eBoostrでXPにReadyBoostっぽい機能を追加してみる

スポンサード リンク



ウィンドウズXPには無くVistaで利用可能な機能の一つに「ReadyBoost」と呼ばれるものがあります。コレはSDカードやUSBメモリと言ったフラッシュメモリをシステムのキャッシュメモリとして利用するコトでパフォーマンスを向上させる機能であり、アクセスが遅いハードディスクの特性を、それよりはアクセスの速いフラッシュメモリを利用するコトでカバーすると言った感じかと思われます。

XPでReadyBoost出来るeBoostr

eBoostr 3 Standard パッケージ版さて、先日紹介したUltimate Defragを紹介しているサイトで他に気になったのがeBoostrと言うモノ。このeBoostr、VistaのReadyBoostとは若干違った機能となっているようですが、SDカードやUSBメモリをHDDのキャッシュメモリーとして利用するコトでパフォーマンスを向上出来ると言った謳い文句になっておりまして、利用頻度の高いアプリケーションやファイルデータをキャッシュしておくコトで高速化されるのだとか。

eBoostrはSuperFetchな機能も搭載

eBoostrはフラッシュメモリを利用するReadyBoostな機能だけでなく、システムのメインメモリを利用するSuperFetchな機能も搭載されております。SuperFetchもVistaが持つ機能の一つで、利用頻度の高いアプリケーションを監視すると共にメインメモリの空き領域を利用して、ソコに頻繁に使うアプリケーションをあらかじめ読み込んだりしておくコトで高速化を図る機能と言った感じのものです。

今現在オイラが利用しているパソコンはOSがXPでメインメモリ2GBと言った感じで、特にメモリが不足していると言う訳でもないのですが、コレなんかトッテモ気になったので早速試してみるコトに。

eBoostrは導入が簡単なのが嬉しい

eBoostrは導入までの手順が簡単なのも嬉しいトコロであります。具体的にはインストールして、フラッシュメモリ刺して、そんでもってメモリをキャッシュとして利用する為の構築(っと言ってもボタン押すだけ)を行うのみ。因みにと言うか、このeBoostrはフリーソフトではなく本来は製品を購入する必要があるのですが、ちょっと太っ腹な試用版も用意されています。この試用版、使える機能が制限されている訳ではなく、使える時間が制限されるタイプとなっており、システムを起動した後4時間までなら何回でも使えます。インストール後○○日間限定と言った制限とチョット違うので、人によっては試用版で十分事足りてしまうかもしれません。

eBoostr試用版のダウンロードはコチラ
 ・eBoostr 日本公式サイト – USBメモリを挿すだけで、実感できる超加速性能を追加!! ReadyBoostをWindows 2000/XPで再現してPCを高速化!! – Home

eBoostrのインストール方法やらはコチラ
 ・【XP】「eBooster」を使えばXPでもReadyBoostできる! :教えて君.net

簡易スピード測定機能もついてる

eBoostrがキャッシュを構築しているトコロの画像インストール作業は簡単なので上記ページをご覧頂くとして、インストールが終わったらキャッシュを構築しますが、コレは少々時間がかかります。

利用したUSBメモリのランダムリードタイムを示すの画像利用するメモリはランダムリード2.5MB/sec以上が必要とのコトで、とりあえず手持ちの1GBなUSBメモリと2GBのSDカードを使ってみました。で、左のアイコンがUSBメモリを示しており、画像はコレがハイライトされておりますが、ランダムリードタイムが遅いんだけどコレ、っと言われております(笑)

