カテゴリー別アーカイブ: 食いしん坊

鰤の照焼きなスパゲティ

鰤の照焼きなスパゲティの画像

鰤の照焼きがあったので、コレを使った再利用なスパゲティなど。

鰤の照焼きなスパゲティの作り方

作り方は簡単。ただし鰤の照焼きの作り方はココでは説明しませんが(笑)

まずはフライパンにオリーブオイルを。ついで刻んだニンニクを投入してコンロを点火。同時に湯を沸かしてスパゲティを茹で始めます。火力を若干強めにしてニンニクはカリカリな方向へもっていき、ある程度カリッとしてきたら半分は皿にて待機。

スパゲティの茹で汁が濁り始めてきた頃に、フライパンの方の火力をまして茹で汁をフライパンへ。レッドクラッシュペッパー少々とタイムを少量加え、しかし火力強めで香りは抑え気味に。そこへ鰤の照焼きを投入し、木べらでコレをつぶしつつ、更に茹で汁を加えてソースを作ってゆきます。そして水分が飛んでトロみが出てきたら火力ダウン。そして茹であがったスパゲティと皿にとっておいたカリカリなニンニクを加えてソースと馴染ませてやったら完成。

ってな訳で鰤の照焼きを再利用したスパゲティを作ってみましたが、ナカナカ良い感じでありました(^^)

スパークリングしちゃった生茶飲んでみた

生茶 ザ スパークリングの画像

生茶 ザ・スパークリングとか言うのが前々から気になっていたのですが、ようやく飲んでみる事が出来ました。いや~、スパークリングとか書かれちゃうと気になって仕方ありません(笑)。

お茶+炭酸(+オマケの柚子風味だけど主役?)+甘味=???

さて、生茶 ザ・スパークリングですが読んで字の如く生茶の炭酸飲料版。そして何故か知らないけどオマケで柚子の風味が加えられております。

その他、リリースによると以下のような感じ。ってか発売されてから結構経ってるんですね(^^;

「生茶」ブランドからカテゴリーを越えた新提案。 ほんのりあまい、ゆずの香りの“新芽の微発泡茶” 「キリン 生茶 ザ・スパークリング」4月19日(火)新発売

「生茶」ブランドの価値を、さらにカテゴリーを越えて広げ、新芽のみずみずしさを微発泡で楽しむ「生茶 ザ・スパークリング」を新発売します。無糖茶カテゴリーのユーザーのみならず、炭酸カテゴリーのユーザーにも「生茶」のおいしさをお楽しみいただくことで、さらなる「生茶」ブランドの強化を図っていきます。

 「キリン 生茶 ザ・スパークリング」は、「生茶葉凍らせ製法」(※1)で、生の新芽のあまみとみずみずしさを、微発泡の心地よさとゆずの香り(※2)にあわせた、ほんのりあまい低カロリーの微発泡茶です。みずみずしい味覚と微発泡の爽やかな刺激は、1日を有意義に使うために朝を充実させようという方にぴったりなおいしさです。

※1 一年で一番良質な時期に摘んだ「一番茶」の生茶葉を凍らせて生まれるさわやかなおいしさを加える「生茶」ならではの製法です。
※2 無果汁

甘いです

さらにパッケージの画像に書いてありますが、この生茶 ザ・スパークリングは甘いです。原材料表記見ると一番最初に「砂糖類」っと書いてある(原材料表記は量の多い順に書いてあると思ったです)ので、一口目の印象は「ほんのり」ですが後味的には結構甘ったるさが残る感じ。少し疑問に思うのはなんで甘くしたのかと言うコト。この長引く甘ったるさがリリースに書いてある爽やかさを半減させている印象で御座います。

柚子風味

無果汁なのはもはやお約束の感がありますが、柚子の風味。コレもなんで加えてあるのだろうと思います。お茶の風味より柚子の風味が支配的で、っと言うより柚子の風味しか感じられないような。。。

生茶?

