ワードプレス2.8ベータをインストール

スポンサード リンク



ワードプレスユーザーの皆様は既にご存知かと思いますが、数日前にワードプレス 2.8のベータ版が公開されました。つい最近ワードプレスを使い始めたばかりだと言うのに、もうバージョンアップが迫って来ているのかよぉ~~~っ! っと言ったトコロで気になるのが、バージョンアップ作業とか、その結果起こる不具合等々。そんな訳やら、たまたまインストールしたまま使っていない別のワードプレスがありましたので、試しに2.8ベータへアップデートしてしてみました。

ワードプレス2.8ベータへのアップグレード作業はアッサリ完了

アップデート作業に関しては2.8が正式にリリースされて後であれば自動アップグレード機能を使うコトになるのでしょうが、2.8ベータは開発版というコトでコレを利用するコトが出来ないようですから、下記ページを参考にアップグレード作業を行いました。そんな訳で自動アップグレード機能は正式リリースまで使えないので、その意味では少々不安が残ります(笑) 使ったコトがないので・・・

 ・WordPress のアップグレード – WordPress Codex 日本語版

wordpress2.8ベータインストール後にログインページアクセスして表示される画面の画像
上記ページの手順にならい、ファイルのアップロード終えてログインページアクセスすると左画像の画面が表示され、データペースのアップグレードを求められましたのでボタンをクリック。するとデータベースが更新されてダッシュボードにログイン出来ました。

ワードプレス2.8ベータのダッシュボードな画像色々

ワードプレス2.8のダッシュボードの画像
ワードプレス2.8のダッシュボードはコンナ感じ。画面左にリストされている各メニューは全て開いた状態です。画像が不鮮明では少々わかり難いかと思いますが、パッと見た感じは大きく変化していない印象です。

ダッシュボードのカラム数を変更可能

ワードプレス2.8ベータのダッシュボードの表示オプションの画像
ダッシュボードの表示オプションを開くと矢印の部分に新しい項目が追加されています。

ワードプレス2.8ベータのダッシュボードのカラム数を変更した状態の画像
で、1~4の間で選択可能なこの部分にて、ダッシュボードのカラム数が変更出来るようです。画像では「4」を選択したので、緑矢印の部分に新たなスペースが生まれております。後はそのスペースにドラッグしてやればOK。

見た目の変化は少ないけど使い勝手は良くなっているエントリ編集画面

ワードプレス2.8のエントリ編集画面の画像
エントリの編集画面はコンナ感じで、大きな変化はない印象となっておりますが、

ワードプレス2.8のエントリ編集画面の表示オプションの画像
エントリ編集画面の表示オプションを開いてみるとダッシュボードと同じようにカラム数の切り替えが可能になっておりました。但しダッシュボードが1~4カラム選択可能だったのに対し画像の通りエントリ編集画面で選択できるのは1カラムor2カラムのみです。でも、現行バージョンでもドラッグ&ドロップで1カラム化可能なので、この変更はわかり易さの向上と言った感じでしょうか?

未保存でページ移動しようとした際の警告表示の画像
エントリ編集画面から未保存(自動保存もされていない)状態で他のページに移動しようとすると、御覧のような警告を出してくれました。オイラは今現在2.7.1を利用中で、こう言った警告は出ないのですが、現行バージョンでも出るようでしたら勘違いと言うコトでゴメンなさい。

ワードプレス2.8エントリ編集画面の公開ページ表示リンクボタンの画像
エントリ編集画面でもう一つ。エントリを公開状態にするとパーマリンク編集ボタンの右隣りに、編集中のエントリの公開ページを表示できるボタンが表示されます。編集画面から、公開中のページに飛べるようになったので地味に便利です。そんな訳で下書き状態では保存してあってもこのボタンは表示されません。

ワードプレスページのパーマリンク編集の変更が嬉しい

ワードプレスページのパーマリンク編集部分の画像
変わってコチラはワードプレスページの編集画面ですが、パーマリンクの編集が設定されたようです。この部分はチョット不便に思っていたので使い易くなって嬉しい! エントリ編集画面と違った手順の編集が必要だと忘れてしまうコトがあったりしまうからね(^ ^;

