サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)

スポンサード リンク



NBロードスターへの純正オプション・サイドスカートの装着にあたり、一旦ボディに仮装着して浮き上がり易い問題となりそうな箇所の確認と、取付け手順を考えるコトにしました。

サイドスカートとボディ形状の違いを確認

まず前後の取り付けボルト(上端のモノ、それぞれ1本だけ)を軽めに取り付け、保々自由な状態で合わせたのが下記3枚の写真。コレによってサイドスカートがフリーな状態における、ボディとの形状の違いというか、浮いてしまう箇所を確認してみます。

サイドスカート仮組み時のフロントフェンダ部の写真
サイドスカート仮組み時のサイドシル部の写真
サイドスカート仮組み時のリアフェンダ部の写真

まずフロントフェンダ部は浮いてしまってますが、思っていた程の量でなく、むしろ今回取外す前の両面テープがある程度生きた状態の方が浮き量が多い位です。この部分に関してはサイドスカート自体の前後位置の影響が大きそうです。

他のサイドシル部・リアフェンダ部に関しては、この状態では特に問題無さそうですが・・・

サイドスカートを実際の固定状態にして浮上がりを確認

上記は保々自由な状態。サイドスカートの上端に近い前後の取付けボルトで留めておりますので下部(サイドシル下面)の位置は全く出ておりません。なので上記の状態から、サイドスカート下部の位置を出してみたのが下記2枚。

サイドスカート完全仮組時のフロントフェンダ部の写真
サイドスカート完全仮組時のリアフェンダ部の写真

っと言う訳で、サイドスカート下部を所定の位置にするとフロントフェンダ部は盛大に開く結果に。またリアフェンダ部も若干開き方向となるようです。サイドシル部は特に問題ありませんでした。

なので、取り付け手順としては、まずサイドスカート上端を接着、その後時間を置いて下部接着と言う順番で行く方向で進めたいと思います。

サイドスカート取り付け位置のマーキング

サイドスカートの前後位置をマーキングした写真

仮組みの段階で前後位置と、特にボルトによって位置が規制されてくるサイドスカート前後端の上下位置をマークしておきます。

サイドスカートの浮上がり対策

前後フェンダ部の浮上がり対策ですが、NBロードスターの純正オプションサイドスカートの場合、実は純正取付け方法ならば対策が織り込まれております。方法としては下記のようなもので、

フロントフェンダの浮き防止クリップ取付け位置の写真
リアフェンダの浮き防止クリップ取付け位置の写真

上記写真にあるマーク位置の辺りに穴を開け、

前後フェンダ部のサイドスカート浮き防止クリップの写真

このようなクリップを取付けておきます。

サイドスカート側を見ると、

サイドスカート浮き防止クリップの噛み合い箇所(フロント側)の写真
サイドスカート浮き防止クリップの噛み合い箇所(リア側)の写真

前後それぞれ上記クリップが噛み合う部分が用意されており、コレによって浮きを抑えるようになっているようです。

ココでオイラが前回コレを使わなかった理由としては、ボディに穴を開けるのが嫌だったからです。フロントはフェンダ交換が可能ですがリアフェンダは一旦穴を開けてしまったら修正が大変なので、出来れば使用したくないトコロです。っと言う訳で今回も穴は開けない方向で行きたいと思います。

浮き防止クリップの加工

フェンダ浮き防止クリップ加工後の写真

ボディに穴を開けたくはありませんので、浮き防止クリップの不要な部分をカットします。

加工したクリップを取付けたトコロ(フロント側)の写真 加工したクリップを取付けたトコロ(リア側)の写真

付与な部分をカットした拭き防止クリップをサイドスカート側に取り付けるとコンナ感じに。で、ココも両面テープの接着箇所としてみます。とりあえずは接着面積が広がるので、多少なりとも効果を期待出来るでしょう。

参考までにNBロードスターの純正オプションサイドスカートを指定の方法で取付ける場合に必要な穴あけ箇所を記しておきますと、上記の前後フェンダ各1箇所、サイドシルのステー取付け部に3箇所、サイドシル下面に6箇所の計11箇所となります。そんな訳でコレから取付けるカタで、さらに長く乗りたいとか、またはサイドスカートを外す予定のあるカタなんかは、取付け前に板金屋さんなんかと十分打ち合わせの上、取付けされると吉かと思います。

特にサイドシル部の穴あけに関しては、水密を考慮していないような雰囲気がありますので、穴あけをされるカタに関しても何らかの対策を行った上で取付けられるのが良いかと思います。(なが~く乗りたいってカタはです)

エアロ関連なエントリ

NBロドスタ純正に拘ったものの

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

「サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)」への1件のフィードバック

  1. バンパー・サイドスカートの外品施工にあたり、施工不良被害にあい、困っています。

    掲載の「クリップ」を探しています。入手は不可能ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">