っと言う訳で、甘いので味の面でお茶感は保々無し(若干渋みがあるかな~? って程度)。柚子の風味が目立つので香りの面でもお茶感期待出来ず。みたいな感じなので、なんでワザワザ「生茶」っと言う名前を付けたのか不思議に思う訳で。むしろ柚子風味の別な飲み物として売った方が自然な気がする位「生茶コレ?」っと言う印象でありました。逆に生茶ってついてなければもっと自然に飲めるかと(^^; キリン 生茶 ザ・スパークリングその物自体は意外と嫌いな類ではないので。

個人的には甘味を加えて無いバージョンが有ればまた違った印象を持つかなと思うトコロです。

ドリアンなハイチュウを食べてみた

ハイチュウのドリアン味-1

ハイチュウのドリアンなんてのを食べてみました。ファミレスの会計時に、レジのトコロに置いてあるのが目に留まり気になっちゃって(^^;

ハイチュウドリアンのお味、いや匂いは?(笑)

ドリアンと言えば、よく臭いとか言われますが、ハイチュウになってもやはり臭いのか気になるトコロですから、封を開けたら直ちに香りを嗅いでみました(笑)。っで、コレは臭かったらどうしようと言う心配をよそに、全くと言ってイイほど臭いような匂いは無くて一安心。

口に入れてみると

ハイチュウのドリアン味-2

つづいてお口に入れてみますと・・・

グハ! くっ、クセー・・・orz

近いトコロでスグに思い浮かんだのは、ミッションオイルの香り(; -y-)ツ))
いや、確かにフルーツっぽさはあるんだけども、ミッションオイルの匂いを嗅いだコトがある人なら、このハイチュウ ドリアンを口に入れた時の臭さ、コレって何処かで嗅いだ事ある。あぁ、ミッションオイルの香りだコレ。っと感じるコトうけあい。ミッションオイル交換中に食べたら凄く気持ち悪くなりそうな気がします・・・(^^;

ハイチュウ ドリアンはコンナ人にお勧め

ハイチュウ ドリアンですが、ドリアンに目の無いカタ、ミッションオイルの香りが好きで口に入れてみたかったというカタにお勧めかと思いますので、是非お試し下さいませ(笑)

ペプシのAZUKI(あずき)を飲んでみた

ペプシ・AZUKIのパッケージの画像

ふなさんに勧めて頂いたペプシ・AZUKI(あずき)』を早速飲んでみました。

ペプシコーラと小豆が組み合わさるとどんな感じになるのかなぁ~、っと興味津津。パーケージデザインからも和な感じがしますので、餡子っぽかったりするのかなと想像してみたりもしたのですが、さてどういった仕上がりになっているのでしょうか。

正にあずき

早速キャップを捻り開け、あずきの香りがするのかと匂いを嗅いでみますが、何か凄い(って感じる)匂いだ(^^; ちょっと酸味の利いた匂いとでも言うか・・・。しかしよくよく香りを嗅いでみると炭酸ならではの香りの中に確かにあずきの香り。っで、飲んでみると味はコーラ、そして鼻に抜ける香りはまさしくあずき。また、餡子よろしく甘味が強いのかと思いきや、ドチラかと言うと甘味は抑え目な印象(常温で試してもいけない程甘くは無かったので)。

好みは分かれるトコロかもしれませんが、コーラ感がありながらもあずきな印象もシッカリあって、ナカナカ上手い具合にまとめてあるなと言う印象でありました。そんな訳であずき(風味)が好きなカタはお試しになっては如何かと思います。

原材料にあずきは見当たらず

ペプシ・AZUKIの原材料表示の画像

例によってペプシ・AZUKIの原材料にあずきは見当たりませんが、それ故なのか、一口目は若干の不自然さを覚えますが、ソコにペプシっぽさを感じたりもしますので、ペプシ好きくない人にはマイナスかも。でも、何口か飲んでるとソレもわからなくなりますので、試しに飲んでみるのも面白いかと思います。

ペプシ・AZUKIのリリース見てたら

ペプシのAZUKIのリリースを見ていたら、

「ペプシあずき」季節限定発売 2009.9.29 ニュースリリース サントリー

2007年に発売した、きゅうり風味の「ペプシアイスキューカンバー」をはじめ、2009年には「ペプシしそ」を限定発売し、お客様からご好評をいただきました。

っとか書いてあったんですが、シソはともかく、キュウリって評判良かったのかよ!(笑)

ペプシな関連エントリ

ケンタッキーの炭火焼チキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味を食べた

ケンタッキーの炭火焼チキンサンド  韓国風ピリ辛ソース味のパッケージの画像

少し以前に発売されたケンタッキーの「炭火焼チキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味」を食べてみました。

炭火焼チキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味に挟まれる野菜はレタスに加え、水菜やニンジンと言った香味野菜が使われております。これにゴマ油とおろしにんにくの風味に唐辛子の辛味を利かせるたソースを合わせるコトで以前あった炭火焼きチキンサンドを韓国風なチキンサンドに変身させております。

