風呂場のドアノブとか閉じ込められた時のお話

スポンサード リンク



数か月前のある朝、私は風呂場に閉じ込められた。それは出かける前に風呂に入っており、さあ出ようという段になりドアノブを回すも、ヤツは空しく空回りをするだけでその役割を果たそうとしない・・・

仕方なく一階にある風呂場から二階に居るであろう家族に助けを求める。しかし風呂場のドア、その外にある脱衣所のドアに阻まれ、ワタシの必死の叫びはおろか、ドアをバシバシ叩く音もナカナカ家族のもとには届かない。コレには家族が家の中に居ると分かっていても、少々焦りを覚えた。

古いドアのノブ回り部品

冒頭の「nobu風呂場閉じ込められて大慌て」の時には、若干の手直しでサボっていたドアノブがやる気を取り戻したのでそのまま使用するコトにした。そして最近再びドアノブは働くのをお辞めになった。

ではドアノブを交換すれば良いじゃないかと思われるであろうが、ソコに一抹の不安があったりもして、上記の際には修理したのだ。その不安てのは、かれこれ築25年前後経っている家なので、今更ドアノブ部分だけ部品が出るのかと言うコト。もしかしたらドアごと交換しなきゃならんと言う事態になるのではないかと、それが怖かったのだ(^ ^:

しかし、今回は流石に修理も不可能となり、どうにかせにゃならんと言うコトになったので、近くのホームセンターにドアノブ一式を持って行き、ソレを預けてメーカーに同じモノがあるのかを問い合わせてもらうコトにした。

そしたらあっけなく同じのがあった。あぁ、初めの時に聞いてみるんだった・・・orz

そんな訳で風呂場のドアノブを交換

新品のドアノブ(空錠)

そんな訳で無事対面となった新品のドアノブ一式。箱を見ると「空錠」と書いてあるが、ソレが正式なお名前なのだろうか?

因みにドアのメーカーは不二サッシなのだけど、ドアノブは美和ロックと言う会社の製品で、出荷ラベルをみると不二サッシ経由でやってきたみたい。遠路はるばるお疲れ様。この古いドアの新品部品を今更拝めるとは思いもしなかったので、ちょっと嬉しい気分。

何より古いドアのこういった細かな部品を供給してくれているのは非常にありがたいし、メーカーの良識を感じる。特に家なんかの場合は毎日のコトだし、また長く使うコトになるので、今後こう言った部分の商品を選ぶ際に、同社のモノを選びたい理由となる。

風呂場に閉じ込められるコトへの対策

ワタシも風呂場に閉じ込められてしまうまで考えなかったけど、これはよくよく考えると怖い。例えば我が家の場合、件のドアノブは風呂場側からしか分解出来ない構造であった。幸い我が家の風呂は外壁に面したトコロに窓があるので、ソコから工具を渡してもらって事無きを得たが、これがユニットバスだったりして窓一つなかったら、ドアをぶっ壊さないとならない。また一人暮らしでこの状況を考えると少々ゾッとしたりもする。

一人暮らしの場合でも、窓があればソコから叫び声が近隣に届くかもしれないが、ユニットバスだったらどうだろう? 騒いでいるのはわかるけど、風呂に閉じ込められていると気付いてもらうのに時間を要しそうな気がする。

そんな訳で、風呂場の内側からドアノブを分解する、またはドアを外せるような方策を考えておいて損は無いかもしれない。冒頭でも書いたけど、家の中に人が居ると分かっていても、結構焦るので・・・・。一人の時には正直体験したくないなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">