スカイライン コンバーチブルの動画

スポンサード リンク



ロサンゼルス・オートショーでデビューしたスカイライン コンバーチブル(日本で売るのか知らんけど)の動画で御座います。新型フェアレディZの時もそうだったんだけど、なんで外国の方ばっか未発売モデルが走り出すの早いんでしょうか? って、雑誌なんかには既に載っかってたりするのかしら???

そんな愚痴はさておき、スカイライン コンバーチブルの動画ですがルーフの動作もわかる内容になってます。で、このスカイライン クーペは4人乗りなので、開いたルーフが格納されるのはトランクなのですが、トランクリッド前側が開いた後に、トノカバーみたいなトリミングがニョキッと天を仰ぐのがカッコよし!

インフィニティ G37 コンバーチブルのサイト

上の動画だと「トリミングがニョキッと」はよくわからないかもですが、そんな場合はインフィニティのUSサイトにあるG37 コンバーチブルのサイトへGO。左のリンク先に行ったら、「View All」をクリックしてサムネイルっぽいヤツを一覧表示の状態にして、一覧の中から左端の列の真ん中にある「Floding Hardtop」をクリック。その後、「View video」をクリックするとルーフの動いている様子を動画で見るコトが出来ます。

スカイライン コンバーチブルの話と全く関係ないのですが、上に書いたUSインフィニティに用意されてるG37コンバーチブルのページ、見やすいかどうかはさて置き、楽しいと言うか、何かワクワクさせてくれるのが良い感じだと思います。ってのは日本の自動車メーカーのウェブサイトって何かちょっとそう言った部分に欠ける印象があると言うか、そんな感じを受けるので・・・

スカイライン コンバーチブルのデザイン

そんなコトはさて置き、スカイライン コンバーチブルのデザインについてですが、オープン状態ではナカナカ華やかな雰囲気を持ち合わせていて良い感じだと思います。対してルーフを閉じた状態ですが、3ピースになっているルーフの分割部の存在や、クォーターウィンドウが大きくなったコト、またルーフラインの違いなどによって、スカイライン クーペと比べると若干流麗さに欠けるように感じる部分もありますが、それでも他のこうしたメタルルーフなオープンモデルやソフトトップを使うモデルと比べれば、美しいくまとまっていると思います。そんな訳でスカイライン コンバーチブル(日本で売るのか知らんけど)、ナカナカ良いのではないでしょうか。

関連ぽい過去記事

V36スカイラインクーペのマイチェンは7速ATとコンバーチブル追加が目玉?
V36スカイラインのマイナーチェンジをアレコレと予想してみたり・・・

ときめきは突然に・・・【スカイラインクーペ】
スカイライン クーペに乗せてもらった時のエントリ。

新型フェアレディZの価格。グレードは4つでスタートか(Z34)
新型フェアレディZの価格やらグレードやらに関するエントリ。

スカイラインクーペコンセプトについてアレコレなエントリ
V36スカイラインクーペのコンセプトカーが登場した時に、V35も含めてデザインについてアレコレ書いてみたエントリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">