ノンアルコールビールなキリンのフリーを飲んでみた

スポンサード リンク



ノンアルコールビールなキリンフリーの画像

瑛太さんや伊達 公子さんが飲んでるキリンのフリーが気になったので早速飲んでみました。このキリンのキリン・フリーはノンアルコールなビールなのですが、以前のノンアルコールビールはやはり若干ビールとは違うような~、っと言った感が強かったので、その辺りフリーはどうなのかと気になるトコロで御座います。

キリンのフリーはアルコール分0.00%なので運転もOK

ノンアルコールビールなキリンフリーはアルコール分0パーセントの画像

CMでも言っていますがキリンのフリーはアルコール分が0.00%と言うコトで、パッケージにもソレとわかる表示が目立つ部分に取り入れられています。従来のノンアルコールビールは、それでもコンマ数パーセント程度アルコールが含まれていたので、キリンのフリーがアルコール分0.00%とアピールするのも納得と言ったトコロでしょうか・・・

キリンフリーのアルコール分表示の画像

裏面のアルコール分表記もキチンと0.00%になっております。そんな訳でキリンのフリーは

KIRIN_キリンフリー_Q&A

Q1 キリンフリーを飲んだ後に運転して大丈夫ですか?

A アルコール0.00%の炭酸飲料ですので、問題ありません。
  また、警視庁科学警察研究所の論文を参考に、運転シミュレーターでの実験を行い、運動能力に影響が無いことを確認しております。

っと言った感じになっておりますので、飲んだ後に自動車を運転しても問題無いようです。まぁ、アルコール分が0.00%なノンアルコールな炭酸飲料ですから当然と言えば当然ではありますが、ちょっと気になる部分でもあるので、コレを見ると安心安心(笑)。

ノンアルコールビールなキリンフリーの原材料表示の画像

因みにフリーは原材料に麦芽やホップなど、ビールのソレと同じモノが含まれていますが、製造工程で酵母を使用せず発酵させない新製法を用いるコトによってアルコールが生成されず、アルコール分0.00%を実現出来たようでです。

ノンアルコールビールなキリンフリーの栄養成分料表示の画像

キリン・フリーの栄養成分はコンナ感じになっております。手元にあった発泡酒2~3種との比較でしかありませんが、フリーはアルコール分が無いせいか発泡酒と比べてカロリーが低くなっております。そのかわり、若干糖質が多目と言った感じでしょうか。他、ナトリウムについては発泡酒は概ね0、もしくは一部フリーと同程度。食物繊維については発泡酒が概ね0~0.1gに対してフリーは1.2gとなっております。

キリン・フリーのインプレ

さてビール好きにとって気になるが実際に飲んでみた時の印象だとか、フリーがビールの代わりになり得るのかと言った点についてかと思います。この点について、まず結論から言ってしまうと個人的にはアリだと思います。瑛太さんの真似する訳じゃないけども(笑)

グラスに注いだ感じはビールそのモノ

写真が無くてアレですが、まずフリーをグラスに注いでみますと、その印象は全くもって普通のビールと言った印象であります。この点については従来のノンアルコールビールもそうであったように思いますので、後発となるフリーもここは譲れないトコロでありましょうか。ビールはその味もさるコトながら、グラスに注いだ際のきめ細かな泡立ちやら、ソレによる口当たり・舌ざわり・喉越し、っと言った辺りもポイントになるかと思いますので、コレはやはり嬉しいトコロです。

一口目の印象はビールではない・・・

グラスに注いだトコロで香りをかいでみると、ビールのような、でも何か違うような印象です。そして一口飲んでみますと第一印象は、あぁノンアルコールビールだよね、っと言った印象を覚えます。

飲んでるとビールっぽさを感じるフリー

第一印象はガッカリ感のあったフリーですが、しかし飲み進めて行くとビールと言われればビールのような印象は確かに結構あるように感じて来ます。何と言うか、日本のメジャーブランドのビール比較してしまうと違うという印象になるのですが、メジャーブランドから離れたトコロにある、例えば地ビールだとか外国産ビール辺りを思い浮かべてみると、こう言った感じのビールがありそうと言えばよいのでしょうか・・・・

若干の甘味とフルティーな香り

フリーに魅力を感じたのが、果実を感じさせる若干の甘味とフルーティーな香り。香りについては直接香りをかいだ時の印象と言うより、飲んだ後に鼻に抜ける際のソレになりますが、ソレが意外と悪くない印象(一口目は違和感ありましたが)。正しい例えかは自信がありませんが、何処となくマスカットのような印象でしょうか。

そう言った辺りが、上記した国産のメジャーブランドと比較するとフリーはビールで無いと言う印象となる一方で、でもこう言ったビールも世の中にはありそうだよねと感じさせる部分であります。また適度な苦みや、口や鼻に残る味わいや香りと言った面でもソレは上記と同様で、その意味でもビール感はあると(オイラは)感じます。

口当たりの軽い、爽やかなビール

フリーはアルコールが含まれないコトもあり、総じて口当たりに軽さを感じる部分があるのですが、これビール風なモノとしてはデメリットになりがちな部分と思うのですが、甘味を感じさせるトコロや香りの印象やら上記したコトなんかが合わさって、口当たりの軽い爽やかなビールとして捉えるとナカナカ良い感じとすら思えてきます。

酔わないのが不思議になってくる

そんな訳でと言うか、飲んでいる最中、ある種ビールを飲んでいる時のような満足感を得ていたのですが、しかしそうなると飲んでいて体にアルコールの影響が出ない事が非常に不思議な感覚です。何と言いましょうか、ビールを飲んでいる雰囲気に酔いつつ、でも体は酔っぱらっていないとでも言ったら良いのでしょうか(^ ^;  繰り返しになりますがコレとっても不思議。

フリーはビールの代わりになるのか?

さて、インプレの冒頭にてフリーは個人的にアリだと思うと書いた訳ですが、結局のトコロこれは普段飲んでいるビールの銘柄やら個人的な好みによるトコロが大きいように感じます。普段ビールを飲んでいる人が発泡酒を飲んだ時のように、あるいは普段国産ビールを飲んでいる人が外国産の個性あるビールを飲んだ時のように、そのいずれにおいても感じる違和感の類としてソレを捕らえるコトが出来れば、キリンのフリーは十分に受け入れられる「ビール」であると思います。

個人的にはお酒を控えたい時でなくてもフリーを選ぶ時があるかなと、そんな印象でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">