カテゴリー別アーカイブ: 携帯電話のコト

ドコモのARROWS X【F-10D】に乗換え

ドコモ ARROWS X F-10Dの画像

ドコモの戦略にハマってクロッシーなARROWS X 【F-10D】に乗換え。私にとっての初スマホであるLynx 3D SH-03Cを手にしたのが2010年12月でARROWS Xに変えたのが今月14日なので1年8ヶ月で代替え。携帯電話持ち始めてカレコレ15年程経ちますが、買い替えの最短記録で御座います。

ARROWS Xに変えた訳

今回Lynx 3DからARROWS Xに機種変した訳としまして、Lynx 3Dの調子が何か悪かったコト。ソレにプラスしてドコモのキャンペーン的なアレコレで機種変に関わる実質的な負担額が無かったコトがあります。

調子が悪かったと言う面については、Lynx 3Dは湿気に弱いコトがあります。例えば今のような暑い時期にポケットに入れて作業していて汗かいたりするともうダメ。その他、コレはワタシの個体特有な症状でしょうが、通話中に電話が切れてしまうコト。切れたと思ってかけ直し、数秒後にまた切れると言ったコトが頻繁にあったので、上記のような負担額の面やらARROWS X は防水なコトなど考えて変えてしまった訳であります。

クロッシーの料金プランが微妙な点は目をつぶる

ARROWS X F-10Dへ機種変する上で唯一ネックだったのがクロッシーの料金プラン。FOMAならばあるはずのキャリアを問わない無料通話(分)は無いし、パケホーダイなプランも高いしおまけにデータ転送量に制限まである訳で。恐らくFOMAなスマホからの乗換えにおいては毎月の携帯代金は上昇するだろうなと思います。ただ、この点についてはこの状況が続くのかな?っと言う思いもありますので目をつぶってエイヤーっ! っと行ってしまいました(^ ^;)

Androidスマホも使いやすく進化している

上記のようなコトしか考えず機種変に至った訳ですが、ARROWS Xを使って感じたのがLynx 3Dからの進化。ドコモのAndroidスマホとして超初期のHT-03Aを除けばLynx 3Dは初期のモデルと言えるかと思いますが、ARROWS Xを使い始めてみてホントに使いやすくなった言うのが初めの印象。Lynx 3Dを使っていた頃は非スマホユーザーにコレを進める気などなかったけど、今となってはスマホも有りだと言えるように思い始めました。

OSのAndroidもLynx 3Dでは2.xでしたがARROWS X F-10Dでは4.0。コレによる進化だけでなく、スマホ作ってるメーカーの努力も感じますね。その一つがメーカー独自のランチャー(一番よく見る基本的なメニューだとかの画面を構成するアプリ。っだと思う)なのですが、Lynx 3Dを使っていた頃に感じた不満だとかが独自のランチャーアプリで結構解消されているし、更に先を行って「コレ便利」と感じるトコロも多々あります。


っとまあ、書いていてアレコレとまらなくなりそうなのでひとまずコノ辺でやめるコトにしますが、機能面やら使い勝手の面からするとスマホもお勧め出来る内容になってきたなぁ~、って感じなのでありました。

FOMAコネクタ→microUSB変換アダプタ探すの巻

FOMAコネクタとmicroUSBを変換するアダプタの画像

Lynx 3D SH-03Cを購入した際、付属品にFOMAコネクタからmicroUSBに変換するアダプタが入っていたのですが(コレによってFOMAの充電器にてSH-03Cを充電できる)、先日持って出かけた際に紛失・・・orz

FOMAコネクタ→microUSB変換アダプタってソコラ辺で売ってないの?

そんな訳で本日電気屋さんに行ってFOMAコネクタ→microUSB変換アダプタを探した訳ですが、コレがなかなか見つからず・・・。普通の家電量販店では売ってないのでしょうか? なのでドコモショップへ行き画像の通りこの変換アダプタをゲットしてきたのですが、コレ意外と良い値段しまして税込840円なり(‘〇';)

