコーナーを脱出できて、出口オーバーが影を潜めてとってもグー! この辺りはバンプストローク確保とバネレートダウンの効果が実感できて良かった。

一般道でも乗り心地良くなってるかも

それと南千葉に向かう時や帰り道。いつも道が悪いと感じるところを選んで走ってみたら結構良い感じ! 今のフロント8キロ+ヘルパー、リア6キロについて、前にあんまり変わって無いと書いたけど、走り慣れたトコロを通ってみると結構良くなってる。だけど状況によっては以前書いた印象そのままな時もある。乗り心地に変化を感じないトコロは荒れた路面(細かいギャップの連続)での印象。ここは変わって無いか悪くなった気もする。それ以外、低速域での足の動きは確実に増しているし、高速域のピッチングも減って良い感じだ!

ただ、足が動くようになった状況でもゴツゴツ感は残っている。この辺りはやっぱショックの特性かな? まあ一応改善点があった事がわかったのはとても嬉しいし今後のやる気にも繋がるっす。

楽しい一日をありがとう~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">