Firefox3.5の「TraceMonkey」を有効にして速さをフルに発揮

スポンサード リンク



Firefox 3.5のJavaScriptエンジンに脆弱性が見つかったようですので、以下に紹介している『about:config』における設定において、

  • javascript.options.jit.chrome
  • javascript.options.jit.content

共に設定を『false』にしておいた方が良さそうです。 javascript.options.jit.contentに関してはデフォルトで『true』になっていると思われますコトを併せてお知らせします。この脆弱性は3.5.1にて修正される見通しとなっているようなので、パフォーマンスは落ちるかもしれませんが、『false』にしておくコトをお勧めします。

追記:2009年7月17日


追記:Firefox3.5.1がリリースされコノ問題は修正されたようですから、以下の内容はご利用中のFirefoxのバージョンを確認の上お試し下さいませ。

Firefox3.5は正式版リリース以前から、RC版等を試した方々がその速さを伝えており、ワタシもWebブラウザはFirefoxをメインに利用していたり、あるいはChrome2の体感できる速さに一旦は興味を持ったモノの常用するには致命的なアレが存在したりと言ったコトもあって、実はカナリ期待しておりました。しかし、Firefoxバージョンアップ時の常と申しますか、対応アドオンが少なかったりしてアドオンを多く使っている人はしばらく我慢の子。っを決め込もうと思っていたのですが、もうダメ我慢できないよ~っと言う感じでFirefox3.5未対応のアドオンを無理やり有効化して早速使い始めるコトと相成りました。

Firefox3.5デフォルトでは高速化のカギである「TraceMonkey」がフルに機能していない

っで、早速色々使ってみたのですが、期待していた速さに関しては体感出来る違いはあるけれども、期待していた程でもなかったかも・・・(^^; っと言った感じ。なのですが、

Firefox3.5の新型Javascriptエンジン「TraceMonkey」の実力 :教えて君.net

「TraceMonkey」は標準状態だとフル機能がオンになっていない。

っとのコト。『TraceMonkey』と言うのはFirefox3.5で新たに採用されたJavaScriptエンジンで、高速化の胆の一つであります。昨今JavaScriptやらを使ったWebサイトは多くありますので、コレの高速化は体感速度の向上に一役買ってくれる訳ですが、上記の通りFirefox3.5をインストールしたままではTraceMonkeyの機能がフルに活かされていないようですので、早速コレを有効に。

「TraceMonkey」の設定

Firefox3.5のTraceMonkey機能を活かすために設定を変更している画像TraceMonkey』の設定を変更するには、まずアドレスバーに『about:config』と入力してエンターキー。続いて開いた画面の『フィルタ』欄に『jit』と入力すると、
・javascript.options.jit.chrome
・javascript.options.jit.content

っと言う二つが表示されるので、『値』の欄が『false』になっていたらダブルクリックして『true』に切り替えれば完了です。

javascript.options.jit.chromeを『true』にした場合、お使いの環境やアクセスしたWebサイトの状況により、Firefoxがクラッシュする等の不具合が発生する場合がありますのでご注意下さい。

javascript.options.jit.contentに関してはFirefox3.5の場合、デフォルトで『true』になっているかと思います。

追記:2009年7月9日

Chrome2の速さには劣るけど、Firefoxユーザーには十分な魅力

でもって上記設定によって何となく変わったかな~?っと言う感じはしつつ、でも速さ的にはChrome2の半分位かなと言った印象であります(場合により同等近く感じたり、差が開いたりと言う面があるようにも感じるけど)。っと書いてしまうとFirefox3.5は大したコト無いのかよ! っと思われてしまうかもしれませんが、少なくともFirefoxを使い続けてきたユーザーであれば十分に喜びを感じられるだけの違いを感じたり、あるいはChromeの速さにグラグラしてしまった自分を引きとめるだけの魅力を有しているかと思います(^^)

TraceMonkeyの各設定におけるJavaScriptベンチマークを測定してみたら

デフォルトでは無効になっているjavascript.options.jit.chromeを有効にしても全くもって意味が無いとの情報を頂きました。また上記設定を変更した際の違いの目安があったほうが良いかと思いましたので簡単ながらベンチマークを走らせてみました。結果から言ってしまうと劇的な変化は現れず、体感できる変化をもたらすだけの違いが出るとは言えないように感じるモノでした。具体的な数値は下記のエントリにてご確認下さいませ(追記:09年7月19日)。
 ・Firefox3.5と3.5.1、SunSpiderでのJavaScriptベンチマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">