PCのUSBポートへの接続でも充電できるのだけど

さてLynx 3D SH-03Cに限らず、microUSBが充電用のソレになっている機種も多いかと思いますが、したがいましてPCのUSBポートに接続するコトで充電可能な訳なので、わざわざFOMAの充電器からmicroUSBに変換してソレを使う必要もないかな~?っと思ったりしたのですが、PCの電源が入っていないと携帯充電が出来ないのは非常に不便だというコトに気付きました(>▽<;;  ソレとPCにつなぐとPC側でもUSB機器が繋がったよ~!って反応するし、携帯側も反応するしでコレもウザイ! っという訳でこの小さな変換アダプタの有難味を感じているのでありました・・・。

ようやくスマートフォン【Lynx 3D SH-03C】

ドコモのスマートフォンLynx 3D SH-03Cの写真の画像

いや~、長かった。何せ今の携帯使い始めたのが5年と少し前のコト(^^; 少し以前にドコモのグーグル携帯・HT-03Aが出た時はコレ非常に気になっていたのですが、まだ時期じゃないかと見て見ぬフリを決め込んだりして今日に至る訳でして。何というかココ最近ドコモのスマートフォンもラインナップが増えてきたり、ドコモ側のスマートフォンに関連するサービスもHT-03Aが出た時より良い感じになってきたのでコレはいよいよ我慢できないぞっ! っと。。。

っで、当初はGALAXY Sに心惹かれていたのですが、この機種ちょっと前に発売、そしてその直後に激品薄状態みたいだった訳で購入意欲↓↓モードに。そうこうしている間に今度はお財布ケータイとかにも対応(予定)なLynx 3D SH-03Cなんてモノが登場。っで、GALAXY SとLynx、ドチラにしようかと悩みは増え。。。 とは言いつつ、それでもGALAXY Sへの思いは強く、社外のバッテリー環境とかOSが現段階でLynxより新しいヴァージョンだったり、その他色々魅力的だったのですが、当面使うとなるとOSはそのうちLynxもアップデート出来るだろうし、おサイフケータイとか出来たら欲しいし、バッテリーの容量増やしたら本体分厚くなるじゃねーかよコノヤロー! っと一人勝手に熱くなって何時の間にかLynx君に走ってみたのでありました(^^;

まだまだ使い方わからなくてアレなんだけど、グーグル関連のサービス、特にGmailへのアクセスとか、ツイッターとかは、とりたててカスタマイズしてない現状でも凄く良い感じでLynxの(ってかスマートフォンの)購入決めて良かったって感じ。今までケータイは通話とメール程度出来れば良しとしていましたが、環境が変わり少しでも携帯でアレコレ出来ると良いなって感じになってしまったのでLynx君を活用出来ればなと考えておりますです。コレでブログの更新頻度とかも上がったら良いね。うん。。。

ドコモのグーグル携帯・HT-03Aが欲しくなってきた


先日バッテリ交換しにドコモショップへ行った際に、ドコモのグーグル携帯・HT-03Aのパンフレットを貰って来たコトは書きましたが、コレ凄く軽い気持ちで貰って来たのに、今、凄くHT-03Aが欲しくなっております(^^;

ワタシの携帯利用事情みたいなコトを少し書きますと、通話とiモードメールが出来ればOKって感じであります。他のiモード関連のコンテンツとか、テレビだとか、カメラだとか、ゲームだとか、音楽だとか、そう言ったモノは必要ない訳です。こう言った辺りが新しい携帯電話に食指が動かない原因でもあり、また自宅に居る時など、PCがあるので携帯を使ってメール打つのも実は苦手。パソコンだったら数秒で書ける内容を、携帯で打とうとするとエラク時間かかって(^^;

同じGmailアドレスをPCでも携帯でも使えるのが嬉い

で、HT-03Aなんですが、『ケータイするGoogle』と謳われている通り、グーグルがコレまでに展開してきたサービスとの相性が良さ気なのであります。メールを例に挙げると、グーグルにはGmailと言うメールサービスがあるのですが、HT-03Aでもコレを利用可能で、既に持っているGmailアカウントに同期するコトが可能となってます。

コレがどう言うコトかと言うと、HT-03AがあればPCでも携帯でも同じメールアドレス(@docomo.ne.jpでは無い)を使えると言う感じ。PCでは既にメインアドレスをGmailで利用しているし、携帯に来たメールをそのアカウントから返信しちゃうコトとかもあるので、1つのアドレスを携帯でもPCでも利用できるのは非常にありがたいのです。

