Firefox3.5登場に備えて複数バージョン共存方法をおさらい

スポンサード リンク



複数のFirefoxを共存させ併用している画像

Firefox 3.5のリリースが間近に迫っているコトは前に書いた通りですが、リンク先エントリの中で、

私は早速自動更新機能をoffって様子見モードの準備万端(笑)

っと言う風に言ったものの、そう言えばFirefox2からFirefox3にバージョンアップする際は、両バージョンを共存させる方法でアップグレード、その後少しの間2つのバージョンを併用していたのを思い出しました。

しばらくはFirefoxの自動更新機能を切るべし!

何故古いバージョンのFirefoxを残す必要があったのかと言うと、Firefox1から1.5、あるいはFirefox1.5から2へバージョンアップした際に、利用しているアドオンが新しいFirefoxに対応していないコトにアップグレード後に気付いたりすると凄くアレな気分になるので(^^;  Firefoxの自動更新機能によるバージョンアップは便利なのですが、それだと上書きインストールされてしまい、古いFirefoxが残りません。そのタメ、上記した通りに自動更新機能を切った次第であります。

新旧2つのFirefoxを共存させ、併用して徐々に乗り換える

でもって、新旧2つのFirefoxを共存させるコトで、今までの環境を完全に残したまま新しいバージョンのFirefoxを利用するコトが出来るので、プラグインの対応具合など頃合いを見計らいつつ、新バージョンが十分自分の利用環境に対応出来るまでジックリとアレコレ出来るのが嬉しいトコロなので御座います。

そんな訳でFirefox3(っと2)を残したまま、早速Firefox3.5 RC2RC3をインストールしつつ、複数のFirefoxを併用する方法をおさらいしてみました。

利用しているFirefoxのプロファイルをバックアップする

Firefoxのプロファイル保存フォルダの画像旧バージョンと共存させるカタチでFirefox3.5をインストールするに当ってまず行うのがプロファイルのバックアップ。併用するタメの設定が終了しない状態で誤ってFirefox3.5を起動させると、コレまで使ってきたFirefoxのプロファイルがFirefox3.5のモノに書き換えられてしまうので、バックアップは必ずとっておきましょう(プロファイルはアドオンや各種設定が保存されているトコロ)。

Firefoxのプロファイルが保存されているフォルダ

バックアップするべきFirefoxのプロファイルが保存されているフォルダは下記辺りになります。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default
(xxxxxxxx.defaultのxxxxxxxxはランダムな 8 文字の文字列。ランダムな文字列の後がプロファイル名となる)

上に示した画像(オイラの環境)では『default』がFirefox2、『fx3』がFirefox3用のプロファイルなので2つありますが、今までにご自身で新しいプロファイルを作成したコトが無ければ、『xxxxxxxx.default』と言うプロファイルフォルダのみだと思いますので、フォルダごと別の場所にコピーするなどしてバックアップを取っておきます(複数ある場合は、全部バックアップ)。

Firefox3.5のインストール

fダウンロードしたFirefox3.5の画像FirefoxのオフシャルサイトからダウンロードしたFirefox3.5をダブルクリックしてインストール作業を開始します。

Firefox3.5のインストールを開始すると立ち上がるセキュリティ警告の画像上記にてアイコンをダブルクリックするとセキュリティ警告が出るので、内容を確認して問題無ければ『実行』をクリック。

firefox3.5のセットアップ準備中の画像セットアップの準備中~

Firefox3.5のセットアップ開始の画像Firefox3.5のセットアップに進むタメに『次へ』をクリックして先に進みます。

インストール時のセットアップオプションの画像インストール時のセットアップオプションは『カスタムインストール』を選択します。既定のブラウザとしてすぐに利用しないのであれば下部のチェックも外しておきましょう。

Firefox3.5のインストールフォルダを指定する際の画像Firefox3.5をインストールするフォルダを指定します。はじめは『C:\Program Files\Mozilla Firefox』となっており、そのままインストールを開始すると上書きインストールされてしまいますので、『C:\Program Files\Mozilla Firefox3-5』と言った感じのフォルダを新規に作成してインストール先として指定してやり『次へ』をクリック。

アイコンに関するセットアップ画面の画像続いて各種アイコンのセットアップですが、コレは全てチェックを外して作成しないようにしておきます。こうしておかないと今現在デスクトップ等にあるアイコンに対して上書きされてしまうので注意しましょう。

チェックを外したら『次へ』をクリックして先に進みます。

インストール先を確認してFirefox3.5のインストールを開始するトコロの画像インストール先の確認をしてOKであれば『インストール』をクリックしてFirefox3.5のインストールを開始します。

Firefox3.5インストール中の画像Firefox3.5のインストールがはじまりますので少々待機。そんなに時間はかかりません。

Firefox3.5のインストールが完了した状態の画像インストールが終了するとコンナ感じの画面になりますがが、『今すぐFirefoxを起動』のチェックは必ず外しておきましょう

このチェックを外さずに『完了』をクリックしてFirefox3.5が起動すると、コレまでに使用していた(Firefox3等の)プロファイルに上書きされしまうので注意しましょう。

Firefox3.5用プロファイルの作成

ファイル名を指定して実行を選択している画像複数の(バージョンの)Firefoxを共存させるには、各バージョン用のプロファイルが必要になりますので、Firefox3.5用プロファイルを作成してやります。

