FireFoxがロータリーになるアドオン”RotorThrobber”

スポンサード リンク



FireFoxにアドオンRotorThrobberを追加してローリーが現れた状態の画像

以前から使用しているFireFox君ですが、このWebブラウザには「アドオン」と呼ばれるモノがありまして、このアドオンを後から追加するコトで色々な機能を拡張できるのが一つの特徴であり、FireFox君の魅力の一つでもあります。

FireFoxにRotorThrobberを追加するとどうなるか

今回はそんなアドオンの中から、クルマ好きなカタの興味をチョット惹きそうなモノを紹介。とりあえずコトバで説明するよりも見て頂いた方が早いので、まずは下記動画をご覧下さい。

Youtube HD版(再生出来ない場合は下記Zoome版をどうぞ)
※Youtube版、Zoome版共にフルスクリーン表示にて見て頂くと分かり易いかと思われます。

Zoome版

RotorThrobberとFireFoxでロータリーエンジンのローターと何時も一緒(笑)

ご覧のようにRotorThrobberと言うアドオンを追加すると、FireFoxのページ読込時に動いているインジケータがロータリーエンジンのローターに変身し、リンク等をクリックしてページの読込みを始めるとクルクルと回転しちゃうのでありました。

因みにファイアフォックスのデフォルトは↓のような感じで、丸いドットが円になっていて、パックライトが点灯する感じでクルクル回転して読込み中なのを知らせてくれます。

RotorThrobberを追加していないFireFox読み込み中インジケータ部分の画像
※画像はFireFox2ですが3(一番上の画像)でも同じ。

ってな訳で、だから何? っと聞かれると答えに困ってしまうコノRotorThrobberですが、ロータリーエンジン大好きなんだよ~! っと言う熱烈なロータリーファンだと言う方がコレを眺めて幸せな気分に浸って頂くコトは勿論、少しでも大好きなロータリーエンジンを身近に感じていたいカタにもお勧めです。また、未だにGT-Rの50勝を阻止したロータリーエンジンに対して闘志を燃やす、アンチロータリーな人がその闘志を忘れないタメに常に目に触れさせるなんて使い方も良いかもしれません。

[BGM:Side Saddle (Theme) by Purple Planet]

・Rotor Throbberのダウンロードはコチラ
・FireFoxのダウンロードはコチラ(フリーで利用可能です)。

関連ぽいエントリ

IEにもファビコンを表示させる
“Where the Hell is Matt?”って何? マットって誰?
D40でインターバル撮影して動画を作ってみた。
YoutubeのHD動画をブログ等に貼り付けるタメのブックマークレット
Windows XPがexFAT対応 【SDXCカードも利用可能】

「FireFoxがロータリーになるアドオン”RotorThrobber”」への4件のフィードバック

  1. 初めまして(^^)V。

    トラックバックピープルを見ていたら…。

    こんなのがあるんですね!。
    残念ながらSleipnirを使っているので、サブのfirefoxPortableにインストールしてみます(^^)V。

  2. ■ Ranさん

    はじめまして。

    普段はあまりTBPにトラバ送るコトも無いのですが、ネタ的にロータリーなカタに見て頂けたらなと思っていたので良かったです(^ ^)

    機能的にはどうと言うコトないですが、クルマ好き的には見ていて楽しめるのでワンポイントになって良いかと思います。発見した時は「何だコレは?」っと思いましたが、今だに使い続けてます_(^^;)ゞ

  3. お返事有難うございますm(__)m。
    トラバの良いところは、こんな感じでお知り合いになれること。ロータリーフリークは「みんカラ」にしか生息していないような雰囲気もありますので(^_^;)、見つけた時には嬉しかったです。

    早速「みんカラ」のパーツレビューでも紹介させていただきました。また、ブログの方からも改めて記事としてトラバさせていただきますので、今後とも宜しくお願いいたします(^^)。

  4. ■ Ranさん

    ワタシも同じような考え方をしていますので、そのように言って頂けると嬉しいです(*^o^*)  コチラこそよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">