HT-03Aは通信データ量が多いらしい

あと、HT-03AはFOMAによるパケット通信以外に、WiFiによる無線LANへの接続が可能でなので、自宅に居る時はFOMAじゃなくて自宅のネット回線を利用出来るってのも良い感じ。っと言うのは、HT-03Aってソフトウェアのオンラインアップデートが行われるらしく、しかもソレがバックグラウンドで(?)自動的に行われるようなので、ソレをパケット通信でやるとパケット量がとんでもないコトになる訳で御座います。

自宅では無線LANへの接続でパケ代節約

そこで、Biz・ホーダイ ダブルと言うパケットのダブル定額があるんですが、パケ・ホーダイ ダブルと違って上限額が税込5,985円とチョットお高い。で、FOMAパケット通信のみでHT-03Aを使っちゃうとパケ代が常に上限になりそうな予感。そこで、先ほど書いたように自宅では無線LANをメインに使えばドンナにHT-03Aをネットに繋いでもBiz・ホーダイ ダブルのパケットには加算されないので嬉しいのであります。因みにBiz・ホーダイ ダブルの最低ラインは税込390円なので、上手く使えばココに収めるコトも可能かも???

Biz・ホーダイ ダブルのジレンマ

でもBiz・ホーダイ ダブルの場合、パケット無料分の2か月繰越とか、基本使用料の無料通話分をパケット代に充てるコトが出来ないのは悩みドコロ。と言うのは、今現在無料通話分が余ったりするのでコレが各々使えれば、外出した時に多く利用した月などはコレで多少まかなえるかもしれないけど、使えないとどうしてもFOMA通信のパケ代が気になりがちになりそう(同期をoffにすれば良いんだろうけど)。かといって外出する時は従来利用していた端末を持って行くナンテ方法ではHT-03を買う意味ないし(^^;

自宅のLAN接続時に同期して、外出時は同期offって感じで使えばパケット通信も少なくて済むのかな? でもそうすると外出時にメールの受信がわからないような気が。そこんトコロどうなんだろう?

膨らんだバッテリ君達

膨張した携帯電話のバッテリの写真

先日交換してもらった携帯のバッテリを先程入れ替え。この前と同じで、ワタシのもオヤジ殿の携帯に入っていたバッテリもプックリと膨らんでおりました。なんか、充電しながら使うとバッテリが膨張しやすいとか聞いたので、前回交換後は気を使っていたんだけど・・・

こうなると携帯のバッテリカバーも外しにくくなってしまうんだけど、この症状が出ないように改善するのはそんなに難しい、っと言うかお金かかるのかな?

バッテリ交換のタメに2年振りにドコモショップへ

本日はドコモショップに行きました。実に2年振りに(^^; 行った目的はタイトルの通りバッテリ交換のタメで御座います。ワタシの携帯電話はトッテモ古いモノで、バッテリ交換は2度目となります。幸い、身の回りの人がauを使っている人ばかりなので突っ込まれるコトは無かったのですが、昨年ドコモな友人に会った折、飯を食う時だったかに携帯をポケットから出した瞬間に、

古っ!

っと力強く言われる始末・・・orz っとまぁソンナ感じなので彼曰く『おじいちゃん携帯』とのコト。そんな訳でと言うか、敬老の日も来月に迫っているコトですし、おじいちゃんを労わってやろうとバッテリー交換に行ったのでありました(笑)

バッテリーの交換をお願いしたのは、前回バッテリーの膨張の時に交換をお願いしたのと同じドコモショップ。過去ログを見ていて気付いたのですが、前回の交換時も今の携帯を購入してから既に十分な期間使っていましたから、普通にバッテリー交換してもらえたんですよね。っと今更気付いたのでありました。ハナシがそれましたが、今回も凄く良い感じの対応で、平日なのに店内が賑わっているのも頷けるトコロであります。

今回はオヤジ殿の携帯のバッテリーも一緒に交換のお願いをしたのですが、契約者本人が行かなくても臨機応変に対応して頂けたのは嬉しい限りです。下手したらもう一回足を運ばなければならないかな?っと思っていましたので、1回で済んで良かったなと(^^)

