足回り変更後の印象【ちょい気合入りモード】

スポンサード リンク



F12+ヘルパ、R10キロバネ(それぞれラバー無し)で、プチ気合入り状態で走るのは土曜が初。特にリアはペルパースプリング無しって事でリバンプストロークが減少しているので、かなりおっかなビックリ状態。

で、 いきなり結論、F12、R10キロは潰せない!
と言う訳で、今のアッシにゃ宝の持ち腐れ・・・orz

と言っていても始まらないのでわかった範囲で。
まずヘルパースプリングが無くなったコトによるリアのリバンプストローク減少は、当初からデメリットとと言うか接地感の減少を感じていたけれど、コレについては先日リアの車高を若干落とすなど、前後の車高バランスを変えたコトもあって直線時はもとより、ターンイン時のブレーキング場面での問題は減ったように感じる。また100キロ程度のコーナリング中にブレーキをグッっとかけても、リアが流れるとかって症状は無し。但しヘルパー有りに比べればリアの荷重が抜ける状況での安定感はやはり減った面があるように感じるので、上記リンク先にも書いたようにヘルパースプリングの効果ってのはやっぱあるのかなと思う。

乗り心地面では100以上で走っている時は悪くないかな?とか思ってしまうが、これは慣れの部分もありそう。F6、R5に比べ細かなギャップは拾うコトや、また動きとして感じるけど、乗り心地としてそれを悪いと感じる程でも無いように感じた。低速域ではレートなりだけど、このままでも良いかとも思う(汗)。

正直言って混乱しまくり(>▽<;;  だけど使いきれてないよなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">