カテゴリー別アーカイブ: NA6・ロードスターの作業

NA6・ロードスターの作業レポート

NA6君のクラッチオーバーホールを始めたのですが・・・

無事に登録をしてナンバーが付いたNA6ですが、実際に乗り出して気になったのがクラッチジャダー。特に発進時やら後退時にクラッチが繋がりきる辺りで車体全体がガクガク揺すられる位に酷いのであります。コレについては半クラを多用して改善しないかな~? っと思って暫く乗ってみたのですが完全には改善しないようですし、またエンジンとトランスミッションの繋ぎ目辺りからエンジンオイルが滲んでいるのも気になりましたので、トランスミッションを下してクラッチオーバーホールとオイル漏れの修理を行うコトにしました。

クラッチジャダーの原因は?

クラッチジャダーの原因についてはオイル漏れが原因ではないと思っておりましたが、外してみたクラッチディスクやらカバー、フライホイールを見る限り、やはりそれ自体がジャダーの原因だったようであります。

取り外したフライホイール

NA6ロードスターから外したフライホイールの画像

コチラがNA6から取り外したフライホイール。写真からも見てわかるかもですが、特に円周の外側が当っていない感じ。良く分からんのですが、接触面積が限られているコトよって、クラッチが完全に繋がる直前において、相対的に容量が不足して滑る感じになり、ソレがジャダーとなっていたのかな? いずれにせよフライホイールがコンナ状態だったのでトランスミッションを下ろして正解だったかなと思っております。

取り外したクラッチカバー

NA6ロードスターから外したクラッチカバーの画像

そんでもって取り外したクラッチカバー。コチラはフライホイール程状態が悪くない感じですが、現在の走行距離(約17万キロ)から想像するに、前回クラッチオーバーホール時に、ディスクとカバーは交換したもののフライホイールは未交換とかソンナ感じだったのかなと。

取り外したクラッチディスク

NA6ロードスターから外したクラッチディスクの画像

クラッチディスクも乗った感じ、ジャダー以外は問題無さそうだったのですが、外したのを見る限り厚みはソレなりに残っている感じ。ですがフライホイールが上記の通りですので、その当り面は同じように状態がよろしくない感じでありました。

トランスミッションを下してみたら

トランスミッションを下してクラッチのオーバーホールやオイル漏れ修理を行うコトを決意したのがゴールデンウィーク前のコト。なのですが、パーツオーダーの手続きで若干不備があり、必要なパーツが休み中には揃わないって事が事前に分かっておりましたので気合入らないままに作業スタート。っで結構な時間かけてトランスミッション下ろしちゃった訳ですが・・・

クラッチやフライホイールを外したNA6のエンジン後部の画像

写真はNA6君からトランスミッションやらクラッチ、フライホイールを取り外した状態。っでエンジンの後ろ側を見ている訳ですが、なんかオイルが凄いのであります。コレ、以前掃除した際に流れたオイルがベルハウジング内に残っていただけなのか、はたまた単にオイル漏れしているだけなのか? って辺りの判断に悩むトコロでありまして、っと言うのもなんかヘッドとブロックの境目辺りから漏れているような気がする訳でして・・・(^^;

以前掃除しているはずのブロック側面もヘッドより下が再びオイルっぽくなっている感じもしているので非常にorzですわ。

さてどうする?

走行距離が17万キロってコトや約20歳ってコトを考えるとエンジン各部のシールも当然ヤバいよなって容易に想像できる訳で、現状でクランクのリア側シールだけ交換してトランスミッション載せるのもどうかなと言う感じ。ってのは、トランスミッションが下りている今ならエンジン下ろすのもあまり手間がかからないから。

っと言う訳でエンジン下ろした方が良いのかな~? っと言う辺りで悩んでいます。いえ、当然下ろした方が良いのでしょうが、そうなると今後数カ月は乗れないので。。。う~んどうしよう。

DENSOのイリジウム・タフにプラグ交換【緑NA6】

緑NA6ロードスターに装着したDENSOのイリジウムタフプラグの画像

緑NA6ロドスタ、本日の作業はプラグ交換。ソレのみで終了(^^;

装着したのはDENSOのイリジウム・タフ

今回装着したプラグはDENSOのイリジウム・タフ。このプラグは中心電極がイリジウムで接地側にプラチナチップが付いているタイプ。

ロドスタに適合するDENSOのイリジウムプラグの番号については以前書いた下記エントリをご参照下さいまし。
 ・プラグとコード交換

熱価間違えたの巻

っと書くために上記エントリ見て気付いたのだけど、VK16、すなわちNGKで言うトコロの熱価5番のヤツ買ってしまった・・・orz  車検取ったらまた交換だな( ┰_┰)