そんな感じでコレからも今の携帯電話を使い続ける気満々なワタシではありますが、しかし、店内で目に入ったグーグルのアンドロイドなヤツのパンフレットを貰ってきたりして(^^; 新しい携帯に興味が無い訳では無いのですが、今のトコロは殆んど常時PCが利用可能なので特に携帯に機能をアップを望んでいないのもまた事実と言うか。そんな感じなので、PCから離れた(=出かけた)時はWebから強制的に遠ざかれると言うのも案外悪く無いと思っているのでありました・・・。

携帯電話関連なエントリ

携帯電話に迷惑メール【東京ライフサポートを名乗る架空請求】

1月末にもドコモドメインのメールアドレスから迷惑メールが来ましたが、先日も受信したのでお知らせ。

受信したメールの内容は以下リンク先のようなモノです。
 ・(株)東京ライフサポート : ネット詐欺の口コミ:架空請求データベース

内容はよくある架空請求ですが、前に来た架空請求もそうなんですけど本文に書かれている会社名で検索すると現実に存在する会社だったり、あるいは請求内容に関連する業務をしている会社が出てきたりして手が込んでると言うかなんと言うか・・・。なので検索するのであれば、迷惑メール固有の情報である相手先の電話番号とか発信元メールアドレスで検索すると良いかも。

迷惑メール関連なエントリ

 ・迷惑メール対策の設定で受信拒否しましょう【ドコモ】

auから出るiidaのArt Editionsな携帯電話「草間彌生モデル」は100万円

au(っと言うかKDDIと沖縄セルラー)から前衛芸術家『草間彌生』さんの作品をモチーフとした携帯電話が発売されるらしく、ソノお値段が何と100万円!(^^;

発売される携帯は、

iidaのArt Editions、草間彌生モデルが7月30日発売 – ケータイ Watch

iidaのArt Editionsの草間彌生モデルな携帯電話の画像 KDDIと沖縄セルラーは、「iida」ブランドの携帯電話のうち、「Art Editions」となる「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」、「私の犬のリンリン」、「宇宙へ行くときのハンドバッグ」の3作品を7月30 日より販売する。いずれも前衛芸術家の草間彌生による作品で、Webサイトや店頭で取り扱われる。

草間彌生は、40年以上にわたり活動している現代美術アーティスト。今回の作品は、覗き穴が付いたドット模様の箱と携帯電話を組み合わせ、草間氏の1965年の作品「Infinity MirrorRoom-‘Phalli’s Field」の世界をボックスサイズに収めた「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」と、2004年のインスタレーション作品に登場する犬のリンリンをモチーフに、リンリンの背中に携帯電話を置ける「私の犬のリンリン」、シルクスクリーン作品「handbag」をモチーフにした「宇宙へ行くときのハンドバッグ」となる。

っと言った感じで3種類となっておりますが、コレらの携帯電話は、

いずれもアート作品として販売され、通信契約なしで本体のみ購入する形になる。携帯電話として利用する場合は、auショップやPiPitでの手続きとが必要になる。新規契約の場合は手数料2835円、機種変更の場合は手数料2100円がかかる。

っと言った感じであくまでもアート作品なのだそうで御座います。しかし上記の通り勿論携帯電話として利用するコトも可能ですが、各諸費用は別途必要となっております。

因みに100万円の価格が付いているのは『ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい』と『私の犬のリンリン』でコチラは各100台の生産。『宇宙へ行くときのハンドバッグ』に関しては価格は10万円で生産台数は1000台となっております。上記リンク先を見るとわかりますが、『宇宙へ行くときのハンドバッグ』以外の2種には携帯電話以外にドット柄のボックス、もしくはソフトバンクを意識しているのかストラップとしては使えませんが犬のオマケが付いてくるようです。但し、オマケ無しのモデルが10万円なので90万円相当のオマケにはなりますが・・・。


≒(ニアイコール)草間彌生~わたし大好き~ [DVD] (NEAR EQUAL KUSAMA YAYOI)

[ネタ元:auのセンスが信じられない話し 『超おむすび』]

迷惑メール対策の設定で受信拒否しましょう【ドコモ】

先日、架空請求メールが届いたコトを書きましたが、よい機会なのでドコモの迷惑メール対策に関する設定方法を少しばかりおさらいしようかと。ちょ~基本的な内容なので、ご存知のカタは華麗にスルーを決め込んで頂きたく思います。またココではドコモの例のみの紹介となりますので、auないしソフトバンクをご利用のカタはページ下部にあるリンクから各社の迷惑メール対策関連ページをご利用下さいませ。

