軽井沢MTGに備えてオイル交換

スポンサード リンク



外装関係のコトは別に書く予定ですが、その他軽井沢MTGまでにやりたかった事リストとして、

  • ・エンジンオイル交換
  • ・車高ダウン
  • ・リアパッド&ディスク交換
  • ・室内清掃
  • ・洗車

があります。
エンジンオイル交換&車高調整、リアブレーキ関係については今日やろうと思ったのですが、10時頃にロドスタで道を進んでいるとオイル交換屋さんが開いており、しかも開店直後の駐車場にはクルマが見当たらなかったので、そこにスルリと入り込んでおりました。

エルフ・エクセリウムGP 5W50の写真

っと言う訳でエンジンオイル交換。

距離:170538Km
オイル:エルフ・エクセリウムGP 5W50
エレメントはそのまま

どこぞのカー用品店と異なり、ピットに入って1時間近くも待たされるコトなく(オイル交換+αがあるとは思えないお店にて)、非常にテキパキとした作業を行うお店であり店に入ってから出るまで30分位。最低限オイル交換をキチンと行ってくれるお店として非常に満足でありました。

ある店のオイル交換のハナシ

あるお店のおハナシ。
そのお店でエンジンオイル交換を依頼する。オイル交換専用ピットなど持たないそのお店では、リフトorウマにて作業。当然時間は掛かります。

ジャッキアップ後にエンジンオイルのドレンをまず締め付け方向に。その確認後緩めてオイル排出。外したドレンボルトのパッキンやマグネット(があれば)に付くモノの確認、清掃。清掃もまずウエスで拭いて付着物を除き最終的にクリーナーーやエアを使ったりとホコリの付着を排除する方向。その後ドレンはカップに入れてホコリが付かないように保管。オイルが抜けるのを待つ間、メカニックはタイヤを揺すりハブやサスリンクに問題が無いか確認、続いて下回り点検、汚れている箇所の清掃、足回りにピロを使っていればソコもクリーニング。

オイルが抜けたトコロで再度ドレンを確認し装着。抜いたオイルに問題が無いか確認し、オイルを注ぐ。レベルゲージでオイル量を確認。その後ウエスでオイルを拭い、さらにホコリを排除する作業を行いレベルゲージ挿入。その後エンジンを始動、油圧が掛かっているか確認、暫くアイドルさせ温度が上がった頃にエレメントに触れたりしてオイルがキチンと回っているかを確認。簡単に書いてコンナ感じ。交換工賃は1000円位だったか?

しかしコレでも作業時間は1時間にも満たないし、愛車をチェックされている様を見守るオーナーからは時間が掛かるコトへの苛立ちは感じられ無い。

当然のコトながら、オイルジョッキは使用後すぐにクリーニングし保管、使用前にクリーニング、さらに取り扱いオイルごとにジョッキを使い分けている。フルチューンな車両はもとより、ノーマルなクルマにもソレを行っているのは言うまでも無い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">