カテゴリー別アーカイブ: Twitterアレコレ

tweetreeはReplyのツリー表示以外に、リンク先を表示するのが便利

少し前にツイッターで、

ツイッターに投稿したつぶやき

あるツブヤキに対してreplyした場合、元のツブヤキにソレがぶら下がって表示されるのがあると良いな。ってかあるのかな、そんなの?

っと書いたのですが、『tweetree』と言うヤツを使うと、replyが元のつぶやきの下にツリー表示してくれるようなので早速試してみたら、単にツリー表示してくれるだけじゃなくて、つぶやきに記入したリンク先のページやら動画などを読み込んで表示してくれるので、ついったーの観覧用にナカナカ便利な印象であります。

tweetreeの利用開始方法

twitterへtweetreeからのアクセスを許可させる為のリンクの位置の画像tweetreeを利用するにはリンク先にアクセスし、ツイッターにログインした状態で左画像のマウスカーソルを当てている『Login through Twitter.com』と言うリンクをクリック。

tweetreeからtwitterアカウントへのアクセスを許可するの画像ツイッターへログインしている状態で上記リンクをクリックすると、tweeterから利用中のツイッターアカウントへアクセスを許可する為のページが開くので『許可する』をクリック。

tweetreeからtwitterへアクセス中の画像するとコンナ画面が出て来てた後、

tweetreeでタイムラインを開くとリプライがツリー状に表示されるの画像tweetreeにログインして、タイムラインが表示されます。以降のログインは始めの画像の下のリンクからツイッターのIDとパスワードを入力すればOK。

で、見てわかる通り、フォローしている人のつぶやも、Replyがあるとご覧の通り元のつぶやきにぶら下がる感じでツリー状に表示されます。因みにワタシのつぶやきの下の部分は広告。

あとワタシのつぶやきの下の部分が『Loading・・・』となっており、何やら読み込んでいますが・・・

tweetreeはリンク先の確認が容易

tweetreeでツリー表示以外に良いなと感じたのが、つぶやきに記入されたリンク先の確認が容易なトコロ。

tweetreeはリンク先ページを表示してくれる

tweetreeのタイムラインに埋め込まれたリンク先コンテンツの画像上記画像の読み込みが終わると、つぶやきに記入されているリンク先が表示されます。青枠がツイッターへ投稿したオリジナルで、赤枠がtweetreeにて表示される部分なのですが、見てわかる通り、リンク先のタイトル等も取得。他ユーチューブのURLを貼り付けられていれば、ソレも読み込んでプレーヤーが埋め込まれたりもするみたい。

つぶやきに書いたリンク先がRSSを全文配信していないと全ての本文を読み込むコトは出来ないようですが、リンク先に行かなくてもある程度情報を確認出来るのは便利。

リンク先タイトルの取得と元URLの表示

tweetreeで表示されるリンクは短縮URLのリダイレクト先を確認可能の画像また、ツイッターは短縮URLが使われていますが、tweetreeはリンク先のタイトルを取得して表示してくれますし、取得されたリンク先タイトル部分にマウスオンすると元のURLが確認出来るのも嬉しいトコロ。

自分宛のReplyが確認しやすい

tweetreeでツリー表示された自分宛のリプライは色が変わっていて目立つの画像自分宛のReplyに関してはコンナ風に色が変わっているのでわかり易くてグーであります。

自分宛Reply一覧も内容がわかりやすい

tweetreeで自分宛リプライの一覧ページでもツリー表示されるの画像ツイッターのWebなんかで自分宛のReply一覧(右にあるメニューの@ユーザーネーム)を見た場合は相手からのつぶやきしか表示されませんが、tweetreeでは相手が宛てた元のつぶやきも一緒に表示してくれますから、後で見る時に話の流れが把握しやすい。

