カテゴリー別アーカイブ: 車なイベント

山中湖 スワンゼロヨン オフ会に行ってきた

山中湖の観光船プリンスオデット号の首の画像

ブログやツイッターで何時もお世話になっているRanさんが『山中湖 スワンゼロヨン オフ会』っと言うのを企画されたので山中湖まで行ってきました。

また雨・・・

このオフ会はそのネーミングやら上記リンク先を御覧になって頂ければわかりますが、山中湖のスワンな足漕ぎ(?)ボートでゼロヨン大会をやろうというモノ。だったのですが、当日は生憎の雨でありまして、予報見た感じではパラつく程度かと思いきや、とってもシッカリ降ってくれる始末・・・orz

最近では箱根に行った時や八方ヶ原へ行った時に雨降ったり、あるいは洗車直後にコレまた雨に降られたりと、ボクもしかして雨男? っとか思っていた訳ですが、どうやら他にも雨男さんが複数いらっしゃったようでホッとしたのでありました(ホッとするトコロ間違ってるけど(^^;  )。

ほうとうほうばる

お天気の話はさて置き、一次集合場所から山中湖畔に到着して参加者の皆さんにご挨拶しつつお話した後、お昼御飯を食べに移動。お昼御飯は山梨と言えばな感じの『ほうとう』になり、小作と言うお店へ。

山中湖の脇にあるほうとうやの小作の画像

人気があるのかどうなのか知りませんが、お店から溢れんばかりに順番待ちの人が並んでおり、店内の入り口付近にも終始多くの人が・・・

小作のほうとうの画像

でもって今回は豚肉ほうとうと言うのを頼んでみましたが、このお店の基本メニューなかぼちゃほうとうでも良かったかな。っと言うのはボリュームが結構あってお肉食べるのがキツかったので。人によって若干の差異はありますが、かぼちゃとか里芋とか人参とかデッカいのがゴロゴロ入ってるので満腹を通り越して食べきれませんでした(^^;;

肝心のほうとうですが、かぼちゃの甘味が良い感じ。極太の麺(っと言うのか?)との相性も良く美味しく頂きました。

ほうとう味のドロップ頂く

ほうとうドロップの画像

ほうとうを食べ終え、隣の土産物屋にて買い物して来たUnaさんが素敵なモノを手に持っておられました(^^; 書いてある通り『ほうとうドロップ』だそうです。っで、一つ頂きましたが、言葉で言い表すのが難しい味と言うか(笑)

でもスワンに乗る

山中湖の観光船プリンスオデット号の画像

さて、冒頭にも書いたとおり、スワンボートでのゼロヨン大会は残念ながら中止になってしまいましたので、皆で大きなスワンに乗るコトに。彼の名前は『プリンセスオデット』君。晴れてればサイコーなんだろうなと思いつつ、霧のかかった山々を湖の真ん中から眺めるのもナカナカ悪くないものです。

山中湖で遊んでる人達の画像

天気が良くないのに湖で遊んでいる人々もいらっしゃいました。寒くないのかな~、っとか思いますが、ロドスタ乗りが冬場にオープンで走っているのをそうでない人が見たら同じような感じなのでありましょうか(^^;

プリンスオデット号の航跡の画像

オデット君の航跡。船がたてた軌跡を眺めるのは飽きないモノですが、最近あまり嗅ぐコトのなくなったディーゼルな排ガスに速攻でやられました(>▽<;;

山中湖のコイの画像

山中湖の中を泳ぐコイ達。写真だとわからないですが、雨が降っていたにもかかわらず、お水に結構透明感がありましたので、山中湖はお水も綺麗なのかな?

