Zone AlarmとKB951748/KB951978は相性が悪い【追記2】

スポンサード リンク



Zone Alarmを使用しているユーザーが、ウィンドウズアップデート(KB951748KB951978)を適用した場合に、Zone Alarmの設定が今までのままだとインターネットに繋がらなくなるというコトが起こっています。

※Zone Alarm日本語版の修正済みバージョンについては、ページ下部に追記してあります。Zone Alarm最新版の適用により、WindowsUpdate(KB951748)に起因するインターネットに接続出来ない問題は解消されます。
※Zone Alarmの修正版については、ページ下部に追記してあります。

WindowsUpdate自動更新だったので焦る

先日、夜になってからPCをネットに繋ごうと思ったら繋がらない。ADSLモデム等を確認するもキチンと繋がっているのに、IEもファイアフォックスも、メールソフトも全く繋がらない。調べてみると原因となったのは、WindowsUpdateでした。WindowsUpdateは更新する機会が多いので、あまり意識していなかっただけに、感覚的に突然変になった感じがしてちょっと焦るコトに。

Zone Alarmが何か変だ

オイラはファイアウォールにZone Alarm(ゾーンアラーム)と言うソフトを使っていますが、よく見るとタスクトレイにある通信状態を表すインジケータが反応していない。そんな訳で試しにZone Alarmを無効にしてみると、インターネットに繋がるようになったので、Zone Alarmの設定を誤って変えてしまったのかと思い、セキュリティレベルを「高」から「中」に変更してみると(下記図)、Zone Alarmが動作していてもインターネットに繋がるようになった。

Zone Alarmの設定画面説明図
拡大します

アンチウィルスソフト同様、Zone Alarmも自動更新にしていたので、知らぬうちに設定が変わってしまったのか? と思い、試しに今まで使用していたノートPCを立ち上げ、Zone Alarmのバージョンや設定を確認するも、いずれも同じとなっているし、セキュリティレベルが「高」でもインターネットに繋がる。ハテ、何がおかしいのだろう?

変わっていると言えば、他にはWindowsUpdate

インターネットに繋がるようにはなったが、セキュリティ-レベルを下げているのは何となく嫌だし、第一、朝はキチンと使えていたのに夜になって突然、今までの設定ではインターネットに繋がらなくなってしまった原因がわからないのも気持わるい。そんな訳で、システムの復元ポイントで確認してみると、WindowsUpdateっぽいのがあるので、プログラムの追加と削除で確認。

WindowsUpdateの削除方法説明図
拡大します

WindowsUpdateのインストール状況を確認するには、上図のように「更新プログラムの表示」にチェック。すると御覧のように「KB951748」がインストールされていた。

KB951748とZone Alarmで調べてみると、この2つの組み合わせによってインターネットに繋がらなくなると言う現象を報告している例が、既に多くあがっていた。またコチラのページの内容やコメントなどから、セキュリティーレベルの変更で繋がるようになるのも同じなので、繋がらなくなったキッカケはWindowsUpdateとみて間違いないようなので、原因がわかってスッキリ。因みにKB951978も問題になるようだ。

またコチラによれば、特に問題となるのはKB951748の方で、

KB951748 は DNS 解決機能に見つかったセキュリティ ホールを塞ぐためのパッチです。

(略)

今回のパッチでセキュリティ ホールを塞ぐために該当コンポーネントに動作の挙動が変更されたようで、インターネット接続不能になるのは ZoneAlarm をインストールした環境共通の不具合のようです。

っと言うのが原因なようで、この変更によってZoneAlarmのセキュリティーレベルが「高」だと、接続をけってしまうようようになったようです。

当面の対処方法

対処方法は、上記のようにゾーンアラームのセキュリティーレベルを下げるか、WindowsUpdateによりインストールされたKB951748とKB951978をアンインストールするかのかのどちら。ただし、WindowsUpdateの更新プログラムを削除する場合は、自動更新になっているとすぐに復活してしまうので注意です。

これによって使えるようにはなるけど、ドチラの方法をとるにしてもセキュリティーレベルが下がるコトに繋がるってのが・・・・・。

【追記:08/07/10】

ZoneAlarmの対策版

ZoneAlarmのWebページにもこの件に関する説明あり。説明によるとフリー版、製品版共に今回のWindowsUpdateによって影響があった模様。ただ、KB951748の記述のみで、KB951978には触れられていない。また影響があるのはウィンドウズXPと2000で、Vistaに関しては影響無いとしている。

影響のある製品は、
 ・ ZoneAlarm Free
 ・ ZoneAlarm Pro
 ・ ZoneAlarm AntiVirus
 ・ ZoneAlarm Anti-Spyware
 ・ ZoneAlarm Security Suite

対処方法としては、

- or follow the directions below.

Option 1: Move Internet Zone slider to Medium
      (インターネットゾーン セキュリティ-のスライダーを「中」にする)

1. Navigate to the “ZoneAlarm Firewall” panel
2. Click on the “Firewall” tab
3. Move the “Internet Zone” slider to medium
 (上記にある1番目の画像の内容と同様の手順)

Option 2: Uninstall the hotfix
      (WindowsUpdateの修正プログラムをアンインストールする)

1. Click the “Start Menu”
2. Click “Control Panel”, or click “Settings” then “Control Panel”
3. Click on “Add or Remove Programs”
4. On the top of the add/remove programs dialog box, you should see a checkbox that says “show updates”. Select this checkbox
5. Scroll down until you see “Security update for Windows (KB951748)”
6. Click “Remove” to uninstall the hotfix
 (2番目の画像の内容と同様の手順)

っとなっているので、追記前に紹介した方法で回避可能。また上記ZoneAlarmのページに、修正済みプログラムも用意されています。リンク先にアクセスして少しスクロールしたトコロに修正済みの最新版をダウンロード出来るリンクが用意されています。フリー版を使っているのであれば一番下の「ZoneAlarm Basic Firewall」をダウンロードすればOK。これでKB951748がインストールされていても、ZoneAlarmのセキュリティレベル「高」を選択可能。
※但し、上記最新版は日本語版ではありませんので、ご注意下さい。
※上のように、英語版は対策版が用意されているので、日本語版についても対策されたモノが比較的早くに用意されるのではないでしょうか。

ZoneAlarmのWindowsUpdate問題対策済み最新版リンク画像
拡大します

【追記2:08/07/12】

ZoneAlarmの日本語版の対策済みバージョン

ZoneAlarm Free 日本語版の、問題が解決されたバージョン「7.0.483.000」が用意されたようです。コメント頂き確認したところ、この件に関する日本語のページも用意されていました。ZoneAlarm最新版のダウンロードは上記ページからダウンロード可能です。

ZoneAlarm Freeを利用しているのであれば「ZoneAlarm の基礎的なファイアウォール」と言うリンクからダウンロードすればOK。

ZoneAlarm Freeの日本語対策版ダウンロードリンクの説明画像

「Zone AlarmとKB951748/KB951978は相性が悪い【追記2】」への2件のフィードバック

  1. ■通行人さん
    お知らせ頂きありがとうございます。
    ダウンロードして試してみましたが、問題無いようです。
    エントリ本文の方も修正しておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">