目玉焼きに水はいらない!

スポンサード リンク



ワタシは目玉焼きに対して思っているコトがある。ソレに関して許せないとは言わない。何故なら、そんなコトを言うととても小さな人間に思えるし、また思われるから・・・

しかし、いや、でも許せない。小さい人間て思われたって構うもんか!(開き直りモード)

水を入れて焼くと、目玉焼きの周りに・・・

常々思うコトがある。フライパンで目玉焼きを作る際に入れる水。アレは不要なのではないかと。いやムシロ入れてくれるなとさえ思う。

何故なら、出来上がった目玉焼きの周囲にはパリッとと言うか、ガサッとと言うか、そんな感じの薄ぅ~い何かがオマケで付いて来てしまうから。オイラはコレが許せないのだ。例え身長が低くなろうとも(勘違いも甚だしい)。

大体アレが付いてくると、ツルッとした白身の食感を損なうばかりか、目玉焼き自体の見た目もね・・・

美味しい目玉焼きの作り方のコツ

っと言う訳で、本日はちょっと手間をかけて、目玉焼きを美味しく食べましょうと言うおハナシ。まずは美味しい作り方のコツと言うかポイントについて。

目玉焼きをフライパンで作る際に、水を入れて蒸し焼きにする方法は確かにある訳なのですが、出来上がった目玉焼きの廻りに例のヤツが出来る他にも、美味しい目玉焼きを作る上では何かと不都合があるらしいのであります。

その理由については、
ぷちぐる・目玉焼きの作り方
の、ページ下の方を参照のコト。

要点としては、
・卵白は水に溶けやすいので、水を入れると水っぽくなるので入れない。
・タマゴのたんぱく質は熱に敏感なので、急激に加熱すると荒い食感に、反対に緩やかに加熱すると滑らかな食感になるので、弱火でジックリ調理する。

っと言った感じ。ポイントがわかったので、早速目玉焼きを作ってみるコトにします。

目玉焼きを美味しく作るにはジッと待つ

で、上記ページの注意書きをモトに、弱火でジックリ待ちつつ目玉焼きを作ってみるコトに。

ジックリと弱火で焼き上げた目玉焼きの写真

まずペーコンをフライパンに敷き詰め、最弱火で火を通してカリカリペーコンな方向へ。ですが、シッカリとカリカリになるかなり前の、何となく火が通ったかな?って頃に、ベーコンの上にタマゴを割る。

こうしてフライパンとタマゴの間に、ワンベーコン(クッション)置くコトで、タマゴへの熱の伝わりが和らぐかなと・・・

で、後は蓋して10分位放置(コンロの熱量によりけり)。今回は途中7分過ぎ辺りでフライパンが熱くなり、ジュウジュウと音を立て始めたので音が止むまで消火し、その後再び点火。

で、出来上がった目玉焼きが↑の写真。見た瞬間火が通ってないなか?って感じの色合いだったけども、フォークでツンツンとしてみたら十分に固まっていたので、コレで完成。

出来上がった目玉焼きは?

とりあえず出来上がった目玉焼きを、早速パクリと一口。確かに滑らか! 今回古めのタマゴ使ったけども、それでも何時もより良い感じになってる(^^)

また、黄身の方もコンナ感じで↓

今回作った目玉焼きの黄身部分の断面写真

シッカリ固まっているモノの、シットリ感が残っており口当たり良し!

朝は時間が無いのでレンジでチン!
ってのは、目玉焼き君にありがちな光景ですが、弱火で保々放って置けば良いので、その間にパン焼いたり、サラダ作ったりも出来るので、普段レンジ調理なカタにとっては洗い物が増えますが、それ以外には時間的なロスは結構少ないし、また日頃フライパンで作っているのであれば、時間さえ守ればその間フライパンから離れられるので、目玉焼きも美味しくなって一石二鳥! 是非お試しアレ。

目玉焼きな色々

最後はその他、目玉焼きについて色々なページをご紹介。目玉焼きを極めたいカタや、目玉焼きに目が無いカタは是非どうぞ!

目玉焼きについて知識を深めたいカタは、
全日本目玉焼き学会
ウィキペディア・目玉焼き

目玉焼きに新しい味を求めるカタは、
目玉焼き専用ドレッシング!たまらんday

目玉焼きでお腹一杯になりたいカタは、
DASH村に憧れ・直径40cmの目玉焼き 作ろう
日常の出来事をサラッと書いてあるけど、そこがまたシュールと言うか、ビックリと言うかな感もあり。

電気調理を使いたいけど、電子レンジが無いと言うカタには、
思考と習作・Macbookで目玉焼き
小粒.NET・CPUで目玉焼き

目玉焼きとの生活に刺激の欲しいカタは、
杉原先生の理科室・ビックリ目玉焼き
コロコロザイーガ学園・【お料理】つくろうつくろう、緑色の目玉焼き

目玉焼きに人生託してみたいカタは、
目玉焼き占い

がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">