湖畔にて

参加者のクルマ集合の画像

オデット君から降りた後、湖畔の駐車場にてお話タイム。参加者はコンナ感じでRX-8の他、AZ-1とロータス・エキシージの姿も。

AZ-1もエキシージもよく見るのは今回が初めてだったのですが、ドチラも生粋のスポーツカーと言った感じですね。AZ-1はフロアの位置がこれでもかと言う位に低いのに驚かされましたし、エキシージは全身個性の塊と言った感じ。写真を見てもわかる通りロドスタが隣に並んでいますが、エキシージと並ぶとロドスタが凄く普通のクルマに見える(^^;

参加者のRX-8の画像

あと、RX-8も改めて見るとやはり個性的。道中リアから眺める機会が多かったのですが、特にコーナー何かで後ろ斜めから見た際の姿はフェンダーの存在感が際立ってカッチョいいっす。写真のイエローな車両ははいどら8さんのRX-8ですが、レッドカラーのエキシージに負けない存在感!

森の中のクマさんの

テディ・ベア・ワールド・ミュージアム内にあるカフェ・ペッパーローズの看板の画像

外で話していて寒くなってしまったので移動したのが、テディ・ベア・ワールド・ミュージアム内にあるカフェ・ペッパーローズ。

カフェ、ペッパーローズのコーヒーに付いてくる可愛いクマさんクッキーの画像

運ばれてきたカップに寄り添うスプーンの上に可愛いクマさんのクッキーが添えられておりました(^^)

テディ・ベア・ワールド・ミュージアム内にあるカフェ・ペッパーローズの画像

お茶しつつ、辺りが暗くなるまでお話したトコロでお開きに。

それにしても、違うクルマに乗っている方にお会いすると、ロドスタな集まりに参加するのとはまた違った楽しさとか、知らなかった驚きがありますね。企画して頂いたRanさんと、当日参加された皆さんに感謝です。

モトクロスの関東選手権見に行った

モトクロス関東選手権の写真

そんなコンナで土日はツナギを着込んでモコモコしながら、モトクロスの関東選手権とやらの見学に行っておりました。

この手のモトクロスな競技は今回初めて見たのですが、4輪の走行会だとかを見るのとはまた違った面白さ。なんたってコースのすぐ近く、マジなハナシ、走行するバイクに手を伸ばせば触れちゃうようなトコロで観戦出来ちゃうので非常に刺激的!(でも、安全確保は必要で、自身で気を付けないといけませんが)。

4輪のサーキットでもコース全体を見渡すコトは可能なコトが多々ありますが、ソレとは全く違った面白さと言うか、色々な場所で走っているのを間近で見れちゃうのが素敵(コースアウトしてバイクと人が飛んでくる恐れはありますが)。

そんな訳で、帰った今も若干興奮が蘇ってきちゃったりなんかしている状態ですが、しかし!、買ってきたビールに早速煙草の灰を(間違って灰皿代わりにして)入れてしまっていたりと、(酔っぱらっているのではなく)若干疲れているようなので、他の写真などはまた日を改めてと言った感じに・・・・・

茂原サーキット、ドリフト・グリップ走行会の写真色々

茂原サーキット走行会パドックの写真

そんな訳で昨年も終わろうかと言う12月27日に茂原サーキットの走行会へ見学などしに行って参りました。予報では当日の気温は低目で、尚且つ風が強いとのコトで見学オンリーなオイラはチト心配でしたが、蓋を開けてみれば風もあまりなく穏やかな天気の中、1日楽しく見学するコトが出来ました。

この手のドリフト走行会を見学するのは初めてだったのですが、グリップの走行会を見学するのとは全く違い、違った楽しさがあってナカナカ良いでありました。何ていうか、ただ見てるだけで面白いと言うか・・・。見ててわかり易いですからね(^ ^)

さて、今回も流し撮りの練習をしてきましたので、その成果を掲載いたします。いや~、でもドリフトはドリフトでグリップ走行しているクルマを撮影するのとはまた違った難しさがありますね。撮影の方は何時もどおりD40とキット標準のレンズ、シャッタースピード優先モードでシャッタースピードを1/60~40(一部1/125)に設定して絞りはカメラまかせ、その他、適時露出補正を調整と言った感じでやっております。またレンズが望遠でないので、一部激しくトリミングしております(^ ^;

掲載数は104枚程ありますので別途ギャラリーページを設けましたので、下記リンクからどうぞ。
茂原サーキット、ドリフト・グリップ走行会のフォトギャラリー【08年12月27日】

