型取りと試作編(ホイルイメチェン作戦3)

スポンサード リンク



ホイルイメチェン作戦。カッティングとペイントによる検討をしてみましたが、実際に行うのはカッティングによるドレスアップとなります。そんな訳で今日は、実際にカッティングシートを貼り込むための作業を行います。では早速作業の模様をどんぞ(^^)

ホイルスポーク形状の確認

ホイルのスポーク形状を紙に転写したトコロの写真フロントとリアのホイルサイズが違うので、スポーク形状の違いを確認する為に紙に転写して型取り。左がフロント、右がリアです。

転写した輪郭をトレースして明確にした画像輪郭を明確にするために、上記の紙にとったスポークの輪郭をPCに取り込み画像をトレース。

前後ホイルのスポーク形状の比較画像1トレースした前後のスポーク輪郭データを重ねて形状の比較をしてみると結構違うな・・・

前後ホイルのスポーク形状の比較画像2と思いきや、片方を回転させて角度を合わせると、形状はほぼ一致。型取り時の誤差もあるだろうし、その辺を考えると殆ど同形状と見てよさそう。これでカッティングシートの形状データは1種類作ればOKとわかりましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

試作

試作したカッティングシートの写真ちょっと飛んじまいますが、上のスポーク形状に合わせてデータを作って型紙を製作。それをモトにカッティングシートをカットして作ったのがコチラの試作品。何だかんだ言って結局カーボンガラ(^^;。でも以前言ってた「カーボン目を揃える」って部分、実は気にする必要がないとわかったからです。

試作品をホイルに貼り込んだトコロの写真試作した2枚のカッティングシートをホイルに貼り込んで問題無いか確認します。

が、あれ、なんかデカイ? 作ったデータよりかなり長くなってる。それにホイルのスポーク形状にも合って無い。確認したらヤッパプリントアウトした時にデカクなってるみたい。て訳で、プリント時のサイズが変わる問題の修正と、形状自体も若干変更と修正し、その後再び試作品のVer。2を製作→試貼り。

型紙の製作とカッティングシートへの貼り付け方法

型紙をカッティングシートに貼り付ける3Mのスプレー糊Vr.2のが結構良かったので、データを並べて印刷して型紙を制作。その後型紙をカッティングシートの裏面にコレで貼る。3Mのスプレー糊。貼ったり剥がしたりできるタイプなので、ミスっても貼り直しが利くのでお気楽かつ便利であります(^^)。

製作した型紙をカッティングシートに貼り込んだ状態の写真で、カッティングに型紙を貼った状態。コレをひたすらカット。今日は右側のみだけど、総数48枚也(-_-;)。

ホイルイメチェン作戦 その他のエントリ

カッティング検討編(ホイルイメチェン作戦1)
ペイント検討編(ホイルイメチェン作戦2)
型取りと試作編(ホイルイメチェン作戦3)
完成(ホイルイメチェン作戦4)
走行時の見栄えは(ホイルイメチェン作戦5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">