ブレーキとクラッチのフルード交換とキャリパーグリスアップ【緑NA6】

緑NA6の車検取得に向けて本日も作業。今日はブレーキとクラッチのフルード交換、ブレーキキャリパのグリスアップと、フロントのアンダーカバーに隠れている箇所のお掃除等を行いました。

ブレーキとクラッチフルードの交換

NA6ロードスターのブレーキフルードを交換の画像

ブレーキとクラッチフルードはコンナ感じで交換。ブレーキは特に問題ありませんが、クラッチの方はエアが結構入っていたのと、作業中ちょっとおかしな感じがしましたし、またクラッチが繋がるタイミングに違和感もありますのでクラッチマスターシリンダーとかレリーズシリンダーのオーバーホールを追々やろうかと思っております。一応と言うか、交換前はかなり奥でクラッチが繋がっていたのですが、フルード交換後は多少手前になったような???

フルード交換用のブリーダーボトル

写真に写っているフルード交換用のワンウェイバルブ付きなブリーダーボトルはストレートの下記商品。安いので先日買っておきました(^^)

 ブレーキ ブリーダーボトル STRAIGHT/19-589 (STRAIGHT/ストレート)

ブレーキキャリパーの掃除とグリスアップ

NA6ロードスターのキャリパをグリスアップの画像

ブレーキキャリパーの方はスライドピン及びソレが入る部分を重点的に掃除してグリスアップ。またパッドとパッドに付けるシムも掃除してグリスアップしておきました。

このNA6は前オーナー所有時にリアキャリパーのオーバーホールやらパッド交換をお店でやったようで、またソノ作業からあまり距離走っていないので車検後に手を付けようかと思ったのですが、開けてみたら今日やっておいて良かったと言う感じ。っと言う訳でキャリパーのオーバーホールも考えておく必要がありますな(^^;

下回り掃除

NA6君が来てから何度も下回り掃除している気がしますが、今回はアンダーカバーを取り、ソレに隠れている部分を掃除しておりました。っと言うのと、来た当初に書いたオイル漏れの確認の意味もあります。

結果的に言えば、エンジン周りに付着していたオイルはヘッドカバーパッキン交換以前に付着したソレを掃除していなかっただけなようですが、トランスミッションのベルハウジング内からエンジンオイルが漏れているっぽいのでありました・・・orz コレに関してはもうチョイ経過観察(^^;

あと、アンダーカバー外したらパワステの配管にLLCの滴がついておりました。コレは配管の真上に丁度エンジンブロックの前面が来ているのでもしかしたらその辺りから漏れているのかも。一応コチラも経過観察って感じですが、補機類のベルトやらタイミングベルトの交換も考えているので、その際に確認して行こうと思います。

下回り掃除と、LLCやパワステフルード交換等【緑NA6ロドスタ、本日の作業】

本日も先日に引き続いて緑NA6ロドスタの下回りお掃除の他、LLCの交換やらパワステフルード交換等を行いました。

下回りのお掃除

下回りとエンジンルーム洗浄の為に購入した万能協力洗浄剤と有機溶剤対応のスプレーボトルの画像

先日も下回りの掃除はしましたがイマイチ綺麗になってないので、写真のようなクリーナーを購入して改めてお掃除してみました。ワタシが求めている洗浄力が高過ぎるのかもしれませんが、原液で使ったものの洗浄力がイマイチな気が・・・(^^; 一応、それなりの洗浄力はあり、また手とか環境面にも配慮しているっぽいので、それを考慮しておく必要はあるかもですけど。

下回りに関しては、機関周りの油汚れの他、全体的に土埃がこびりついたような感じになっているので、ソレを落とせば比較的綺麗にはなるかなと思っています。

洗浄剤とか

今回使った洗浄剤に関しては下記リンク先から入手可能です。

 万能強力洗浄剤 ASR 1L STRAIGHT/36-675 (STRAIGHT/ストレート)
 溶剤用スプレー 500ml STRAIGHT/36-308 (STRAIGHT/ストレート)

LLCを交換

LLCを入れてエア抜きしているNA6ロドスタの画像

つづいてLLCも交換。ただし今回はラジエーター下のドレンを開けて抜けた分を入れ替える程度。後々水回りのホースを変えたいので、その時に改めてLLCも交換予定なり。クーラントはスーパーロングライフクーラントを入れておきました。

