新型フェアレディZ(Z34)のマニュアルはブリッピング機能があるけれど

スポンサード リンク



新型フェアレディZは19日にお目見え予定となっていますが、マニュアルトランスミッションに面白い新機能が装備されるみたいですね。

新型フェアレディZのMT車にはブリッピング機構が備わる

具体的にどのような機能なのかと言うと、シフトダウン時にエンジン回転を自動的に合わせてくれるブリッピング機能でして、シンクロナイズド・ダウンシフト・レブ・マッチング・システムなんて言う非常に長いお名前がついております。
※名称は「シンクロレブコントロール」になるみたい。
 (新型フェアレディZのシンクロレブコントロールはカットオフ可能【Z34】

マニュアル車にブリッピング機能は必要なのか?

新型フェアレディZ(っのMT)に採用されるこのブリッピング機能、機能的には面白いなと思う反面、マニュアル車としての面白みが減ってしまうのではないかと言う点や、クラッチ操作が自動でないと言うトコロにちょっとした疑問と言うか、スッキリしないモノを感じます。

マニュアル操作の面白さを削らないか?

まず、このブリッピング機能がマニュアル車ならではの面白さを削ってしまわないかと言う点。現在では2ペダルのセミオートマチックにはじまり、ツインクラッチトランスミッション、ATにしてもロックアップ領域を増やしたりして尚且つパドル付きなんてのがありますから、イージーに「ソレっぽく」、あるいは効率的に、ミスをせず、っと言ったふうに走らせたいだけならマニュアルトランスミッション以外に素晴らしい選択肢は多くあります。

そんな中、マニュアルトランスミッションを選択するのは、そこに機械にコントロールされた完璧な動作からは得られない「操作」自体の面白さといったコトが挙げられるのではないかと思います。コレは例えば、アクセルを煽るタイミング一つとっても、その違いによってシフトがゲートに入る感覚に違いが出るし、アクセルを煽ってからクラッチを繋ぐタイミングとか、クラッチを繋ぐスピード、また、シフト操作に関わる複数の動作それぞれを、大げさに言えば如何にまとめ上げるかと言うのは、コレだけで非常に面白いのもだと思います。

なのに、その一部を「自動化」するのはマニュアルトランスミッションとしては味気無くなる気がするし、クラッチ操作までトータル制御してくれるクルマからみると中途半端と言うか・・・

クラッチ操作が自動でない事

クラッチ操作が自動で無いコトに対し、疑問のようなモノを感じると書きましたが、それが何かと言うと、ブリッピングがどのタイミングで行われるのかに関係します。ブリッピングを行うタイミングが何時なのか、あるいはドライバーの各操作に対してどのような判定を行い制御を行うのかは不明ですが、シフトレバーをゲートに入れる瞬間やクラッチペダルを放す瞬間等だとします。

仮にシフトレバーをゲートに入れる瞬間だったとしたら、ゲートに入れてからしばらくクラッチペダルを話さなければブリッピングは無効となり、反対にクラッチミートのタイミングに合わせてブリッピングをするのであればシフト操作に対するブリッピングの有効性が薄れてしまいます。

現実的にはクラッチミートのタイミングに合わせる必要があると思いますが、ひとえにクラッチミートと言っても、スパッと繋ぐコトもあればユックリ繋ぐコトもある訳で、ペダルを放すスピードでブリッピングの仕方も変わるモノだと考えていますが、ソコまで細かな制御が行われるのかどうか(でも、勝手にブリッピングするってコトは、下手すると加速させちゃう訳だから、結構シッカリしてるのかもだけど)。

マニュアル車のブリッピング機能は何れにしても不要なのではないか?

まだ詳しいコトがわからないのにコンナ事を言っているのには理由があって、例えば新型フェアレディZに採用されるブリッピング機能が素晴らしく高機能であって、マニュアルに不慣れなドライバーが何気なくシフト操作をし、その後おもむろにクラッチペダルを何となくリリースしただけで完璧なシフトダウンが出来たとしましょう。その場合、コントロールにドライバーの調整が必要のないクラッチペダルに何の意味があるのかと思ってしまう訳です。

反対にこのブリッピング機能があまりお利口で無かった場合。この場合、ドライバーのコントロールする領域はグッと増える訳ですが、しかしブリッピング操作が減った代わりに、その動作タイミングに合わせた操作を行う必要が出ちゃったりして、つまりこの場合もブリッピング機能に魅力を感じないと言うか、何というか。

結局、お利口でもそうでなくても、マニュアル操作の一部を自動化するのは、オートマチックとか効率、正確性を追求したモノを自動化するソレとは違って、余りに矛盾しているのではないかと思っちゃう訳でして。皆さんはどう思われるでしょうか?

新型フェアレディZなエントリ

新型フェアレディZの価格。グレードは4つでスタートか(Z34)
遂に新型フェアレディZの価格が明らかになりました。グレード構成はZ33と保々同じになりそうです。

新型フェアレディZ(370Z)の写真が公開に
一足早く日産が公開した新型フェアレディZの写真を紹介。

370Z(新型フェアレディZ)の新たな動画とか情報とか
新型フェアレディZに関する情報を紹介。Z34はホイールベースの短縮に始まり、外装パネルには軽量な素材が使われるなど、より走りの性能が向上しているコトが期待できます。

370Zの動画
テスト中の370Zの動画でございます。

370Z(Z34)の内装とかテストカーの写真
テスト中のZ34フェアレディZの内装などが明らかになった時のエントリ。

370Zお披露目?
新型フェアレディZのデザインが明らかになった時のエントリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">