新着時のお知らせ

tweetreeでの新着つぶやき通知表示の画像tweetreeでタイムラインを観覧中に新しいつぶやきがみつかると、タイムラインの上部に表示して知らせてくれる他、タイトルバーにも新着の件数が表示されるので、タブブラウザなんかでtweetreeを開いておいて、他のタブで別のページを見てる時にも気が付きやすくて良いかも。

twitter特集なテレビ番組【WBS】

ワールドビジネスサテライト(WBS)でtwitterの特集なんてのをやったんですね。前半はtwitterの概要と個人利用者なんかについて、後半は企業のtwitter活用例などについて。個人的にちょっと興味のあった国内におけるtwitterの利用者数については50万人を超えているとのコト。

下記の動画を見てtwitterに魅力を感じる人、そうでない人、何となく面白そうだけどイマイチ謎だ、っと思う等々色々かと思いますが、とりあえず始めてみるのも一興かと思います。ワタシも当初あまり魅力を感じて無く、アカウントを取って1年位放置していましたが、改めて使ってみると意外な面白さを感じてます。利用者もソレなりいるようですし、また新たに使い始めているカタも増えている(ような)ので、始めてみるには悪くない時期かなぁ~、っとも思います。


Twitter特集、前編

Twitter特集、後編

TwitterへエントリURLをコピーしてTweetするアイコンを設置

ブログヘッダに設置したTwitterのフォローアイコンの画像

Twitter関連のモノでやろうやろうと思いつつ放置していたアイコンの設置を行いました。新たに加えたアイコンとしては上記画像にあるブログヘッダ部分への「Follow me !」なモノと、表示中のエントリURLをTwitterに投稿する際のモノ。

エントリ下部に設置したTwitterのフォローとつぶやきへのURL記入アイコンの画像

エントリURLをTwitterに投稿する為のアイコンはエントリ下部に上記画像のような感じにて。コレらのアイコンはTwitterを利用しているカタにしか意味ないかもですが、見た通り可愛らしいアイコンがあったので、コレがあるだけでも雰囲気変わって良いかな、っと(^^;

エントリURLをTwitterへつぶやくタメのリンク設置方法

表示中なエントリのURLをTwitterへつぶやくタメのリンクを作る際に設定するURL(リンク先)ですが、

http://twitter.com/home?status=ホニャララ

っとすると、「ホニャララ」の部分がTwitterのテキスト入力エリアに自動的に入ります。コレはURLだけでなく文字列でもOKで、例えば「http://twitter.com/home?status=ABCDEF」とすると「ABCDEF」がTwitterのテキスト入力エリアに記入されます。以下のリンクは「ABCDEF」なURLとなっておりますので試しにクリックしてみて下さい(ログインしてない場合でも、リンククリック後にログインすればOK)

Twetterでつぶやく

っと言った感じなので、「ホニャララ」の部分に表示中のエントリURLを入れてやれば良い訳であります。

ワードプレスでのリンク設定

ワードプレスで表示中のエントリURLをTwitterでつぶやくタメのリンクの設定方法は、

<a href="http://twitter.com/home?status=<?php the_permalink() ?>">
<img src="画像のurl" width="画像横サイズ" height="画像縦サイズ" alt="お好みのテキストを記入" title="お好みのテキストを記入" /></a>

っと言った感じになります。尚、画像をテーマのディレクトリに入れておき、画像URLの部分を
src=”<?php bloginfo(’stylesheet_directory’); ?>/(画像用ディレクトリ)/画像ファイル名”
としてやるとテーマ変更の際に便利かもしれません(↑の<>は全角になってますが、本来は半角)。

FC2ブログでのリンク設定

FC2ブログで同様のリンクを設置する場合は、下記のような感じで記入すればOKです。

<a href="http://twitter.com/home?status=<%topentry_link ?>">
<img src="画像のurl" width="画像横サイズ" height="画像縦サイズ" alt="お好みのテキストを記入" title="お好みのテキストを記入" /></a>

