ワードプレス2.8.1の日本語版にアップグレード

スポンサード リンク



ワードプレス2.8.1日本語版へのアップグレード表示の画像

ワードプレス2.8.1リリースのリリースから数日後、2.8.1の日本語版もリリースされたようで『ワードプレスのダッシュボード→アップグレード』と進んだ画面の案内も上記画像の通り『2.8.1-ja』の案内が表示されるようになりました。そんな訳でで早速アップグレードするコトに。

2.8.1への更新は自動アップグレード機能を利用

ワードプレス2.8へは自動アップグレード機能を利用して行い、その後自動アップグレードはヤバかったコトを知ってビビったのではありますが、今回も懲りずに自動アップグレードにて更新してしまいました(^^;

バックアップは徹底的に

ただ、前回のアップグレード時は画像ファイルのバックアップを取らなかった(ローカルに一応残っている)のですが、2.8の時にファイルが削除されてしまうと言う不具合があったようなので今回は一応全てのファイルをバックアップ(とは言え、その辺りは2.8.1では修正されているのですが)。併せてデータベースの方もバックアップを取り、その後に『2.8.1-ja』の方の『自動アップグレードを実行』をクリック。

プラグインは無効化しなかったけど

ワードプレスのアップグレードに関する記述を見ていると『プラグインを無効にする』っと言った手順が含まれている場合があり、本来その方が良いのかなと思いつつも『WordPress のアップグレード – WordPress Codex 日本語版』にある『バージョン 2.7 以降から 2.8.1 へのアップグレード』っと言うページ辺りを見ると特にそう言った記述が無いので大丈夫なのかな? 前回もプラグインは無効にしないでアップグレード作業をしてしまったのだけど、今後コレによって痛い目をみたりして。チョット怖いなと(^^; コレについてはアップグレード作業を行う時間帯何かを調整して実行した方が良いのかな???

Coreサーバーでも自動アップグレード機能は利用可能

本ブログは今現在Coreサーバーを利用しており、自動アップグレード機能を利用するには例のphpがセーフモードとなっているのがネックなようですが、『コアサーバーでワードプレスをCGI版PHPで動かしたら負荷が結構ヤバい感じに』に書いた、幾つかのphpをCGIモードで動かすタメの記述をした.htaccess ファイルを置く事で利用可能になるようです(ワタシの場合は問題無く自動アップグレード機能を利用できました)。

My Category Orderでカテゴリーが表示されない

他、ワードプレス2.8へのアップグレード時と同じように、My Category Orderで表示させていたカテゴリー一覧が表示されなくなってしまいましたが、以前書いたような方法ではなくて、単純に『ダッシュボード→My Category Order→Click to Order Categoriesボタンをクリック』にて表示されるようになったのでありました(^^;

っと思ったら、ワードプレス2.8.2へのアップグレード時には『taxonomy.php(wp-includes内)』のパーミッションを変える必要がありました(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">