フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)

スポンサード リンク



サフェーサーを塗装し、研いだ後に出てくる巣穴の修正などを行い下地を仕上げた後、フロントマツスピハーフの塗装を行いました。

巣穴をラッカーパテで修正

サフェーサーの研ぎをある程度終えた後、今回は真面目にラッカーパテにてス穴を拾うコトにしました。

巣穴部分にラッカーパテを盛った写真

サフェーサーを研いだ後に確認すると結構巣穴があるのです(泣)。ついでにサフ研ぎだけでは無くならそうな傷にもパテ盛り(ラッカーパテの本来の使い方ではありません。)

修正箇所にパテ盛りした写真

ちょっと厚く盛りすぎた(^^; っとは言ってもラッカーパテはこの後ほとんど削り落してしまいますが・・・

巣穴を探してパテを持っているトコロの写真

じーっと見つめながら巣穴を探してパテを盛り盛り。サフェーサーが白くて、しかも太陽光が当たっているので目がおかしくなります。

マツスピフロントハーフスポイラーの下地を仕上げている写真

因みにエアロを車両に装着後、下面となる箇所はどうせそのウチ擦ってしまうと思われますので、手抜きでパテ無しです。

フロントハーフを塗装する

っで、ラッカーパテを研いで下地が整ったトコロで塗装開始ぃ~♪ サフ吹く前の状態だとイマイチやる気が起きませんでしたが、サフを吹いてコザッパリし出すと、俄然やる気が出てきます(笑)

フロントハーフ塗装後の写真

いきなり塗装後の写真になりますが、久し振りの塗装でガン調整とガンさばきに手間取ったけど、結構良い感じに吹けましたO(≧▽≦)O ♪

塗装したマツスピフロントスポイラーの写真

クリアも少な過ぎぬよう重ねて重ねて、塗装で艶を出していきます。

クリアが垂れている写真

右端は結構クリアが垂れてま~す。でも少ないクリアがより断然マシなので、垂れるのを恐れずに! またタレて盛りあがった部分周辺は乾燥後凹みが生じるコトがあるので、垂れた部分の周りは塗料を塗り重ねて修正後に問題が起きないようにしておきます。

塗装したフロントハーフスポイラーの左側の写真

左側は垂れも無く良い感じの吹き上がり♪

塗装後の艶を現す写真

良い感じだ(笑) 一応塗装で結構艶が出ていますので、後の塗装肌修正も垂れた部分の修正程度、っとプラスαってな感じで済みそうです。

その他のエアロ関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">