フォトギャラリーはページ機能とLightboxなどを利用

スポンサード リンク



本日も新しいブログプラットフォームなワードプレスくんと格闘などしておりました。あぁピマジン・・・・・。

ワードプレスとフォトギャラリー

そんなコンナで、少し前に言っていたフォトギャラリーのについては大体の方向性みたいなのが決まって来たので、写真の方もいそいそと準備をしているトコロに御座います。

写真の表示はLightboxを使用

フォトギャラリーの方向性としては、ページその物はサムネイル+FC2ブログの時にも使ったコトがあるLightbox、っと言った感じ。ソレをワードプレスのページ機能とギャラリー機能を組み合わせて使おうかと思っております。

ワードプレスのギャラリー機能

ワードプレスのギャラリー機能について簡単に説明すると、ワードプレスでは記事投稿・編集画面から写真をアップロード出来るのですが、その場合、ソコでアップした写真と編集中の記事とが関連付けられます。そのため、編集画面のテキスト入力エリアに

[ gallery](gの前の半角スペースは本来不要)

っと記入するだけで、アップした分の写真のサムネイル一覧を表示してくれるのでコレは非常に便利で楽チン。

プラグインではなくワードプレスのページ機能を使う訳

ワードプレスにはフォトギャラリーを手軽に構築できるプラグインも存在しており、例えば画像フォルダを任意に作成して、そのフォルダ毎に自動的にフォトギャラリーページを作ってくれちゃうといったモノもあるのですが、ソレを使わないのは、その結果作成されるページURLが少々気に入らないから。何かしらの方法でそう言ったURLは綺麗に出来るかとも思いますが、ページ機能であればそう言ったURLのコトは勿論、ページ自体の管理も初心者には容易なので・・・。

時系列から切り離せるページ機能

ついでにページ機能についても触れておくと、通常のブログの場合、投稿するエントリは全てに時間要素がくっ付いているのが普通です。そうした時間要素があるからこそ、月別アーカイブや、カテゴリ別のアーカイブで時系列毎に各エントリを並べられる訳ですが、逆にその時系列を付加したくないページを作りたくなった時にはソレが邪魔になります。

例えば本ブログのフッターにリンクがあるメールフォームのページや、ブログポリシーのページなど、コレらのページに時間的要素は不要です。仮に時間要素が付加されている場合、月別アーカイブの何処かに表示されるコトになりますが、個別記事を順番に見ている最中にこうしたページが出てくるのはチョット変ですよね?(前のブログではやってましたが)。

ソコでワードプレスのページ機能が出てくるのですが、本機能は時系列(ブログエントリのアーカイブ)から切り離してページを作成出来るため、上記のようなコトが起こらないといったメリットがあります。いい変えると、日々更新してアーカイブされて行くエントリとは別に、普通のWebサイトのようなページを作れる訳です。そんな訳で、通常のエントリから切り離したトコロでフォトギャラリーを作るコトでアーカイブが冗長にならないで済むかなと思ったりしております。

蛇足ながら書いておくと、こうしたページはFC2ブログなんかでも個別に作ったhtmlファイルのアップロードで作成可能ですが、そうして作成したページはFC2ブログの記事管理画面による編集は出来ません。ソレに対して、ワードプレスのページ機能ではブログエントリ同様に管理画面から作成・編集でき、またブログ本体の機能を利用できるトコロが便利であります。

ユーチューブもLightbox風な表示が可能に

っとワードプレスの機能説明っぽくなってしまいましたが、そんなコンナで準備の方は進行中なり。ついでにと言うか、Lightbox風な感じでユーチューブも表示可能に(下記リンクをクリック)。

NML走行

ユーチューブの動画をブログエントリに貼り付けるのは容易ですが、沢山貼り付けちゃうとページの表示に時間がかかってしまったりと弊害もあるので、コレも今後使ってみようかと。ただ、上記のようにテキストリンクだとパッとみで動画があるとわからないから、プレーヤーをキャプチャするなどして作った画像表示と併せてリンクすると良いかな・・・?

コメント編集機能は挫折(汗)

あと先日コメント欄を若干変更しましたが、他にコメント投稿後の編集機能を加えたいなぁ~っと思って色々やっておりましたが、コチラは実現するに至らず・・・orz  何時もは困らせてくれるIEが今回は協力的で、その為、IEでは思った通りの動作をしてくれたのですが、IE以外のブラウザで思ったように動かないので、もうコレはしばらく放置な方向にて(^ ^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">