流し撮り関連

ロドスタを流し撮ってみる【2月9日・TC1000】
流し撮りで、どれだけ止めるか【2月9日・TC1000】
流し撮り失敗。でも・・・【2月9日・TC1000】
カートレース観戦にて流し撮り練習

アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

さて、ローライダーカーショウの紹介もコレでラスト。最後に登場するのはオイラの大好物でもある147アリスト。なので写真多目に。最後だし・・・

LEDを多様する147アリスト

LEDを仕込んだ147アリストのウィンカーやフォグの写真

このアリストはいたるトコロにLEDが仕込まれておりました。フロントはウィンカーの他、フォグランプ部分にも。

ペイントされたホイールを照らすLEDの写真

ホイールはご覧の通りメッキ+ペイント。そしてホイルハウスに仕込まれた照明がソレを照らし、ペイントが引き立っている印象です。

4灯ブロジェクター化された147アリストのヘッドライトの写真

ヘッドライトはハイビーム側にもプロジェクターユニットがインストールされ、4灯ブロジェクターとなっています。ソレに合わせて元々あったレンズカットも綺麗に削除されておりスッキリとした印象に。

フルLED化された147アリストのテールランプの写真

テールランプやウィンカーなど、リア周りのランプ類もフルLED化されています。またトランク側のランプユニットはレクサスGS用が装着され、センターガーニッシュはボディ同色。

カスタムされたドアインナートリムの写真

ドアインナートリムはご覧のようにカスタムされています。スピーカーユニットのインストールやドアポケット部の加工、及びLEDイルミが綺麗です。

フロントドアのモニターの写真

純正ではツイーターが装着されているドアミラーの根元部分には小さなモニターがインストールされています。

リアドアのインナートリムのカスタムの写真

リアドアのインナートリムもフロント同様にカスタムされています。トリムのアッパーとボトムのカラーチョイスも良い感じ。

147アリストのルーフに設置されたオーバーヘッドコンソールやモニターの写真

ルーフ部分には新たにオーバーヘッドコンソールが設置され、照明やリアの大型モニターが収められるようになっています。

リアパーセルトレイの写真

リアパーセルトレイにはスピーカーの他、モニター等が埋め込まれ、レザーによって美しく仕上げられていました。

革張りされた147アリストのダッシュボードの写真

ダッシュボードのアッパー部分もレザー仕上げとなっています。ボトム部分は純正カラーでこう言ったモノがありましたが、ドアの同カラーな部分のレザー部分はノンオリジナルで、パンチングレザー張りとするなど手が込んでいます。

革張りのフロントシートの写真

フロントシートもダッシュやドアインナートリムと同様にカラーコーディネートされたレザー仕上げ。ダッシュからセンターコンソールは大幅に加工され、大型モニター埋め込みの他、ジグザグシフトゲードが移植されています。

イメージチェンジされたダッシュボードの写真

147アリストのノーマルの雰囲気を残しながら、センタークラスター部分のカスタムによってダッシュボードは上手くイメージチェンジされている印象です。

カスタムされた147アリストの写真

ボディーカラーもノンオリジナルかと思われますが、ドア開口部なども美しくペイントされていました。エクステリアはエアロパーツなど装着されていませんが、メッキモールやドアハンドルなどによって、シンプルな147アリストにアクセントを加えて華やいだ印象になっています。

ローライダーな147アリストの写真

ローライダーカーショウの会場全体の写真

最後にローライダーカーショウの会場全景。開催1日、1フロアだけど、嬉しいコトに別な目的なカタ&その対象が居ないので、ジックリとクルマを見るコトが出来きました。オイラはコンナイベントが好きであります。入場料はちょっと高めだけども、身動きの取れないイベントに行くよりも断然満足出来まする。年内のスケジュールはコチラの通りなので、興味のあるカタは如何でしょう?