パワステフルード交換

パワステフルードを抜きとるのに使用したオイラーの画像

パワーステアリングのフルードも一応交換。ホース外せば簡単ですが、今回は写真のようなオイラーを利用して、抜いては足し、抜いては足し、っという方法にて1リッター程消費。完全に綺麗にはなりませんが、それなりに入れ替わってくれているようです。まぁ、やらないよりやった方が良いって程度にて。

燃料系を綺麗にしてくれる添加剤入れといた

燃料系をお掃除してくれるVITAL CLEAR GASの画像

KURE VITAL CLEAR GASと言う、燃料系を綺麗にしてくれる添加剤が安く売っていたので購入して入れといてみました。説明には50~70リットルのガソリンに対してKURE VITAL CLEAR GASを1本入れるとありましたが、今回ガソリン買いに行くほどやる気なかったので15リッター程度しかガソリン残っていませんが入れてしまいました。濃ければ良いってものでもないのでしょうけど(^^;

燃料と言えば、家に持ってきてすぐにガソリンが尽きて先日給油したのだけど、新しいガソリン入れたらまた調子良い感じ。やっぱガソリン古くなると良くないようですね。排ガスも臭いし。。。

本日の衝動買い

衝動買いしたストレートのツールセットの画像

これまでチョコチョコ買って増やしていた工具が一気に自宅から無くなってしまいましたので、アーンド、セールで安かったからツールセットを衝動買いしてみました。思い立った時に工具使えないとなにかと不便なので、コレでチョットは安心なり(^^)

作業を終えたNA6と、ソレを待っていたNB8ロドスタの画像

オイル交換とB面お掃除とか【緑NA6ロドスタ、本日の作業】

本日は車庫と物置の整理をしつつ、やって来た緑NA6ロドスタのタイヤ&ホイルの交換やらエンジンオイル交換、下回りのお掃除をしてみました。

エンジンオイル交換

NA6ロドスタを持ってきたその日にエンジンをかけてみたらHLAのダメダメ音が凄かったのですが、その後エンジンをかけても音出ず。っと言う訳でHLAの音はしばらく動かしてなかったからなのかな~、っと思いつつ、お約束って感じでエンジンオイルを交換。結構距離いってるのでディーゼルオイルを入れときました。

タイヤ&ホイル交換

緑NA6ロドスタに付いていたタイヤ&ホイルは友人にあげちゃうコトになったので、物置に眠っていたタイヤ&ホイルと交換。コレで物置のスペースが若干広がるぜ!(笑)

足回りはkoni

緑NA6ロドスタの足回りはコニショックとSTAGEのバネの画像

っで、タイヤ外して足回り見てみたらkoniのノーマル形状なショックとSTAGEさんのバネを確認。前オーナー氏が付けたモノですが、付けてからあまり乗っていないのが嬉しいトコロ(^^)

下回りのお掃除

緑NA6の下回りを掃除の画像

この前エンジンルームを掃除したソレが回ったのかオイル漏れがあるのか不明ですが、オイルパンやらトランスミッションが脂っこかったのでソレの掃除と、ついでにB面も軽く掃除。車検のコトもあるので綺麗にしておきたいトコロです。多少の錆はありますが、年式やら購入価格を考えれば悪くはないかな?

軽く磨いて洗車

そんなコンナで、タイヤ&ホイル交換とかエンジンオイル交換とか、B面やらの掃除を終えてから洗車なり。ついでに軽く磨いて軽くコーティングしたらちょっとは綺麗になったかなって感じ(^^)

NA6の緑ロドスタの走行距離の画像

ココからNA6ロドスタとの生活スタートです~

NA6のエンジンルームをお掃除【本日の作業】

本日の作業と書いてありますが、実は先日の作業だったりするのは気にしない方向にてお願いしますなのですが、新たに加わったNA6を持ち帰り、自宅にてエンジンルームを見たらエンジン周りにオイルの滲みによって付着したオイルが目立ったので、まずソレを掃除しました。

ヘッドカバーのパッキンは交換されているようなので

一応前オーナー所有時に、ロドスタではお決まりのヘッドカバー周りのパッキン等が交換されているようなので、付着しているオイルがパッキン交換前に漏れたソレを単に掃除していないだけなのか、あるいは他の箇所からオイル漏れしているのか、ソレを見極める必要があるのである程度綺麗にしておく必要があります。

ソンナ訳でパーツクリーナー3本をひたすらシューシューやっておりました(^^;