蕎麦スパゲティ・白ゴマバージョン

スポンサード リンク



落合務さんのレシピであるそばスパゲティの画像

落合 務シェフの蕎麦スパゲティの白ゴマバージョンであります。っと言うか、本来のレシピでは白ゴマ使っておりましたので、コレが本当の姿に近いカタチな訳ですが・・・。やっぱり白ゴマの方が見た感じ綺麗だなぁ~、っと思います(更に海苔を加えるが正しいレシピ)。

さてこの蕎麦スパゲティなんですけど、3ヶ月ほど前に始めて作って以来、既に5回以上作って食べております。本当に作るのが簡単なので、何かスパゲティ食べたいなと思った時にコレにしちゃう確率が高いと言うか、お気に入りになってしまいました。何と言っても、お湯を沸かし始めてから完成まで15分程度で出来上がってしまう簡単さは、時間が無い時にはトッテモ嬉しいし、その上で結構美味しいのだからコレを作るコトが多くなるのも当然と言うか(^^;

またオリジナルレシピではなく、何時もやるように初めにニンニクをオリーブオイルで煮出し、香りを出してたモノを使ったりしてみたりもしましたが、ソレはソレでまた美味しかったり。

「蕎麦スパゲティ・白ゴマバージョン」への4件のフィードバック

  1. スパゲティのバリエーションに悩む今日この頃・・・
    今年はこの【蕎麦スパ】チャレンジしたいと思います!!

    ゴマが体に良さそう~~~♪
    やっぱオリーブオイルの方が美味しいんでしょうか?
    家には改めて買わないとサラダ油しかないんですよね~~汗

    こちらでの食べ物ネタに喰らい付く私ですが(苦笑)
    よくネギが登場しますが、私はネギOKなんですが、相棒が・・・苦笑
    ネギの代わりにこれでも美味しく出来そうって、あります?
    大葉とか、やっぱ薬味的役割の食材が合うのかな~~?

  2. ■ 音子さん

    簡単に出来ますので是非お試し下さいませ。
    一応、落合さんのオリジナルレシピはコチラになります。

    オリーブオイルはあれば使った方がソレっぽくなるように感じます。
    身近なスーパーですと「ピュア」と「エクストラバージン」と言ったタイプが手に入りますが、
    簡単な使い分けとして安価な「ピュア」は加熱する時に使用し、
    若干値の張る「エクストラバージン」はオリーブオイルの香りを活かしたい時に使います。

    オリーブオイルは加熱によって香りが飛んでしまうので、調理時に加熱工程がある時はビュアを
    使うと言った感じにすると良いかと思います。ただ、エクストラはそのままだと香りが強過ぎ
    好みに合わないと感じる場合がありますので、そのような時は加熱して香りを弱めたり
    ピュアを使うようにしています。

    香りが無くても良いならサラダ油でもOKなのですが、使用量など考えるとオリーブオイルの
    方が健康面では良いかなと思っている面もあります。

    ネギのコトは知りませんでした(^^; 全く駄目なんでしたっけ?
    ネギの辛味が無いと、ちょっとしつこく感じちゃうかなと言う気がしますので、
    薬味的役割であるとは思います(なので沢山食べなければ無くてもOKな気も)。
    何が合うのかは試してみないとわからないですが、大葉も試してみるの面白そうなので
    今度使ってみようかなと思います。

  3. なるほど~
    やっぱオリーブオイルは香りもいいんですね。
    情報ありがとうございました。
    さしあたって【ピュア】の方を購入してみよう!!うん。
    それより誰か小豆島へ旅行に行って、土産でオリーブオイルくれないかな~
    (セコイ考えっす・・・笑)

    こちらでの「作ってみた」シリーズ(勝手にシリーズ化してます笑)
    拝見するたびに感心している私。
    ぜひ出張シェフを要請したいものですな~~笑

  4. ■ 音子さん

    小豆島ってオリーブの産地なのですね。知りませんでした(^^; そう言うトコロで作られたオリーブオイルは是非とも使ってみたいですね。ワタシもお土産に頂きたいです(笑)

    >出張シェフ
    は、ネギたっぷりで容赦致しません!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">