利用したSDカードのランダムリードタイムを示すの画像でもってコチラはSDカード君。千円しない安物ですがソレなりに使えそうです。

eBoostrにはスピード測定をする機能がついておりますので、一応ソレゾレどんな感じになるか試してみます。一旦キャッシュを構築した後でもメモリの利用を無効に出来ますので、まずはSDカードを無効にしてUSBメモリから

eBoostrでスピード測定中の画像スピード測定中~

USBメモリの測定結果の画像USBメモリの測定結果になります。ダイレクトアクセスはフラッシュメモリを使わないでハードディスクにアクセスした値、その下にキャッシュ有効時の結果が表示されいる他、一番下の項目で利用の有無によってどの位違うのかと言ったコトも教えてくれております。先ほどの画像で示した通り、この1GBなUSBメモリは推奨されるスペックに至っていないのではありますが、それでも一応向上しているようです。

eBoostrでSDカードのスピード測定を開始するトコロ続いて2GBのSDカードを測定してみます。

SDカードの測定結果の画像SDカードでの測定結果がコチラ。速度比が約2.2倍と言った結果になっておりますが、ダイレクトアクセスの結果が落ちていますのでUSBの時と同じく10MB/s程度であれば1.7倍と言ったトコロ。

eBoostrでSDカードとUSBメモリ両方にてスピード測定を開始するトコロの画像最後はSDカードとUSBメモリ両方を有効にして測定。

SDカードとUSBメモリ両方での測定結果の画像結果の方は当然SDカードのみより悪くなります。

eBoostrでメインメモリを割り当てた状態の画像他、メインメモリに余裕があればコレを利用するコトも可能であり、試しに512MB割り当ててみました。

eBoostrでのSDカードとメインメモリ両方での測定結果の画像で、コチラSDカードとメインメモリを使った際の測定結果。SDカードのみより速くなり、概ね2倍と言った感じになっております。以下の内容はこの組み合わせによるものとなっています。

eBoostrの効果は?

はじめの方のリンクにて示しましたが、eBoostrを使う前にデータをHDDの外へ移動させつつデフラグを行うなんてコトやっており、ソレによる速度改善を体感してましたからeBoostrの効果はわかり難いかな~?っと思っておりましたが、インストール当初から起動に時間がかかるソフトを数種類起動してみると、コレが意外と体感できる程度に効果を感じます。

ソフトの起動と言う面に関しては、eBoostrの有無による違いが5回平均で0.5秒未満のモノがあった一方、多少起動に時間のかかるビデオスタジオ(と言うソフト)では、eBoostr有りで最速6秒、最遅8秒、平均7秒、eBoostr無しで最速7秒、最遅11秒、平均8.25秒と言った感じで、平均1.25秒程度eBoostr有りの方が起動が速いと言う結果でした(違いが無かったソフトも起動時間は8秒程度のモノ)。

厳密に測定した訳ではありませんので、結果については参考程度と言った感じではありますが、効果を感じられる場面はあるように感じます。また今回利用したSDカードは取り立てて速いモノではありませんので、コレがもっと良いモノであればまた違った結果が出るのかもしれません。そんな訳で試しにもう少しの間利用してみようと思います。また、搭載メモリが少なかったりハードディスクの速度が遅いパソコンの方が効果が表れやすいようなので、やる気の感じられないノートパソコン君でも試してみたいトコロであります。

それと、デルのInspiron 530の場合、eBoostrを使うにあたってUSBメモリを選択し、コレを刺しっぱなしで使うとなるとBIOSの設定を変えないといけない場合があります(USBメモリ刺してるとOSが起動しない場合があるので。尚、今回SDカードはリンク先に示す構成のカードリーダーに刺して使用しましたが、コレは特に問題ありませんでした)。

メインメモリのみだとどうなる?

eBoostrでのメインメモリのみ使用時の測定結果の画像SDカード+メインメモリの測定結果がSDのみに比べてそんなに良い感じでもないので、SDカード君が足を引っ張っているのだろうと思い、試しにメインメモリのみで測定してみるとコンナ感じに。数値的には素晴らしく良いですが、ビデオスタジオ起動時間に関してはSDカード+メインメモリとほとんど変わらない感じ。まぁ、ソフトの起動以外にも効果があるのでしょうからソレばかり言っていても仕方無いのかもしれませんが(^ ^;;

eBoostrを1週間程度利用した時に感じた効果について:追記

eBoostrを利用して1週間程度経過後、一旦機能を停止してみた際に感じた効果に関する印象を下記エントリに書いてあります。

 ・eBoostr無効にして効果を感じる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">