MT(ムーバブルタイプ)の場合

MTの場合は・・・、そう言えば以前にRanさんがやっておられましたので下記リンク先をご覧下さいませ。っと言うか、コチラのエントリをみてコレ真似しんといかん! っと思ったのでありました(^^;

Twitter へのエントリーURLコピーボタンを設置 『超おむすび』

Twitterログのブログ投稿スケジュール変更

少し前に使い始めたTwitter(トゥウィッターとか、ついったー)ですが、その後ブログのTOPページにTwitterへの投稿を表示させたり、TOPページよりも多目に表示させるタメのページを作ってみたり、ブログの新しいエントリのお知らせをツイッターへ投稿したり、あるいはツイッターへ投稿したモノをある程度まとめたカタチでブログへ投稿したりと言った感じで遊んでみて来た訳ですが、最後の『Twitterへの投稿をまとめてブログエントリとして投稿』っと言う部分について少々変更を行いました。

Twitterのログはワードプレスのプラグインでブログに投稿していたけど

このブログへの投稿に関してはワードプレスのプラグインにより、決められたスケジュール(っと言うか毎日or毎週orその両方から選択)によって投稿され、当初1日分のログを毎日ブログへ投稿する設定にしておりました。っが、少しばかりソンナ感じでやってみたトコロ、ブログエントリがTwitterログのモノばかり目立ってしまい(まぁ、それ以上にブログエントリを投稿すれば良いんですけども)、なんかコレどうなのよ?っと感じてしまうトコロもありましたので週一投稿にスケジュールを変更するコトにしました。

1日単位だと辛い面も

Twitterログのブログ投稿週一化には別の意味もあって、1日単位だとどうしてもTwitterへの投稿が少ない日が出来てしまい、その場合、毎日ログをブログに投稿する設定だとその日のブログエントリの内容が1行とかスゲー寂しくなっちゃうので(1日の投稿が無ければ、ブログ投稿も行われない)、そう言った理由から1日の終わり近くのタイミングでTwitterへ初めて投稿しちゃうと無駄にアレコレ投稿したくなっちゃったりする訳で、コレが困る訳です(^^; なので1週間まとめての投稿とするコトで、よりマッタリとTwitterを楽しめるかなと思うトコロであります。

ブログへの投稿はTwitterの過去ログを見易くしたかったから

とか言ったトコロで、じゃぁTwitterのログをブログエントリとして投稿するの止めれば良いじゃんか! っと思われるかもしれませんが、TwitterのWebページでは、過去になればなるほど過去に書いたモノを見るのが困難な仕様になっておりまして、なのでブログの方へログを残している次第でございます。

Twitterログのブログエントリ自体も表示をちょっと変更

あと、自動的に投稿されたブログエントリの表示形式も若干変更しまして、コレまで上から投稿の新しい順にリストしていましたが、ブログのエントリで見る際、ドチラかと言えば古いモノが上の方が読みやすいかなと言うトコロもありますので、そのように変更しました(でも、Twitterへの投稿はソレゾレ内容が関連してない場合がほとんどなので、あまり意味無いかもですが)。

Twitterな本


twitterコミュニケーション・バイブル

イランのユーザーに配慮したTwitterメンテナンス

Twitterメンテナンス中の画像
Twitter

本日はTwitterのメンテナンス。事前のアナウンス通り時間を変更してのメンテだったようだけど、その辺りの経緯とかは以下のページ辺りを見るとわかります。

イランで高まる抗議行動を考慮して、Twitterがメンテナンス時刻を変更 | Gara Gara Mobile

CheshireCat Diary: イランの反大統領派のTwitter活用に、Twitterのメンテナンス時間が変更に

リンク先にも書いてある通り、メンテによってイランで使えなくなる影響を小さくする為にイランの午前1時30分からにしたみたいだけど、アメリカだと太平洋時間の地域で言えば午後2時にあたるようなので、ソレを考えるとナカナカ良い感じの対応。またTwitterだけじゃなくて、ホスティングを委託されてるNTTアメリカの協力もあったようであります。