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-17【センティア】

ローライダーなセンティアの写真
センティアも徹底的に手を入れればこの通りローライダーに・・・
ローライダーなセンティアのフロントサスペンションの写真

コチラはセンティアのフロントサスペンションやホイールハウス。インナーフェンダーも青く染められたり、サスペンションパーツは徹底的にクローム。ブレーキ回りまで抜かりなく仕上げられています。

ローライダーなセンティアのリアサスペンションの写真

コチラはリアサスペンションとホイールハウス。フロント同様に素晴らしい仕上げ。チラリと見えるサスペンションメンバーもペイントによって美しく仕上げられているのがわかります。

ローライダーなセンティアのリアサスペンションメンバーを下から見た写真

リアサスペンションメンバーの辺りを下から写した写真ですが、フロア下面だけでなく、デフケースも綺麗にペイントされている他、ペラシャフトやセンティアならではのリアステア機構関連のパーツなど、全てクローム処理などによってキッチリと仕上げらているのがわかります。

徹底的に青く染められているセンティアのフロントメンバ付近の写真

コチラはフロントメンバー付近の写真。リア同様、徹底的にペイントで青く染めているほか、サスペンションパーツなどは綺麗にクローム処理。

センティアのハイドロリクスの写真
ハイドロリクスはリアのトランクルーム内にレイアウトされています。
センティアの青いローライダーな写真

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】

さてさて、続きましては、手の込んだアコードクーペの他、ノーズブラがキマッているカムリとC5コルベット。

アコードクーペ?

アコードクーペかなと思いますが、違っていたらすみません。

ローライダーなアコードクーペの3連アンテナの写真
や~、壮観(^^;
フェンダーから突き出たアンテナの写真
モチロン反対側もね♪
グリーンにペイントされたアコードクーペのインテリアの写真
インテリアはエクステリアと同様グリーンにペイント
緑を散りばめたアコードクーペのハイドロリクスの写真
っと言うか緑が豊か(笑)。ディスプレイにも拘りを感じますね。

シンプルでもカッコいいカムリ

ノーズブラを装着したローライダーなカムリの写真
あぁ、何かホッする

ボディーはカラー控え目であり、また目立つカスタムもメッキの大径ホイル、ノーズブラ位なのに、カムリのカッコ良い事。

ノーズブラとカラーリングで魅せるC5コルベット

鮮やかなグリーンのC5コルベットの写真
目にも鮮やかなライムグリーンのC5コルベット。外観は上のカムリと同じくな範囲(色除く(笑) )
ローライダーなC5コルベットのドアトリムの写真
ドアトリムやダッシュ下部にカラフルなヴィトン柄
カスタムペイントが施されたC5コルベットのステアリングの写真 title=
ステアリングもグリーンを用いたカスタムペイントが施されています。
C5コルベットのスピーカーシステムの写真

フロントシート背後にはご覧のようなスピーカーシステムがドーンと鎮座しております。

C5のラゲッジにインストールされたオーディオシステムの写真

ラゲッジにインストールされているオーディオシステムはハイテクな雰囲気。

C5コルベットのノーズブラを装着したフロントマスクとメッキホイールの写真

アメ車にノーズブラとメッキホイールって、なんでコンナにも似合うのでしょうね?

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】

引き続き最近のクルマ。そろそろ、そしてやっと終わりが見えて参りました(^^; ってコトでラストスパートε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(;-_-)/ゼンリョクダッシュ

ゴージャスな雰囲気のコンコース

ローライダーなコンコースの写真
コンコースはホイルだけでもゴージャスな雰囲気に
コンコースのゴージャスなディスプレイの写真
あぁ、ディスプレイもゴージャス
コンコースのインテリアの写真
そう、後席でもゴージャスに(笑)

って、何がゴージャスなのか知りませんが(^^; 雰囲気があるですよねってコトで。そう言えばクルマの中でアルコールを摂った経験が無いのですが、アレってどうなんでしょう。酔いとか激しかったりするのかな?

