クラブ合同走行会

スポンサード リンク



先日は千葉のロドスタクラブであるROADMASTERSさん主催の走行会に参加して参りました。コースはモトモトカートコースだったナリタモーターランド

コースレイアウトはコンナ感じであります↓

ナリモ公式HPより(クリック拡大)

コースが小さい事もありイベントは1台づつのタイムアタック形式。コースイン・アウトは図のホームストレート左右にある矢印の辺り。今回はイン・アウトラップを含め2周し各周それぞれのタイムを記録。因みに進行方向は午前は右回り、午後は左回りとなっておりましたが、コレはイベントによって変わるトコロ。


ホームストレート

■午前
久し振りに目にしたナリモは思ったよりも広く感じ、ソレは走ってみても同じ印象。コレはココよりも狭い南千葉を走っていた影響かなと思う部分(^^; 

前日、夜の比較的早くから雨が降り始めたコトもあって、当日には止んでいるかと期待したのですが7時半過ぎにコース入りした時点で雨はまだ止んでおらず・・・。ドラミを終えコースを確認する9時前後になって降ったり止んだりと言った状況になって、走行を開始した位には止んでたかな?(確かワイパー使わなかったような気が)。

とは言え空に日が出てきたのは何本か走ってからなので、始めの2~3本はちゃんとした(?)ウェット。その後の3 本はドンドン路面が乾いて行く状況ってな具合。それはそうと今回行って驚いたのは舗装が変わっていた事。コレによって以前と比較にならない程ウェットで走りやすくなっておりました。

そんな午前の走行は約6回のアタック。オイラは走るの久し振りってコトもあってモー緊張しまくって始めの数本はビビリまくり。後で外から撮った映像を見てアクセル全然踏んでなくて驚いた(^^;  そんな緊張も解け、またナリモの走り方を思い出して来た位には午前終了。

午前の結果
トップはセリカエンジンなMR-S(Sタイヤ)の47秒60。ロドスタのトップはSタイヤなカタは47秒63(NA8)、ラジアルなカタは48秒32(NA6)。

以下ロドスタ勢では、オイラの上にはラジアルロドスタが4台居て、オイラは50秒58が午前のベスト。ラジアルトップのカタから2.53秒落ちと、完全にはドライ路面でなかったコトを考えると腕の差が・・・(^^;


■午後
お昼の休憩に皆で水かきしたコトもあって、午後は概ねドライでのアタック。オイラとしても右回りより左回りの方が好きだし、過度の緊張も無くなってきたトコロで気合の入るトコロ。午前に引き続き6回のアタックであります。

午後は積極的にタイヤのエア管理を行い、同時に途中でスペアタイヤ、ハードトップを降ろしたりして、5回目のアタックでベストを記録。

午後の結果
トップは午前と同じMR-Sの44秒60。ロドスタのトップはSタイヤなカタが44秒76(午前と同じNA8なカタ)。ラジアルトップは46秒79(NB8)。

以下ロドスタ勢では、ラジアルなカタの47秒25(NA8なウチのクラブのシゲさん)、47秒35(午前ラジアルトップなNA6)、そんで次にオイラの47秒56(一応目標クリア)。

だけどラジアルトップのカタからは約0.8秒離されており、またラジアルトップのカタもシゲさんもナリモ初走行(^^;(NA6なカタは不明)。

さらにラジアル勢の中でちょっと細かく見ると、トップのカタも2位のシゲさんもベストタイムが2周するウチの1周目の記録。3位のカタはベスト時は2周目のタイムが良かったようだけど、6回のアタック中4回は1周目の方が速いタイム。

対するオイラのベストは2周目でコレは3位のカタと同じですが、1周目のタイムの方が速かったのは6回中1回。

図にも書いてありますがナリモのホームストレートは余り長くなく、またロドスタにとっては微妙な長さであります。1周目はストレート端から全開で加速して行くと2速のリミットが迫る辺りで1コーナーへのブレーキングとなります。次に2周目となると速いカタでは最終を2速で立ち上がるとコントロールライン前後で2速が吹け切ります。ソコで3速に上げるとシフト完了、即1コーナーへのブレーキって感じになります。

逆にそうならない為には2速でリミッターに当てっぱなしで行ってしまうか、早めに3速に入れるかになると思うのですが、早めに3速に入れたトコロで、シフトアップ→チョコッと踏んですぐシフトダウン&ブレーキ、っと行った感じで結構忙しく、1周目と比べてリズムが取りにくいのが初走行なカタの1周目ベストタイムな訳なのかと、個人的に考えているトコロです。

オイラは逆に最終を立ち上がってクルマが安定した辺りで3速に上げてしまいます。リミットまで全然余っているシフトアップには早すぎるタイミングですが、逆にブレーキングまで一呼吸おけるので精神的には随分落ち着けます。

早めにシフトアップorリミッター当てっぱでドチラが早いのか?って部分で選択は分かれるかと思いますが、ドチラにしてもただでさえエスケープゾーンが無い 1コーナーへの進入と言うコトで緊張感がある訳ですから、そのブレーキングに集中出来るか否かってのは大きいかと思います。

そんな訳で何を言いたいのかって部分ですが、上記のようなコトに関しては数年前とは言えナリモも走った事のあるオイラはわかっておりましたので、早目ではなく「ちょー早目」にシフトアップするってコトをしていたのではありますが、ゼロ発進している1周目と2速の途中から加速して行ける2周目ではストレート区間において絶対に2周目の方が早い訳で、そう言ったコトを踏まえて考えるとココでの経験が全く無いカタとのタイム差って実は更に開いているんだなと、そんなコトを感じると共に日頃走っているカタ達の初走行ながらタイムを出してしまう凄さを感じたのでありました。


何はともあれ久し振りのナリモは程良い緊張感と共に、また初めてでそのタイムですかぁ~! っな刺激等々、色々な面で楽しめました(^^)

ソレから直前に変えたリアブレーキですが、コレは変えて行って正解。特に期待していたブレーキで向きを変える場面では、リアにフロントよりも幅広のタイヤを履きながら、15インチで前後同サイズのタイヤ&ホイルのような感覚で走れてたように思います。また今回タイトなコースでしたので、向きを変えるのに苦労しなかったコトも楽しく過ごせた要因かと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">