さて肝心の日本はと言いますと、サマータイムな太平洋時間の14時と言うと午前6時(っであってる?)なのであまり影響は無かったと考えて良いかなと・・・。でもって7時前にはTwitterのTOPページが上記のようなメンテナンス中を示すモノから通常のモノになっていたので、90分の予定であったメンテナンス作業自体も非常に迅速に行われたと言う感じでありましょうか。いやいやアッパレと言った感じで御座います。

追記:ブラウザのプラグインからの投稿が7時過ぎても出来ないので、完全には終わって無いのかも。

3度目の正直:Twitter Gadget for Gmailに辿り着く

Twitterの利用をはじめ、投稿するのにTwitterFoxTwitkitと言ったFirefoxのアドオンを試してきましたが、Twitkitのページにも書いた通りテキスト入力後にエンターキーのみで送信されてしまう辺りが不満でありました。で、3度目の正直と言いましょうか、また別のモノを試してみたのですが、今回はFirefoxのアドオンではなくてGmailのガジェットである「Twitter Gadget for Gmail」と言うモノ。

Twitter Gadget for Gmailの設定方法

Twitter Gadget for Gmailの利用については下記のページを参考にしました。何かをダウンロードしたりインストールしたりと言ったコトは不要なので、導入は比較的簡単な部類かと思います。

Gmailの画面からTwitterへつぶやけるガジェット「Twitter Gadget for Gmail」 – WEBマーケティング ブログ

っで、上記ページの「ガジェットの追加手順」にある一番初めの項目に

# Gmailガジェット追加のページを開き、
” http://twittergadget.appspot.com/gadget-gmail.xml ”または
SSL版の” https://twittergadget.appspot.com/gadget-gmail.xml ”をURL追加フォームから追加。

っとあるのですが、Gmailにログイン→設定、っと進んでも「ガジェット」のタブが見当たりません。何でやねん! っと言った感じになりつつ、調べてみると、下記の手順にてガジェットタブが現れるようで御座います。

GmailにURLからガジェットを追加できるようにするタメの設定をする部分の画像上記引用した部分にある通り、Twitter Gadget for GmailはURLを指定してガジェットを追加するタイプなようなので、まずGmailの設定ページのLabsタブを開き、左の画像にある「URLでガジェットを追加」の項目を有効にして、変更を保存をクリック。

Twitter Gadget for GmailのURLを入力する部分の画像上記設定をするとGmailの設定画面に「ガジェット」タブが現れるので、ソレを選択して上記ページにて説明のあるTwitter Gadget for Gmailを追加する為のURLを入力。因みに今回はSSL版の” https://twittergadget.appspot.com/gadget-gmail.xml ”を利用しております。

設定前のTwitter Gadget for Gmailの画像上記にてガジェットが追加されるので、Twitterにログインした状態で、上の「here」をクリック。

Twitter許可画面の画像上記にて「here」をクリックするとこのようなページが開き、Twitterへのアクセスを許可するかどうかの設定を求められるので「Allow」をクリック。その後成功するとソレを示すメッセージが表示されます(っが、オイラはチョット手違いでソレが出なかったので上記ページを参考にして下さい)。その後、Gmailの方へ戻り、下の「here」をクリック。

設定が終わった状態のTwitter Gadget for Gmailの画像設定が上手くいっていればこのようにGmailのガジェットに自分のTwitterアカウントが表示されます。

っで、ココにテキストを入力して「apdate」をクリックするとTwitterへ投稿出来る他、アカウント名の部分、もしくは「Twitter ≫」の部分をクリックすると下記の画像のようになります。

Twitterのタイムラインをgmailのinbox部分に表示した状態の画像上記した部分をクリックすると、このようにGmailのinbox部分にTwitterのタイムラインを表示させるコトも可能です。