300C

ガルウィング化された300Cの写真
300Cはデカイっすね。結構好きなクルマです。
ツートンカラーにペイントされた300Cの写真

コチラの300Cはお顔が若干違う。純正なのかな? よくわからない(^^;  またこの300Cはよく見るとツートンカラーなペイントになっています。アメリカンカスタムではずっとあるのかもですが、国内におけるそれ以外のカスタムジャンルでも最近2トンカラーが復活してきてますね。

ツートンペイントが綺麗な16アリストとY34セド

っと言う訳で、以下ソンナ、ツートンペイントがキマッていた2台を。

ローライダーなツートンペイントの16アリストの写真

コチラのアリストは色とホイルだけなのに、立派にショーカーしてる印象。ホントにカラーリングがお見事と言う感じ。

ローライダーな16アリストのリアの写真

ツートンペイントの塗り分けも綺麗。また使われている塗料は、特に色の濃い部分は光の加減によって色味が変化するのもカラーリングの質感を高めてる感じであります。

ローライダーなツートンカラーのY34セドリックの写真

コチラもツートンペイントが綺麗だったY34(セドリックかな?)。コチラのクルマはアリストよりも抑え目なカラーチョイスと言った感じだけど、濃い目のカラーの組み合わせが良い感じで、その重厚感が素晴らしいなと感じます。

Y34のカラーリングを示す写真

特に色分けの仕方が上手いなと。上部はショルダーにあるプレスラインから若干上にずらし、前後端を緩やかにプレスラインに落として行くコトで、Y34のパキッとした印象が穏やかに変化しているトコロがグー。Y34の見る目が変わってしまった程に魅力を引き出しておりました。カラーリングって大事だなと実感した2台であります。

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】

クルマはちょっとお休みして、今回はバイクをちょっとばかり。会場にバイクは数台だったのですが、ソンナ中から特に気に入った1台を載せてみます。

極限までローダウンしたマジェスティ

ローライダーなカスタムマジェスティの写真

マジェスティーと書いてあったと思います(バイクは全くわかりましぇん)。このマジェスティはご覧の通り、極限までローダウンされたという印象。また写真ではわかり難いかもしれませんが、リアタイヤはフレームを延長して後方に移動されているのではないかと思われます。

フロアマットが敷かれたマジェスティのステップの写真
ステップ部分にはフロアマットが敷かれてます(^ ^;
マジェスティのエキゾーストの写真
エキゾーストの取り回しがカッコいいっす。最低地上高が気になるトコロ・・・(笑)
カスタムペイントが施されたヘルメットの写真

マジェスティの傍らに置かれていたヘルメットも非常に綺麗なカスタムペイントが施されていました。

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】

引き続きSUV系が続きます。今回はシンプルにカッコいいチェロキーと、キャデラックらしい豪華な雰囲気を纏ったエスカレードのEXTモデル。

大径ホイルとローダウンで魅力を増したチェロキー

ローライダーなジープチェロキーの写真
このチェロキーはローダウンと大径ホイルだけでカッコ良いなと感じたクルマ
チェロキーのルイヴィトンなフロントグリルの写真
しかしよく見れば細部にも手が・・・(^^; フロントグリルや各部にバランス良くヴィトン柄。
ルイヴィトン柄のチェロキーのホイールの写真
ホイルにも。シルバー×ゴールドのカラーリングでシンプルながらも華やかです。
チェロキーのオーディオシステムの写真
オーディオシステムやモニターはご覧のような感じ。ゴールドメッキのウーファーがワンポイントになってますね。
チェロキーの下回りに配されたヴィトン柄の写真
コンナ所まで・・・。こうした部分に施すコトで、全体的なバランスが良くなっているのかな・・・

キャデラックらしい豪華さを纏うエスカレード

ローライダーなキャデラックエスカレードEXTの写真
SUVの最後はキャデラックの2代目エスカレードEXT
エスカレードの26インチホイルとブレンボキャリパーの写真
ホイルは26インチだっと思います(汗)。ブレーキはブレンボキャリパー!
エスカレードのカスタムペイントとピンストライプの写真
カスタムペイント及びピンストライプも非常に手が込んだ仕上がり。
エスカレードのエンジンルームに施されたカスタムペイントの写真
エンジンルームにも手の込んだペイントが施されています。
エスカレードのインテリアとモニターの写真
インテリアやモニターはご覧の通り。
エスカレードのドア開口部に施されたピンストライプとイルミの写真
見えなくなるのに、ドア内側にもピンスト・・・。ドア内装のイルミも綺麗な仕上がりです。
エスカレードの荷台にインストールされたオーディオシステムの写真

