知識は多い方が良い?【怪我とか医療とか】

スポンサード リンク



天気予報通り今日は朝起きたら雪が積もっていた。家の屋根等には結構な量が積もっているけど道路の方は心配した程多くなく、夜には大分無くなったようで一安心。雪国と違って冬の前に車高上げたりする訳でもないから、積もってしまうと動けないんです。

怪我した指

話は変わって以前負傷した指。大分良くなったとは言えまだ完治せず、第二間接に腫れが残っていて曲げると結構痛い。やった後、一応曲げたりは出来たので単に腫れているだけだろうと思って病院には行かなかったのですが、この程度でこんなにも治りが悪いものなのか? 過去に同じような事があった時にはもっと早く直った気もするけど、ここ3~4年位は切り傷程度しかしてないので妙に長く感じる。初めの時点で「腫れてるだけだから湿布貼っとけばOK」と考えたのが不味かったのか?
はたまたこれが、

老化!
と言うものなのであろうか?いやいやまだそんな事を言う年齢では無い。とりあえず月曜日まで様子を見てみるか。でもこれから病院に行くとして、2週間前にやった怪我の初診てのも気が引ける。

医療関係番組に思う

ところで最近医療関係の番組が結構あります。内容が健康増進の方法だとか知識を紹介しているものは良いのですが、この病気はこんな怖い病気になっちゃうんですよ~! って紹介しているのは見ていて余計な心配が増えるからなるべく見ないようにしている。知っていれば気を付けることが出来るので良い気もするが、逆にその症状ってどの位の確立でなっちゃうの?と疑問に思ったりもする。発生確率が稀であるのなら、それを見ることによって単に心配事を増やしているに過ぎないように感じる。

「見ているだけではそんなこと思わない」って人も居るでしょうけど、例えば癌の検査。これ受けてから結果がでるまでの間って結構なストレスが掛かるらしい。癌の疑いのない人がわざわざ検査受けてストレスで健康状態を悪化させることもあるとか。これも確立の事言っちゃえば少ないのかもしれませんが、人間ちょっとの事が体に影響しちゃうらしいです。であれば、なる確立の低い病気の知識を得て心配事増やすよりも、他の番組見て笑ったりしてる方がよっぽど健康のためには良い気がするのは私だけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">