変化したウィジェット設定画面

ワードプレス2.8のウィジェット設定画面の画像
ウィジェットの設定画面は若干変化が大きめな部分で、御覧のような表示になりました。

利用するウィジェット一覧の画像
利用するウィジェットは今までのようにドラッグして右側にドロップ。その先の各ウィジェットの設定は変わりない印象です。

テーマ設定やインストールが容易に

ワードプレス2.8のテーマ選択画面の画像
コチラはテーマの選択を行う画面。一見変化が無いようですが、よく見ると矢印の部分に違いが。今まではサムネイルをクリックし、うにょ~んとプレビュー表示させてからで無いと切り替えが出来ず、テーマを頻繁に変える人にはイライラの原因になっていたでしょうから歓迎すべき改良ですね(笑)。また後述するテーマのインストーラーが新たに備わった関係で、テーマの削除もココで行えるようになっています。

ワードプレス2.8のテーマ編集画面の画像
テーマの編集画面も若干変更が加えられています。見ておわかりの通り構文が強調表示されるようになり見易くなりました。またテキストエリアの下にご覧のようなドロップダウン(いやアップ)メニューが設置され、項目を選択して右の「Look up」ボタンをクリックするとドキュメントのページへ一っ飛び。但し英語のですが・・・

管理画面からテーマのインストールが可能に

ワードプレス2.8のテーマインストーラーの画像
先程少し触れた、新たに備わったテーマインストーラーの画面です。検索機能も付いているようなのでテーマ変更を楽しむ労力を減らしてくれそうです(*^o^*)

全てのファイル編集が可能になったプラグイン編集画面

ワードプレス2.8のプラグイン編集画面の画像
プラグインの編集画面もテーマ編集と同様、強調表示されるようになりました。また、

プラグイン編集画面のファイルリスト部の画像
ワードプレス2.8ではプラグインの全てのファイルが管理画面から編集出来るようになっています。編集するプラグインはドロップダウンリストから選択。従来プラグインがリストされていた部分にはプラグインの全てのファイルが表示されるようです。

エントリやメディアの一覧表示画面の表示件数が設定可能に

メディアやエントリ一覧での表示件数設定部分の画像
最後にコレまた嬉しい変更。投稿済みエントリの一覧や、メディアライブラリ等の表示オプションで、1ページ表示する件数の設定が可能になりました。普段はあまり有難味を感じないかもしれないけれど、多くのエントリに一気に変更を加える必要が出た際などにはきっと嬉しくなるコトかと。っと言うか、2か月前に欲しかったです、この機能は(笑)

ワードプレス2.8での変更

ダッシュボードをはじめに見た際の印象は変化を殆んど感じませんでしたが、カルっとアチコチ見ただけで色々と使い易さが増していて、コレはやくリリースされないかな~? っと待ち遠しさが芽生えてまいりました(笑)。その他、ワードプレス2.8の新機能や変更点などの詳細については下記ページにてご確認を。

 ・Version 2.8 – WordPress Codex 日本語版

「ワードプレス2.8ベータをインストール」への3件のフィードバック

  1. お早うございますヾ(@゜▽゜@)ノ。
    新しいオモチャを手に入れたようですね~。
    「弄る」>「理解する」という過程は車もブログも共通する楽しさが有るかもしれないですね。

    ちなみに、コチラで使われている葡萄茶系の文字色がシックで気に入ってしまったので、パクらせて頂きました^_^;。

  2. お…すみません、連続カキコでm(__)m。

    コメント回りのスタイル変更されましたよね?。
    名前と日付の部分のスタイル、ちょっと他に見ない格好良さですね~!。
    付箋みたいでいいなぁ(^^)V。

  3. ■ Ranさん

    おはようございます。

    稼働中のブログでバージョンアップの経験が無い不安からインストールしたのですが
    作業自体ごく簡単に終わったので、新しい機能などに早速目が移ってしまいました(^^;
    まだまだワードプレスの理解度は低いですが、ソレだけに日々新たな発見があって、
    本当に楽しいおもちゃです(^^)

    配色やコメント部分は、利用したテーマのデザインが気に入ったので殆んど入手した
    まま利用しています。因みに名前の部分はワタシも気に入っている部分です。

    今回変更したのはRanさんのブログの影響が大きかったりします。大きな部分、細か
    な部分、色々と良い刺激を与えて頂いておりますです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">