ランディ・パウシュ「最後の講義」に泣いた【追記】

スポンサード リンク



ランディ・パウシュという人物を知ったのは先日のコト。それまでこの人のコトは全く知らなかったのですが、”ランディ・パウシュ「最後の講義」”というタイトルの動画を紹介しているコチラのエントリをたまたま拝見し、氏と動画の存在を知りました。

冒頭から少しした辺りの、

「だから現実の受け止め方を変えるのです
配られたカードで手を考えるしかありません」

「しかし僕は現実を否定している訳じゃない」

それ以外にも心に刺さるようなコトバや考え方が多々出てきますが、ワタシ自身そうありたいなと思っているコトがあったり、その方がもっといいなと思うコトがあったり、また正直言って勇気づけられるトコロもあった・・・・・。

残された時間の中、必死にメッセージを伝えようとする氏の話には心打たれるモノがあります。なのに悲壮感など感じさせないその振る舞い・・・。動画は1~9まで別れていてちょっと長めですが、字幕も入っていますし、話し方の巧さもあってあっという間に見終わるかと思います。下記以外の動画は、下の画面をクリックするとユーチューブに飛ぶので、関連動画から辿れます(もしくは検索で探してみて下さいませ)。

コチラにアクセスして頂くと全てが見やすいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">