FC2ブログな人は特にご注意を!(非FC2な人も)

スポンサード リンク



なにやらとあるFC2ブログ利用者がウイルスをばら撒いている模様。なので正しくはFC2ブログ以外のカタにも関係ありなコトですが、そのうちFC2ブログの訪問者リストの方へ現れるかもしれませんので、怪しげなコメント、足跡にはくれぐれもご注意下さいませ。詳細は下記リンク先のサイト様に、対応と共に記載されておりますので、御一読するコトをお勧め致します。

■FC2ブログを利用してウィルス配布している馬鹿なやからがいる
【ホームページを作る人のネタ帳さん】

対応に関して、リンク先で紹介されている禁止ホストの設定(FC2ブログ管理画面→環境設定→禁止設定)のほか、本文内に記述されるURLを禁止ワードに放り込んでおくのもよいかも(http://×××.blog○○.fc2.com/ って具合。こう言った入れ方して動作確認したトコロ、コメントもTBも他のURLを含めた場合は受け付けてくれたので問題無いと思いますが、問題となる要素があるコトを思い当たるカタがいらっしゃいましたらご一報頂けると助かります)。

Webサイト・ブログ運営者様への個人的なお願い

ブログなどをやっていると、使っているブログサービス、または取り扱っている内容によっては頻繁にスパムコメントやスパムトラックバックが書き込み(送信)され続け、そう言った状況に放置モードになっておられるカタを見かけるコトがあります。

そう言ったスパムを「ネタ」として放置するという対応や考え方もありかもしれませんが、自サイト(ブログ)へ勝手に張られたリンク先にウイルスが仕込まれていたらどうでしょう? そしてアナタのサイト(ブログ)を楽しみに見てくれている、実はパソコンやウイルスにあまり詳しく無いカタがそのリンクを踏んでしまい、最悪ウイルスに感染してしまったら・・・。それってサイト(ブログ)をやっているモノにとって凄く残念で、また楽しみにしてくれている訪問者のカタに申し訳無いコトだと思います。

だからこそ、Webサイト(ブログ)運営者である以上、そうしたスパムを受け取ってしまった時には削除するなり、残すならソレが安全かどうかを確認する責任(っと言ってしまいます)があると、私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">