ケンタッキーの炭火焼チキンサンド  韓国風ピリ辛ソース味の画像

韓国風ピリ辛ソースは甘目

さて、気になるお味の方は、韓国風ピリ辛ソースと聞いてどの程度の辛さをイメージするか人それぞれかと思いますが、照り焼きソースを思わせる甘さの中にピリッとした辛みが利いている感じで、良く言えば甘めのコチジャンのような感じでしょうか。マヨネーズも加えられているので、辛味に関しては優しい部類かと思います。

甘目と言ってもゴマ油やにんにくが使われているコトなんかもあり、照り焼きソースだった以前の炭火焼チキンサンドとは違った風味も感じられ、またソレが水菜やニンジンともあいまってナカナカ良い感じでありました。新たに加えられた野菜も、レタスだけより歯応えなどが増していて良いなと感じます。

大多喜の小江戸と、とんかつ亭 有家

千葉県大多喜にあるとんかつ屋さん有家の駐車場に停めたロドスタの写真先週日曜日のロドスタの集まりてにお昼ご飯を食べたのが、千葉県は大多喜にある「とんかつ亭 有家(ありか)」さん。

写真は有家さんの店舗前にある駐車場から道を挟んだ向かいにある蔵造りの古民家を撮影したモノですが、大滝城の眼下に拡がる町は「房総の小江戸」と謳われる通りのまちづくりが進められておりナカナカ良い感じの雰囲気となっております。

そんな大多喜でとんかつ屋さんを営むご主人さんが色々とお話を聞かせて下さったのですが、特に印象的だったのが昭和45年の集中豪雨(参照)による災害のコトで、有家さんのある辺りは地形的に低く、周囲に降った雨が流れ込んできて1階が水に沈む程の被害に合われたのだとか。また店の目の前には川が流れており、その堤防が決壊しそうだった時に対処された内容など、鳥肌モノでありました。

食事が終わった後、ご主人に教えて頂いて行ってみたのが、店に程近い「商い資料館」。見学は無料ですので有家さんに行った際にはついでにどうぞ(^^)(その他、大滝町の観光ガイド)。

有家さんのとんかつは種類が豊富

さて、有家さんのとんかつですが、メニューは大名(ヒレ)、家老(ロース)、旗本(肩ロース)と言う感じのモノに、それぞれ肉の大きさ別に松竹梅がありましたので、今回は家老(ロース)の梅(100g)を頼んでみましたが、1,050円と言う価格を考えるとナカナカのボリューム。肉はシッカリとした厚みがありながらも柔らかく、脂の部分もしつこく無くて美味しゅうございました(^^)

また上記メニュー以外にも、カリフォルニア(アーモンド)とか博多(明太子+のり)とか津軽(りんご)等々、変わった名前のとんかつが多数あり、ソレにも興味惹かれるトコロです。

3種類のソースを用意

豚カツにかけるソースはやさい、ごま、たまねぎと3種類あり、やさいとごまを試してみましたが、ドチラもチェーン系のとんかつ屋にあるようなソースと違って、甘さはかなり抑え目。っと言うか甘くないので、少な目の方が美味しく頂けるかも。他、漬物や味噌汁がセットになっていますが、コチラもナカカナ美味しく、漬物は自家製なのかな?って感じのシッカリしたモノでありました。

有家さんを紹介しているブログ

生憎、とんかつの写真やらお店の写真を撮って来ませんでしたので、その辺りやらその他メニューなどにつきましては、下記ブログさんにて紹介されておりますのでご参考に。
 ・とんかつ亭有家 大多喜:バテバテなんちゃってグルメブログ
 ・とんかつ亭・有家@大多喜 – 楽しい南の島 -

う~ん、たまねぎソースも試せば良かったかな(^^;

ホップの真実お試し中〜

ホップの真実の写真

缶が綺麗だったので買ってみたキリンの「ホップの真実」をお試し中〜(^^; 「リキュール類」ってコトでソレっぽい味わいですが、最近こう言ったビール系なヤツも結構美味しくなったと言うか、魅力を持ち始めて来て嬉しいなぁ~って感じで御座います(^^)

ココ数日は昼間の気温が高めではありましたけども、夜は随分と前からすごし易い日が続いていますから、ビールっぽい飲み物は今日買ったホップの真実を飲み終えたらしばらくお休み、っと言うか冬まではアルコール自体をお休みにしようかなと。

本日は Powered by 肉

朝から食べた牛肉のステーキの画像

今日は朝っぱらから牛肉です(^^; 目覚めてから15分後位には焼き始めて、その後ご飯と共にワシワシと食っちょりました。何かコショウを欲していたのでチョット多めに振りかけ、ナツメグも少々。今日のは肉自体に脂が無いヤツだったので多めのバターで焼いて、味付けはシンプルにお醤油だけ。

