食費を節約してもタバコは止められない?

スポンサード リンク



タバコに関する気になる記事をみました。禁煙する上で、そのモチベーションを保つタメの一端になるかなと思い、思ったコトをツラツラと書いてみます。

発展途上国ではタバコが栄養失調の原因に – GIGAZINE

上記記事は発展途上国の貧困層において、喫煙者が居る家庭とそうでない家庭の、家計全体に対する食費が占める割合やその他について書いてあり、喫煙者が居る家庭の場合、喫煙者が居ない家庭に比べてタバコの購入に必要な出費がある分、それが食費に影響しているのではないかとする論文を紹介しています。

食費は抑えるけどタバコは吸う人

「発展途上国の貧困層」と言う部分を見て、日本には関係無いかと言うと、そうでも無いかなと思い当たるコトがあります。何かと言うと、節約のタメに食費を減らしたりする人。でもって尚且つ、当然喫煙者。出費を減らしたくて食費を抑えようとする一方、タバコは吸い続けている人を見かけたコトがないでしょうか? あ~、腹減ったぁ。っと言いつつタバコを咥えているいるような感じで・・・

タバコ代が食費を圧迫している例と言うか

もちろん、タバコ代金の家計に対する割合は今の日本と発展途上国とでは違うでしょうから、一概に上記を見て同じだとは言えませんが、例えば働くお父さん方の中には、朝晩は良いとしても昼食の一日分の予算をある程度決めているカタも居るかと思います。で、タバコを買うためにソレを削ってしまう、あるいはタバコを買うためと意識していないトコロでその予算が低くなっているようなコトは意外とあるのではないかと。

タバコ代が無ければ食事内容が変わるかも

世の中のお父様方の昼食の費用の相場はわかりませんが、例えばコンビニ弁当だったら500円程度、立ち食い蕎麦の安いトコロだったらソレ以下、あるいはカップラーメンだったら200円以下とか考えると、仮に一箱300円程度のタバコを1日に吸っているのであれば、ソレを食費に回せばカップラーメンがコンビニ弁当に、コンビニ弁当がちょっとした定食にアップグレード出来ちゃう訳で。

毎日の食事とか健康と止められないタバコの怖さ

毎日食べる食事のクオリティって長い目で見ると健康に対する影響が多いと思うのですが、一方でタバコは悪い方向で影響があるのですから、タバコを吸いつつ、食費を削ると言うのは何か凄くよろしくないのではないかと思う訳で。そして、そうまでしても止められないタバコってヤツは、こうした面でも怖いなと思う訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">