サイドのガジェットだと狭くてチョット入力し難いけど、こうすると入力しやすく、またタイムラインもナカナカ見易くてグーであります。また他のクライアントのように、自分宛、あるいはダイレクトメッセージのみを表示させるコトも可能だったり、各メッセージ毎に簡単に@リプライ等出来るようにもなっております。

Twitter Gadget for Gmailの良いなと思うトコロ

でもって嬉しいのは、とっても欲しかった送信ボタンがキチンとあるコト。コレであれば誤って入力途中で送信してしまうコトも無いので良い感じ。また文字数のカウントもしてくれるので、個人的に今欲しいと感じている機能は概ね揃っている感じであります。

あと、このGmailにガジェットを追加するタイプの良いトコロは、Gmailにアクセスさえ出来れば、どのPCからでも利用可能と言ったトコロ。以前紹介したブラウザのアドオンだとPC毎の設定が必要なので、その辺りはコチラの方が良いかな~っと思います。

オイラはGmailをメインに使っておりますから、今のトコロTwitterするのにはコレが一番良いかなと思います。っと言う訳で3つ目にしてやっと落ち着けそうです(^^;

TwitterのY2K風な問題「Twitpocalypse」

Twiter関連のチョット気になる話題をRanさんのブログエントリにて拝見。

 ・Twitterの『2,147,483,647問題』? 『超おむすび』

「Twitpocalypse」と言う単語がわからず気になったので、グーグル先生に「Twitpocalypse」って何なの、っと聞いてみたトコロ、以下のページ教えてくれた。

 ・TwitterのY2K問題「Twitpocalypse」が実際に起こってしまった件:CloseBox and OpenPod:ITmedia オルタナティブ・ブログ

2,147,483,6471と言うのはTwitterのつぶやき数なようで、コノ値が32ビット限界値であるため、つぶやき数がコレに至るとTwitter API使ってるサードパーティークライアントに何か問題起こるんじゃないのもしかして? っと冗談半分で言ってたら、上記のリンク先の通り、一部では本当に問題が起こってしまったお話と言うか。な訳で、逆に人によっては問題起こらないようでもあります。

つぶやきソレゾレにつけられる固有のidが限界値に達すると、その辺りの値を取得しているTwitterクライアントで問題発生と言った感じだったのでしょうか。よくわからんけども。

 ・TwitterのMax Integer問題とそれに伴うサービス設計の難しさ – I want to be Ariadne

う~ん、しかし21億以上もつぶやきがTwitterだけで飛び交ってると言うのも考えてみると凄い話です。

送信ボタンを求めてTwitkitを試す

先日、FirefoxにTwitterへ簡単に投稿したり出来るようにする『TwitterFox』と言うアドオンをインストールして使い始めてみたのだけれど、テキスト入力エリアに入力後、投稿もしくは送信ボタンが無いのがチト不満。何でかというと、漢字変換やらしている時、不意に無用なタイミングでエンターキーを叩いてしまうと、ソレが投稿の司令となってしまうから。ブログの更新とかで文末の次に改行とか、行を開けようとエンターキーを連打する癖があり、そのため思わぬタイミングで投稿しちゃってorzなコトが多いのが悩みと言うか(^^;

っで、先日Ranさんのエントリ拝見したら、利用されているSleipnir用のTwitter プラグインには送信ボタンがあるではないですか! そんな訳で他のアドオンはどうかなと思って、サイドバーに表示するタイプのTwitkitと言うヤツも試してみました。Twitkitのダウンロード及びインストールは下記リンク先からどうぞ。

 ・Mozilla Japan – Firefox 用アドオン – TwitKit

Twitkitの設定とか

インストールしてアドオンを有効化したら、”表示→ツールバー→カスタマイズ” にてブックマークツールバー等にTwitkitのアイコンを表示さてソレをクリックするか、”表示→サイドバー→Twitkit” とクリックするとサイドバーにTwitkitが表示されます。