方法は簡単で、まず、『スタート』→『ファイル名を指定して実行』をクリック。

ファイル名を指定して実行から新規プロファイルを作成してる画像画像のように『firefox -createprofile firefox3-5』っと入力して『OK』をクリックすると『firefox3-5』と言う名前のプロファイルが作成されますので、コレをFirefox3.5用のプロファイルとして使用します。

Firefoxのプロファイル保存フォルダに表示された新規プロファイルの画像はじめの方に書いたプロファイル保存フォルダを見てみると、上記手順にて作成した『firefox3-5』と言うプロファイルが確認出来ます。

プロファイル名は、上記したプロファイル保存フォルダ(C:\Documents and Settings\・・・・・\Firefox\Profiles)に表示されている各フォルダ名、コンマ以下の文字のコトが多いかと思いますが、以下の手順でプロファイル名を確認するコトも可能です。

firefox-3_5-21_090629の画像Firefoxのプロファイルを確認するには、『スタート』→『ファイル名を指定して実行』とクリックした後、今度は『firefox -p』と入力して『OK』をクリックすると、左画像のようなプロファイルの一覧を確認するコトが可能です。コレを見ると、上記プロファイルの保存フォルダ内にある各フォルダ名末尾と同じコトがわかるかと思います。

何故プロファイル名を知る必要があるのかについては下記にて。

Firefox3.5用のショートカットを作る

Firefox3.5を起動する為のショートカットを作成している画像インストール作業時に、Firefox3.5を起動するタメのアイコンを作っておりませんでしたので作成する必要があります。

まずFirefox3.5インストール時にインストールフォルダとして指定した『C:\Program Files\Mozilla Firefox3-5』を開き、その中にある『firefox.exe』を右クリック→『ショートカットの作成』とクリックしてショートカットを作ります(ココでも起動しないように注意。Firefox3.5を起動してしまうとプロファイルが・・・以下同文)。

Firefox3.5起動用ショートカットのプロパティを編集している画像作られたショートカットを右クリック→『プロパティ』と選択して、このショートカットでFirefox3.5を起動した際に、上記手順にて新規に作成したプロファイル(firefox3-5)を利用するように設定を行います。

新規作成したプロファイルを使用して起動するようにショートカットを設定する

ショートカットのプロパティでFirefoxの起動オプションを設定している画像ショートカットのプロパティを開いたら『ショートカット』のタブを選択し、『リンク先』の欄に記載されている内容に書き加えるカタチ(画像下線部)で、『(半角スペース)-p firefox3-5 -no-remote』と書き加えます。

コレによってFirefox3.5用に新規作成した『firefox3-5』と名付けたプロファイルを使って起動させるコトが出来るようになります。

旧バージョンのFirefox起動ショートカットの設定変更

ワタシのように既に複数のプロファイルを作成して、複数のFirefoxを利用している場合は設定済みかと思いますが、今回初めて複数のプロファイルを作成し、また複数のFirefoxを共存させ併用を開始するのであれば、上記手順にて新たにインストールしたFirefox3.5において、起動時にソレ用のプロファイルを使用するようにショートカットの設定を編集したように、コレまで使っていたFirefoxを起動するショートカットも複数あるプロファイルを指定して起動するようにしてやらないとなりません。

ココまでの内容にてインストール以外にFirefoxの、

  • プロファイルの有りドコロ
  • 新規プロファイルの作成方法
  • プロファイル名の確認方法
  • ショートカット起動時のプロファイル選択の設定方法

等がわかったかと思います。
で、ワタシの場合は、

  • Firefox2用に『default』
  • Firefox3用に『fx3』
  • Firefox3.5用に『fx3-5』

っと言うプロファイルを利用しているコトを書きましたが、その上で、参考までに画像を乗せておくと、各バージョンを起動する為のショートカットのプロパティは下記画像のようになっています。

Firefox3用のショートカットの設定

Firefox3用のショートカットの設定の画像Firefox3を起動するタメのショートカットの設定はコンナ感じになっています。下線部を見ると上に書いたプロファイル名と同じコトがわかると思います。

Firefox2用のショートカットの設定

Firefox2用のショートカットの設定の画像コチラはFirefox2用のショートカットです。コレらを見ると、プロファイル名とショートカットの設定の関係を理解して頂けるのではないでしょうか。


以上の作業で、バージョンの違う複数のFirefoxを共存させるコトが出来るようになりました。また、色々なバージョンを同時に起動するコトも可能なので、Firefox3.5を試しつつ、日常的な利用に問題無いようにチューニング出来るまでFirefox3を併用して作業を出来るので、なるべく早くFirefox3.5を試したいカタにとっては『保険』の意味も含めて新旧Firefoxの併用と言うのもナカナカ良い感じではないかと思います。

「Firefox3.5登場に備えて複数バージョン共存方法をおさらい」への2件のフィードバック

  1. 通りすがりです。よみやすく綺麗なサイトですね。
    画像付きで詳しくとても参考になりましたありがとう。
    無事Firefox3.167、4、5、6、7共存できました。普段chrome派ですがver7になってだいぶ早くなりましたね。

  2. ■chibimameさん

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    本エントリも結構以前に作成したモノなので、内容的に今も使えるとわかり安心しました(^^;

    chromeも出た当初(っと最近もたまに)使いますが、あの速さだけでも魅力的ですよね。最近のchrome事情には疎いので勉強しなければです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">