夜にお肉沢山食べるとチョット後悔を感じる今日この頃ですが、朝に食べるとウッシャ今日も一日頑張るじょ! っと元気が出てまいります。

今日はカプチーノ

カプチーノの画像

今日はカプチーノ。昨日のインスタントなキャラメルマキアートと同じメーカーのだけど、まぁ我慢できる甘さ。それでも本来の分量から倍程度まで牛乳で薄めてるけど。ってコトはカプチーノと言えるのかソレ。みたいなコトはさて置き・・・(^^;

そんだけ牛乳入れてみても結構苦味も残っていたりする辺りは、ちょっと嬉しいトコロ。でも、2日続けて甘めなの飲んだので当分は飲まなくて良いなと言った感じであります(>▽<;;

今日飲んだのはコチラ。

朝から麻婆豆腐

麻婆豆腐の画像

今日は朝から麻婆豆腐ですじゃ(^^;
ご飯がすすむので朝っぱらから食べ過ぎな感じで、ちと苦しい(>▽<;;

それにしても気温が下がってきたおかげか、何かお腹空くと言うか、ご飯が美味しいと言うか。秋はやっぱり食欲の秋だなとか思っている今日この頃。

そんなコンナで麻婆豆腐で気合い入ったので今日も一日ガンバローp(・∩・)q!

焦がしキャラメルマキアート甘ッス

焦がしキャラメルマキアートの写真

焦がしキャラメルマキアートなんてのがインスタントであったので飲んでみたら、甘ぁ~!って感じ。作る時にかなり多めに牛乳入れちゃったんだけど、ソレでも死ぬほど甘い(^^; コレ、まともに作ったら以前飲んだ塩キャラメルコーヒーよりも甘いかも。そんな訳で、本来130mlのお湯に溶かすトコロ、ワタシとしては400ml近い牛乳を加えて丁度良いと言った感じ。そんな訳で甘党なカタには結構お勧めッス(笑)

朝、目覚めた時に甘いモノ摂ると何かよいかんじだったりもするけれど、コレは甘過ぎて朝からorz っになりました(>▽<;;

因みに飲んだのはコチラの商品。

瓶なコーラ買ってみた

瓶なコカコーラの写真

写真だと良くわからないかもだけど、瓶なコカコーラ。コンビニで見かけた思わず買ってしまったけど、250mlで110円てな感じなので、冷静に考えるとチト高い(^^; でも何となく瓶のコーラって何故か懐かしい感じがしてしまうのはワタシだけでしょうか?

コレまた写真だとわからないかもだけど、ちょっと細身なトコロも何となく嬉しいな(^^)

そう言えば、瓶のジュースやらビールが主流だった頃って、空いた瓶をお店に持って行くと幾らか帰って来たけど、今もああいうのってあるのだろうか?

お昼は久々にマック

マックポークとかが入っている袋の写真

コノ前、ツイッターでマックのコトが話題に出て以来、マック食べたいモードになってしまいナカナカ頭からマックのコトが離れなくなってしまったので、今日のお昼はマックでハンバーガーを買うコトに(^^;  今回はダブルチーズバーガーマックポークを頼んだのだけど、マックポークの価格って100円だったのね。メニューに単品の価格書いて無かったのでレシート見てビックリ。。。

しかし何と言うか、だんだんハンバーガー2個がキツクなってきたと言うか、たまに食べる度に、食べた後の後悔度合いがましております(>▽<;;

辛子明太子スパゲティが面白い

辛子明太子スパゲティの画像以前、辛子明太子の簡単だけど美味しいスパゲティ:Dining315というのを紹介しましたが、辛子明太子とオリーブオイルだけだと良くあるたらこスパゲティ的な若干乾いた印象になり、もうちょっと滑らかさがあると嬉しいなと思ったので、ソースの作り方をチョイと変えて再び作ってみました。

辛子明太子スパゲティに滑らかさを:Dining315

詳細は上記リンク先を見て頂くとして、辛子明太子とか、たらこのスパゲティってちょっと面白いなと思っているトコロです。元々これらが好きと言うのは勿論あるのですが、スパゲティにする場合、上に挙げたような簡単に作れちゃうスパゲティでも十分に美味しくなりますし、また、その簡単なスパゲティも、スパゲティと辛子明太子を始めとした各材料バランスやらソースの水分量なんかで印象が大きく違ったりして。

簡単に作れるし、使う材料が少ない分、そうした違いが出来あがった時の違いとして出やすいのでしょうけど、だからコソ色々試すのもやり易いので面白いし楽しいな~、ってな感じであります(^^)