エスカレードのEXTはピックアップモデルなので、ソレを活かして魅せるようにインストールされているオーディオシステムやモニター類もグー。当日もオーディオが再生されていましたが、外に聞かせる作りと言った印象。クルマの後ろに立つとナカナカ迫力あるサウンドが。。。


SUVはコレにて終わりになります。

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】

予告のとおり、今回から最近のクルマがメイン。まずはSUV系の車種が続きます。ってな感じで、ゴージャスなリンカーン・ナビゲーターとフォード・エクスペディションであります。

全身ゴージャスなナビゲーター

ローライダーなリンカーンナビゲーターの写真
SUV系はゴージャス路線?っと思わせる象徴的なクルマがコチラのリンカーン・ナビゲーター
ガルウィングドアなリンカーンナビゲーターの写真

大迫力のフロントマスク! 後ろに付かれたら、とりあえず逃げます(^^;  左右の開き具合い、及び高さの揃っているガルウィングドアも、SUVの大きなドアってコトで見応えがありますね・・・

リンカーンナビゲーターのウィルウッドなブレーキの写真

22インチホイールの奥には、アメリカンカスタムではおなじみウィルウッドのブレーキキャリパー。そして2ピースの大径ローターの組み合わせ!

ルイヴィトンの模様がペイントされたナビゲーターのフロントフェンダーの写真

実際の印象は一番上の写真の様だけど、よく見ればこの通りヴィトンがボディに浮かび上がります。

ルイヴィトン柄のナビゲーターのボンネットの写真
勿論、ボンネットもこの通り。
ルイヴィトンできめたナビゲーターの内装の写真
内装も当然と言わんばかりに、シッカリとルイヴィトンで決めてます
ナビゲーターの室内モニタやオーディオシステムの写真
各所に配されるモニターやオーディオシステムもご覧の通りの仕上がり。

一見シンプルなフォード・エクスペディション

ローライダーなフォードエクスペディションの写真
お次はフォードのエクスペディション。外装はパッと見た感じシンプルですが・・・
ローライダーなフォードエクスペディションのペイントとピンストの写真
しかしよく見れば手間の掛かった塗装&ピンストが施されています。さりげなくてお洒落♪
カスタムされたエクスペディションのヘッドライトの写真
ノーマル状態がわからないのですが、恐らくヘッドライトもカスタマイズされているのではないかと・・・
カジノ風にカスタムされたエクスペディションのラゲッジルームの写真
エクステリアはシンプルなカスタムでしたが、ラゲッジはご覧のように楽しげ♪

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】

今回はトランク内にあるハイドロ? の何か?? っのレイアウトが良い感じにキマッてたクルマです。

クロームが美しいインパラのハイドロリクス

ローライダーな63年式インパラの写真
まずは鮮やかなレッドのインパラ。63年辺りかな?
ローライダーな63年式インパラのハイドロリクスの写真

ハイドロリクスは全体的なレイアウトの美しさと共に、各々を繋ぐパイピングからは繊細な印象も感じます。ボディーカラーのレッドによってグロス仕上げされたトランクルーム自体のカチッとした美しい仕上げと、整然とレイアウトされたクローム(ポリッシュ?)仕上げのハイドロのマッチングが素晴らしい・・・

ローライダーな63年式インパラのエンジンルームの写真

このクルマはエンジンルームもご覧の通り素晴らしいカスタムが施されています。カムカバーとエアクリカバーにも赤が入り、また双方のデザインが揃ってるのも良い感じです。

ハイラックスのフレームにインストールされたハイドロリクス

ローライダーなハイラックスが荷台を上げている写真

お次はハイラックスかと思います。後ろの荷台がせり上がっているのもピックアップトラックなローライダーの雰囲気を感じると言うか・・・

ローライダーなハイラックスのハイドロリクスの写真

このハイラックスはフレームの上にハイドロをインストール。荷台が上がるのでフューエルタンクも綺麗にボディ同色仕上げ。

ハイラックスのハイドロリクスの写真
パイピングの「カチッ」っとした美しさと、ホースの描く柔らかなアールが良いですね~

タウンカーの映画セットを思わせるハイドロリクス

ローライダーなタウンカーの写真
最後はコチラの2代目タウンカー
タウンカーのハイドロリクスの写真
ハイドロはご覧の通り、スッキリと巧くまとまってるレイアウトのように感じます(印象ね)
ハイドロリクスの写真

このタウンカーのトランクにインストールされているハイドロ、何ていうか映画のセットなんかで登場する高性能な爆弾のようなカッコ良さを感じません?


