大多喜の小江戸と、とんかつ亭 有家

スポンサード リンク



千葉県大多喜にあるとんかつ屋さん有家の駐車場に停めたロドスタの写真先週日曜日のロドスタの集まりてにお昼ご飯を食べたのが、千葉県は大多喜にある「とんかつ亭 有家(ありか)」さん。

写真は有家さんの店舗前にある駐車場から道を挟んだ向かいにある蔵造りの古民家を撮影したモノですが、大滝城の眼下に拡がる町は「房総の小江戸」と謳われる通りのまちづくりが進められておりナカナカ良い感じの雰囲気となっております。

そんな大多喜でとんかつ屋さんを営むご主人さんが色々とお話を聞かせて下さったのですが、特に印象的だったのが昭和45年の集中豪雨(参照)による災害のコトで、有家さんのある辺りは地形的に低く、周囲に降った雨が流れ込んできて1階が水に沈む程の被害に合われたのだとか。また店の目の前には川が流れており、その堤防が決壊しそうだった時に対処された内容など、鳥肌モノでありました。

食事が終わった後、ご主人に教えて頂いて行ってみたのが、店に程近い「商い資料館」。見学は無料ですので有家さんに行った際にはついでにどうぞ(^^)(その他、大滝町の観光ガイド)。

有家さんのとんかつは種類が豊富

さて、有家さんのとんかつですが、メニューは大名(ヒレ)、家老(ロース)、旗本(肩ロース)と言う感じのモノに、それぞれ肉の大きさ別に松竹梅がありましたので、今回は家老(ロース)の梅(100g)を頼んでみましたが、1,050円と言う価格を考えるとナカナカのボリューム。肉はシッカリとした厚みがありながらも柔らかく、脂の部分もしつこく無くて美味しゅうございました(^^)

また上記メニュー以外にも、カリフォルニア(アーモンド)とか博多(明太子+のり)とか津軽(りんご)等々、変わった名前のとんかつが多数あり、ソレにも興味惹かれるトコロです。

3種類のソースを用意

豚カツにかけるソースはやさい、ごま、たまねぎと3種類あり、やさいとごまを試してみましたが、ドチラもチェーン系のとんかつ屋にあるようなソースと違って、甘さはかなり抑え目。っと言うか甘くないので、少な目の方が美味しく頂けるかも。他、漬物や味噌汁がセットになっていますが、コチラもナカカナ美味しく、漬物は自家製なのかな?って感じのシッカリしたモノでありました。

有家さんを紹介しているブログ

生憎、とんかつの写真やらお店の写真を撮って来ませんでしたので、その辺りやらその他メニューなどにつきましては、下記ブログさんにて紹介されておりますのでご参考に。
 ・とんかつ亭有家 大多喜:バテバテなんちゃってグルメブログ
 ・とんかつ亭・有家@大多喜 – 楽しい南の島 -

う~ん、たまねぎソースも試せば良かったかな(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">