架空請求メール発信元アドレスを拒否する【ドコモ】

そんな訳で、PCを利用して届いた架空請求な迷惑メールの発信アドレスからのメールを受信拒否する方法。携帯から設定する場合の手順は下の方に書いてあります。

マイドコモのトップページの画像

まずはMy docomoにアクセスしてログインします。

マイドコモのログイン画面

ログインに必要なIDとパスワードを入力してログインします。

iモード設定画面へ進むリンクの位置を示す画像
※クリック拡大

ログインしたら上記画像の位置にある「iモードの設定・確認」と言う項目をクリックします。

メールの各種設定画面へ進むリンクを示す画像

開いたページの「メール設定」の欄にある「各種設定・確認」と言うリンクをクリックします。

迷惑メール対策の受信と拒否設定画面へ進むリンクを示す画像
※クリック拡大

開いたページの「迷惑メール対策」欄にある「受信/拒否設定」の設定画面に進みます。

メール受信拒否アドレス記入欄を示す画像

開いたページの「拒否したいアドレス」の欄に、受信したくない・迷惑メールを送ってきた等のアドレスを記入します。因みに、画像の記入例はアスタリスク(*)が含まれていますが、ドコモの本設定においてはワイルドカードは使用できません

先日のエントリからリンクした架空請求データベースをご覧頂いたカタは気付かれたかと思いますが、あの手のメールを送ってくるカタ達はアドレスの先頭や末尾の数字を変えただけの、しかし複数のアドレスから送信しているコトが多いので、上記設定でワイルドカードを使えるとありがたいのになと思います。

ワイルドカード

ワイルドカードというのは、任意の文字列(=あらゆる、もしくは全ての、と言ったイメージ)を指定する際に使用する特殊文字のコトです。

例えば、「*」は任意の文字列として使えるので、aaa.1@aaa.ne.jp と aaa.22@aaa.ne.jp と言う2つのアドレスを指定する際にワイルドカードを使うと、aaa.*@aaa.ne.jp っとするだけで良い訳です。

そんな訳で、拒否アドレスの指定にワイルドカードを使えれば、同じ業者からの迷惑メールやら架空請求を受け取る確率をグッと減らせるように思うのだけど・・・・・。

携帯から設定する場合

上記の拒否設定をPCではなく、携帯電話から行なう場合の手順は、

■iMENU → お客様サポート → 各種設定(確認・変更・利用) → 詳細な設定(メール設定)→
 → 迷惑メール対策 → iモードパスワード入力 →
 → 受信/拒否設定(設定を選択して次へをクリック) →
 → ステップ5・アドレス拒否設定(入力欄に拒否したいアドレスを記入)

以上で、上記PCからの拒否設定と同じコトが操作可能です。また、受信/拒否設定画面(ステップ5)ではステップ1~4において、他の迷惑メール対策を講じるコトも出来ますので、本設定画面を見たコトの無いカタ(っで迷惑メールに困っているカタ)は一度ご覧になって設定してみると良いかと思います。

ステップ2にてPCからのメールを受信しないようにするのも良いかと(ただ、今現在PCからの迷惑メールが多いのかチョットわかりませんが)。その際、PCからのメール受信がひつようであれば、ステップ4で受信したい発信元アドレスを登録するコトで、PCからのメールも個別に受信を許可するコトが可能です。

ドメイン拒否

ドメイン拒否についてはdocomoの受信・拒否設定のページをご覧下さい。

ドコモの簡単メール設定

ドコモの迷惑メール対策機能としては上記以外にも簡単メール設定と言うモノがあり、

簡単メール設定画面へ進むリンクを示す画像

マイドコモにログイン → iモードの設定・確認 にて表示される画面にある、上記「メール設定」の項目にある、「簡単メール設定」をクリックすると、

簡単メール設定の機能選択画面

ご覧のように3種類のメニューが用意されており、コレを任意で選択するだけでもある程度の迷惑メール対策が可能です(詳細)。

迷惑メール業者はアナタのメールアドレスを知らなかった可能性もある

架空請求を含む迷惑メールと言うのは、必ずしもアナタのメールアドレスを知っていて送ってくる場合だけでなく、業者が「コンナ感じのメアドありそうじゃね?」って思うアドレスに片っ端から膨大な量の迷惑メールを送ったものがタマタマ辿り着いているコトもある訳で、ソレによって迷惑メールやら架空請求業者は「活きている」メールアドレスを知り得ていたりするコトがあるみたいです。