次回から最近のクルマがメインになって行きます~

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】

引き続きペイント系で、今回は特に気に入ったエルカミーノをメインに紹介。

和を取り入れたエルカミーノのペイント

ローライダーな4代目エルカミーノの写真
この4代目エルカミーノは「和」がテーマのようです
掛け軸や和傘、灯篭がディスプレイされたエルカミーノの荷台の写真
和傘や掛け軸など、ディスプレイにも和の雰囲気を感じます
和楽器をシフトノブにしている写真
コレは気に入った!(笑) お琴か三味線でしょうか?
エルカミーノのピンストライプの写真
ピンストには竹が取り入れられていたり
エルカミーノバックドアに描かれた漢字のペイントの写真
ペイントには漢字もあたりまえに使われ
エルカミーノのボディサイドに施されたペイントの写真
前から後ろから・・・。もとい、前から後ろまでコレですよ(^^;
和なテイスト溢れるエルカミーノの写真

白一色に統一されたローライダーのインテリアの写真

コチラはペイントからちょっと離れますが、内装がツルツルに仕上げられたクルマ。シートもカーペットもダッシュもツルツルピカピカで印象的。

テールランプが開いている写真
テールランプも開くようです・・・

もうちょい続きま~す

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】

引き続きペイント関係のが続きます。

ラップペイントが幻想的なコンコース

ラップペイントが施されたローライダーなコンコースのボディサイドの写真

ラップペイントと言うのかな? 中央辺りの幻想的な模様が印象的。これも実際にはもっと控え目に見えるので、「おや!」って感じです。クルマはキャデラックのコンコースかと。

コンコースのハイドロリクスの写真

このクルマはトランク内もご覧のようにハイドロユニットが綺麗にレイアウトされていました。ブラックと金属の輝きが活かされている感じです。

複雑に重なり合うペイントのテラノ

綺麗にカスタムペイントされたローライダーなテラノの写真

ペイントでは最も気に入ったクルマがコチラのクルマ。車種は日産のテラノでしょうか?

複雑にペイントされたテラノのボディサイドの写真
ボディサイドはもとより、全身に複雑な模様が描かれております
幻想的なペイントが施されたテラノのリアクォーターの写真

実際目にした印象はコンナ感じで控え目。なので全体像が掴み難くいトコロなんかは幻想的な印象も。

模様が複雑に重なり合うようにペイントされたボンネットの写真

全体像はコンナ感じで模様と模様とが複雑に重なり合っておりますが、コレって凄く手間でしょうね(^^;

ローライダーなテラノのラゲッジにレイアウトされたハイドロリクスの写真
ラゲッジ内には綺麗なレイアウトのハイドロリクス

暖色系で柔らかなペイントのタウンカー

カスタムペイントが綺麗なローライダーなタウンカーの写真

暖色系なペイントで、まとまってるなと感じたのがコチラのタウンカー。

カスタムペイントが施されたタウンカーのリアクォーターの写真

全身にと言って良いほど手が入ってますが、淡く柔らかいペイントなので実際の印象はもう少し穏やか。

カスタムペイントされたタウンカーのトランクの写真
カスタムペイントされたタウンカーのエンジンルームの写真
見えないトコロもこの通り

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】

今回のは、主にペイント関連のピンスト、ミューラル等が印象に残ったクルマです。


ローライダーの綺麗なペイントの写真
スッキリ爽やかな色使い
ローライダーの色使いが綺麗なピンストライプの写真
落ち着いた色使いがさりげない感じでオシャレ
アートペイントの写真
コチラも色使いが落ち着いていて良いと思います。
バイクに施されたカスタムペイントの写真