TwitkitはTwitterのログイン情報入力のみで利用開始可能

twitkitのサインアップ入力部の画像Twitkitをサイドバーで開いたら右上にあるサインインをクリックし、Twitterのログイン情報を入力すれば利用開始可能です。

twitkitにサインアップした状態の画像サインアップした状態になります。タブの切換えによって時系列による一覧、フォロワーの一覧などを見るコトが可能。

Twitkitはサイドバーでなくウィンドーに表示させるコトも出来る

twitkitをメインウィンドウに表示させ画像Twitkitはサイドバーだけでなく、Firefoxのウィンドウそのモノに表示させるコトも可能です(サイドバー表示時、左上の青い矢印アイコンをクリック)。

っで、肝心の送信ボタンですがTwitterFoxと同じく、Twitkitにも存在せずエンターキーで送信を開始するタイプなのでした・・・orz 送信ボタンがあるっぽいアドオンも見かけたのですが、Firefox3には対応してないみたいだし、うむ~・・・。ま、ログインするのが面倒って訳でもないから管理画面からの投稿でも問題無いと言えば無いのですが、Twitterはなるべく簡単に投稿出来た方が楽しいなぁ~っとか思うので(^^;

TwitterFoxでTwitterへ簡単投稿

先日はじめたTwitterですが、投稿したりフォローしているカタの投稿を見るのに便利なFirefox用の『TwitterFox』と言うアドオンを入れてみました。アドオンの入手先は下記になります。

 ・TwitterFox :: Firefox Add-ons

TwitterFoxの設定

TwitterFoxのアイコンの画像上記ページにてTwitterFoxをインストールし有効化すると、Firefoxのタスクバーに水色の「t」アイコンが表示されるので、まずはコレを右クリックして設定を行います

TwitterFoxの設定ダイアログの画像するとTwitterFoxの設定を行うためのタイアログが開くので『アカウントの追加』をクリック。

※その他設定はテケトーにいじくって下さい(^^;

TwitterFoxのアカウント設定ダイアログの画像立ち上がったダイアログにTwitterのユーザー名とパスワードを入力したら設定は完了。簡単です♪

TwitterFoxのボックスをポップアップ表示させたトコロの画像設定を終え、タスクバーの「t」アイコンを左クリックすると画像のようにTwitterFoxのボックスがポップアップしてTwitterのタイムラインの観覧、及びTwitterへの投稿が可能となります。Firefoxが立ち上がっていればごく簡単に投稿出来て便利なり。

またフォローしているユーザーさんの新たな投稿があると(アイコンをクリックしなくても)ポップアップして知らせてくれるのも良い感じであります。

他、TwitterをFirefoxで便利に使うためのアレコレは以下のページ辺りを参考にどうぞ。
 ・FirefoxでTwitter – TwitterまとめWiki

初Twitter

丁度1年前位にTwitterのアカウントを取得したのですが、つぶやきをひたすら書き込むと言うそのスタイルと言うかシステムに、魅力やら意味を感じられずに長らく放置。っで、何か最近無性にTwitterが気になってログインしてみたら日本語化されててビックリ。

そんでもって、気の向くままにテキトーに書きなぐってみるとコレが何か気持ち良いと言うか新鮮。ブログとかって続けていると何となく書くのにアレコレ考えちゃうし、そう言う方向になりがち面もあるし、っと言ったコト何かを感じているので、そう言った意味で新鮮だし、気楽なトコロなんかが良いな~っと感じます。

ワードプレスにもTwitter関連のプラグインとかあるみたいだし、Firefoxにもアドオンとかあるみたいだし、何か色々使えるのかな? って感じなので暫く遊んでみようかと思ってます。一応コチラになりますので、よろしくお願いしま~す(=´ー`)ノ

Twitter関連書籍

 ・twitterコミュニケーション・バイブル
 ・Twitter!―Twitter APIガイドブック