KINESISのエルゴノミックキーボード

スポンサード リンク



前に、マイクロソフトのエルゴノミクスキーボードなんてのを紹介しましたが、世の中にはこう言ったエルゴノミックなキーボードが他にもあるようで、KINESISと言うトコロのがちょっと面白い形状をしたモノがありました。本エントリの最後にKINESISのエルゴノミックキーボードを実際に打っている様子が収められた動画をのっけてありますが、その変わった形状やらキー配列他、実際に利用されているカタのレビューなんかにつきましては下記サイトさんがわかりやすいかと。

 ・KINESISエルゴノミックキーボード:s e c o n d a ry

上記サイトさんにあるKINESISエルゴノミックキーボードの写真を見てもらうとわかりますが、まず、キーが左右に分かれており、ついでに凹んだ球状な面に各キーが配されているのがわかります。キーが左右に分かれ、キーボードの中央部が空いているは、手を前に出して自然にリラックスした姿勢になるようにと言ったトコロなのでしょうか。また各キーが平面では無くて曲面にレイアウトされているのも面白いですね。手をキーボードに置いた時の指先を見るとわかりますが、各指先の高さは一定ではありませんからこう言った形状の方が自然な印象を受けます。

その他、BackSpace、Deleteキーは左手親指部部に、Space、Enterキーは右手親指部分に配置されているのも使い易そう。特にBackSpaceキーやDeleteキー、Enterキーがこの位置にあるだけでも手首を外に捻るような動きが大幅に減って疲れにくそうですし、タイピングスピードなんかも結構違いが出そうな感じ。

っと言った感じで非常に気になったりするのですが、このKINESISのエルゴノミックキーボード、日本の販売代理店の価格を見ると、一番安いモノで39,800円と言った感じになっているので、試しに使ってみようかなと言った感じにはならないのがネックでありましょうか(^^; 

KINESISのルゴノミックキーボードな動画

KINESISのエルゴノミックキーボードを実際にタイピングしているトコロの動画はコンナ感じ。多分外国のカタかと思われますので、日本語入力と違いEnterキーを押す回数が少なく、その為日本語入力時は右手親指の動きがもうちょっと変わってきますが、ソレでも普通のより使い易そうな感じ。BackSpaceキーも結構使っているようですが、左手親指部分にキーがあるコトで極自然にキーを操作出来ているのが印象的です。

KINESISエルゴノミックキーボードを実際にタイピングしている動画の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">