コチラはバイクですが、全体のボルドーレッド系の色に対し、白っぽい部分もソレに合わせた感じが良い感じ。写真では見難いかもですが、白の周辺には部分的にブラックで色を入れてあるのですが、ソレがまた白いトコロと赤いトコロを互いに引き立てている感じでカッコ良いです。


全身にカスタムペイントが施された240SXのローライダーの写真
会場には見慣れたクルマも全身にお化粧をして・・・
着物を着た女性がペイントされた240SXのボンネットの写真

写真では光が当たっているので絵柄がよく見えますが、実際にはフェンダー部のようにもうちょっと落ち着いた印象かな、と思います。花びらが舞う中に着物の女性・・・。トコロでこのクルマ、左ハンドルみたいなので240SXなのかな?

カスタムペイントが施された240SXのサイドの写真
サンドブラストで龍が描かれているサイドウィンドーの写真

ブラストかけてあるのかな? サイドウィンドーに龍が描かれています。

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】

アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】

前エントリに引き続き、今回のクルマも徹底的に手の込んだモノ。恐らくこのクルマもインパラで、年式は63年辺りでしょうか?

フレームやサスアームにまで施されたピンスト

ローライダーな63年式インパラの写真

ディスプレイはご覧のように腹下を見せる為にミラーが敷き詰められておりました。で、このインパラはソレも納得と言った感じで、細部に拘りと感じさせる1台でありました。

ローライダーな63年式インパラのエンジンの写真

エンジンルームはエンジン本体、エンジンベイともご覧の仕上がり。エンジン本体はクロームクロームしておらず、ペイント部分とのバランスが良くて見た目に良い感じでした。

ローライダーな63年式インパラのハイドロリクスの写真

ハイドロユニットのパイピングやレイアウトもスッキリしていながら美しさを感じます。

ローライダーな63年式インパラのトランクルームの写真

ハイドロが収まるトランクルーム内の仕上げも、全体に美しいモノです。

ローライダーな63年式インパラのピンストが施されたサスアームやブレーキの写真

このインパラも見えないサスアームやフレームの仕上げが凄かったです。サスアームは一通りクロームであり、更にピンストライプが入れてあります。

ローライダーな63年式インパラのピンストが施されたフレームの写真

フレームにもアチコチピンストが入っています。そのピンストも何色かを用いて手が込んでいる・・・

ローライダーな63年式インパラのピンストが施されたエンジンメンバーやクロームのサスペンションパーツの写真

下回りをフロント側から覗き込むとご覧の仕上がり。言葉を失ってしまいそうな作り込みです・・・

ローライダーな63年式インパラの下回りカスタムが解る写真

トランスミッションやエキゾーストパイプなども美しく仕上げられております。


しかも、このクルマ・・・

ローライダーな63年式インパラのカスタム作業経過風景の写真
脱帽だぁ~

ローラーダーカーショーその他のエントリ

アメリカの香りをかぎに-1【ローライダーカーショー】
アメリカの香りをかぎに-2【スリーホイラー】
アメリカの香りをかぎに-3【ボムスタイル】
アメリカの香りをかぎに-4【初代インパラ・エルカミーノ・ベルエアー】
アメリカの香りをかぎに-5【インパラワゴンとか2HT】
アメリカの香りをかぎに-6【インパラ】
アメリカの香りをかぎに-7【インパラ?】
アメリカの香りをかぎに-8【ペイント】
アメリカの香りをかぎに-9【ペイント2】
アメリカの香りをかぎに-10【エルカミーノ他】
アメリカの香りをかぎに-11【インパラ、ハイラックス、タウンカー】
アメリカの香りをかぎに-12【ナビゲーター、エクスペディション】
アメリカの香りをかぎに-13【チェロキー、エスカレード】
アメリカの香りをかぎに-14【マジェスティー】
アメリカの香りをかぎに-15【コンコース、300C、16アリスト、Y34】
アメリカの香りをかぎに-16【C5コルベット、カムリ、アコードクーペ?】
アメリカの香りをかぎに-17【センティア】
アメリカの香りをかぎに-18【147アリスト】