迷惑メールが届いたコト自体、極論すると好ましくない

ココで、でも返信とかしなければ利用されているアドレスだとわからないのでは? っと思われるカタがいらっしゃるカモしれません。架空請求などへの対処として「返信などしない」っは正しいのかもしれませんが、アナタのアドレスからの反応が何も無かったからと言って迷惑メール業者が使えないアドレス(存在しないアドレス)と捉えるかと言うと、そうでもなかったりします。っと言うのは、アナタが迷惑メールを受信したと言うコトは、アナタのメールアドレスに送ったメールがエラーにならなかった訳で、ソレ即ち活きているメールアドレスと言うコトになります(メアドを間違えたりして、送信出来なかったり、エラーメッセージのメールが届いた経験がないでしょうか?)。

そんな訳で、受信してしまったモノは仕方がないのだけど、上記した内容やら、迷惑メール業者が一部の数字だけを変えてたりするコトを考えると、届いた迷惑メールの送信元アドレスその物だけでなく、送信に使われそうな(あるいは使われている)その他のアドレスもある程度まとめて拒否できるようにワイルドカードが使えたら良いなと思う訳でございます。

この手の迷惑メールは夜中寝ている最中に届いたり、はたまた朝目覚めた直後に見たりすると嫌なモノですから一通たりとも届かないで欲しいトコロでありますです。

auとソフトバンクの迷惑メール対策

迷惑メールでお困りの方へ | メール・コミュニケーション | au by KDDI
迷惑メール対策をしよう|SoftBank

久々に架空請求来た【携帯迷惑メール】

久々に架空請求な迷惑メールがきました。しかも送信元のアドレスが携帯(笑)。 

送られてきた内容としては、オイラの携帯から有料サイトに登録し、無料期間が過ぎたけど退会処理とかしてないから、登録料金が未納になってますよと。そんでもって、放っておくとサイト運営会社が民事訴訟を起こす可能性があって、連絡くれれば和解の手続きを行えるので急いで電話よこしなさいみたいな・・・・・。で、最後にお約束で、コレが最後のご連絡ですナチャラカンチャラ。連絡くれないと法的手段とっちゃうぞ!

っとコンナ感じ。文面は若干違うけど、送信元とか名乗ってる会社名とかはコレとほとんど同じモノ(送信元アドレスはdokomoでなくキチンdocomoだった)。docomoドメインからの架空請求は他にも色々なバリエーションがあるらしく、最近の情報はコチラなど。

慌てて記載された電話番号に連絡したり、またはメールに返信したりしないよう、皆様もお気を付け下さいませ。

関連関連ぽいエントリ

迷惑メール対策の設定で受信拒否しましょう【ドコモ】
見知らぬメール

脱メタボ・・・【バッテリ膨張解決】

そんな訳で携帯電話のバッテリ君が肥満気味となって困っておったコトを先日お伝えしましたが、その後彼のコトを思いまして、「明日正午までオウチの前をひたすら走っておれっ!」っと心を鬼にして命じたところ、コレがまたバッテリ君てば非常に聞き訳が良いヤツであり、夜通し懸命に走り続けたようであります。

その甲斐あって、

新品の携帯電話バッテリーの写真
一晩で新品の如くスリムな姿に(笑)
膨張したドコモの携帯電話バッテリーの写真
昨晩の姿

いえ、皆さん既に御存知かと思いますが、新品のバッテリーに交換して頂きました、ハイ・・・

携帯電話のバッテリー膨張は意外とメジャーらしい

さてさて、実は先日夜なべをして手袋を編んでいた訳ではなく、同じような事例がないかと調べたトコロ、今回のようなバッテリーの膨張は意外とメジャーな話題なようでありました(”FOMA12機種で電池パック膨張”辺りで調べると出てくる出てくる)。が、話題になったのが少し前のコトだったようでユーザーの受けた対応がマチマチ。

先に挙げた見出しのニュース記事なんかも当時はあったようですが、それも今は削除されているのでイマイチ対応がどうなっているのかがわからない・・・。なかでも気になったのが「バッテリの使用年数が1年以上なので有償交換だった」と言った対応を受けたカタの存在。う~ん・・・・・

ドコモショップのバッテリー膨張への対応は・・・

で、朝イチでドコモショップへ。
店内に入り「本日はどのような・・・」の問いに、相手が言い終わる間も無く「バッテリが・・・」っと返したトコロ、相手もオイラが言い終わる前に「バッテリの膨張ですねコチラへどうぞ」と実にアッサリとした対応。ムム、敵ながらあっぱれじゃ・・・

そんで窓口の担当のカタに端末を渡して2、3分待ったところで、あっけなく新品バッテリのお出まし。っと、なんともあっけなく終了でありました。

交換して頂いた訳ではありますが、「不具合では無いのですが、1回に限り無償で交換しております」、続けて「交換したモノも今まで使用していたモノと同じモノですから、再度このようなコトが起こる場合があります」。さらに「その場合、次回は無償交換となりません」とかそんな感じの説明をして頂きました。まぁ、何と言うか不具合で無いモノを無償で交換してくれるとは太っ腹でありますねな感じなのですが、出来るコトなら成長しないバッテリを作って頂けた方が嬉しいなと思いますです。

春に向けて太り気味【携帯電話のバッテリーが】

何時も身近に居るヤツが最近太り始めました。誰かって言うとコチラのドコモな携帯電話クン↓

バッテリー部分が膨張している携帯電話の写真

写真で言うと左半分の部分がウネッとしているのがわかるでしょうか? この部分バッテリーのカバーなのですが、何やらぷっくりと膨らんできております。

膨張した携帯電話のバッテリーの写真

で、その下に隠れるバッテリー君がこれまたマルッとエアロフォルムに進化? ってか膨張してまんがな!

このバッテリーがどの程度膨張しているのかと言うと、

バッテリーが膨張してカバーが膨らんでいる写真
携帯電話に収め、バッテリーカバーが付いた状態でコンナ感じ。
バッテリーの膨張度合を示す写真
バッテリー単体だとコンナ感じ。

コレは交換してくれたりするのかしら?
いや、買ってでも換えるべきでしょうね・・・
早速ドコモショップに行ってみよう。

続きはコチラ

懐かしの?(正体わかる編)

そんな訳で、先日のエントリで出した質問の答え。

携帯電話用のシールアンテナの写真

コレのパッケージがコレになります↓

携帯電話用のシールアンテナのパッケージの写真

ってな訳で、正解は携帯電話用のシールアンテナでありました。

携帯電話用のシールアンテナの説明図の写真

因みに初めの写真で同じモノが2枚ありますが、これは上図のように自動車や建物の窓ガラスを挟むようにして貼り付けて使用し、そうする事で電波の伝導を良くしようと言う能書きであるタメであります(利くのか知らんですけど)。

オイラはドコモしか使ったコトが無いので他のキャリアについては良く解らないのですが、ドコモで800MHzを使用してるムーバシリーズの場合、少なくともオイラがフォーマに乗り換えた2005年時点において、通話が途切れたり、雑音が酷かったりと言った事は保々皆無でありました。トコロが800MHzなムーバでも普及し始めた90年代半ばの時点では雑音等が意識出来る程度に感じられましたので、コノ手の商品が登場したのかと思います。


今現在オイラはフォーマの901i(確か2GHz)を使用しておりますので、「コンナのあったな」的に保存しておこうかと思ったら、フォーマでも901is以降は800MHz帯も併用しているっぽいですね。ってな訳で、コレはつかえるのかしら? と思った次第(^^;

一時期(と今でも一部)、自動車電話用のドコモアンテナなんてのが流行った事もありましたから、コレもドレスアップアイテムとして貼り付けてみるのも面白いかな・・・?

懐かしの?

年末の部屋掃除にて、アレが出てきたコレが出てきたと騒いでおりますが、その中でチョイと時代を感じるアイテムがありましたので紹介してみようと思います。ソレがコチラ↓

懐かしの商品の写真

かれこれ10~12年位前に売っていたモノですが、コレ何だか御存知でしょうか? ヒントは1990年代の半ば辺りから急速に普及した、あるモノの主機能を助けるタメのお手軽商品です。

正解は明日正午公開のエントリにて(尚、正解しても特に何もありません(^^; )。