磨きは程々で

スポンサード リンク



磨いた後のフロントフェンダの写真昨日ロドスタをチョコッと磨いたので、今夜はそれについて少し。

←の写真は約2ヶ月前にアクアクリスタルを施工した後のモノ。この時は特にコンパウンドで磨く事はせず、古いコーティングを軽く落とした程度でアクアクリスタルにてコーティングしました。

写真なので、表面の状態がちょっとわかり難いってのはありますが、明るいトコロ、例えば太陽などの強い光源が直接当たらないトコロで見ると、実際の印象も概ね写真のような感じかと思います。

見え難いものはあえて残す程度に磨く

話は上の写真に戻りますが、上の状態で光源(太陽とか蛍光灯とか)を変え、またそれを見ようとする目でみると、非常に多くのヘアスクラッチ、雨ジミが確認出来ます。しかし、光源を変えても、それが見える瞬間はごく限られた時でしか無いとも言える訳ですが・・・

先日コンパウンドかけたと言いましたが、多少目立たなくなりましたがヘアスクラッチ、雨ジミは残っています。と言うか、それを取るつもりもありません。コンパウンドをかけた目的は古いコーティングの劣化を取り除くコトです。

コーティングは意外と残っている

こんな事があるそうです。
ある車を部分板金に出し、部分塗装をました。数ヶ月後、塗装をぼかした所に問題が発生します。その車、一見コーティングなどされてい無そうな状態。しかしオーナーに聞くとかなり前にコーティングをかけた事があるとのコト。オーナーは効果もなくなってしまったようだしと思い、特に気にとめていなかった様子。

上の例、実はコーティングが残ってた事で、その上に塗装したために不具合が発生したとか。全てと行かないまでも部分的にコーティングが残ってる事はあるらしく、コーティング皮膜ってのは結構落ち切らないモノのようです。

と、ちょっと話はそれましたが、何を言いたいかと言うと、コーティングはある程度の頻度でかけているので落ちてしまってはいない(ハズ)。なのでそれの古く劣化した部分を取り除けばある程度綺麗になるってコトです。基本的にそう言った考えでコーティングの使用をして、洗剤などでは落ち切らない部分を、たま~にコンパウンドで落としてやってる感じです。

磨きの回数は限られているのも理由

さて「磨き」と言うと、多くの方が雨ジミ、ヘアスクラッチの除去を目的とするのではないかと思います。同時に塗膜を削り取る事から「極細」とかのコンパウンドを使われる方が多いのでは無いでしょうか? そんでもって大抵の場合は手磨きかと。

極細を使用して手磨き、コレで雨ジミ、ヘアスクラッチが消えるか?と言えば消えるとも、消えないとも言えます。しかし実際には不可に近いと考えた方が良いかとも思います。理由としては完全に消し去るのは機械磨きでもかなりの手間が掛かり、それを車全体となると想像以上の労力が必要なためです。

雨ジミの、それも酸性雨などによって、塗膜が凹んでいる事もありますが、その場合、それを消し去る程の磨きは回数的にも限られるでしょう。そう言った事を考えると、上で言った「それが見える瞬間はごく限られた時」なるモノまで頑張って消し去る必要があるのか? そしてそれを修正出来る回数が限られているとしたら・・・

消したトコロでそれらはすぐに再発し出す訳で、と考えた結果、「そこそこ」でいいか、と考えるようになったのです。この辺り、その車にどれ位乗るか?とか、ボディカラーによるトコロもあるのでこの限りではありませんが、限りなくツヤツヤ状態を保つのはかなり難しいコトだったりします。

アクアクリスタルの関連エントリ

アクアクリスタル施工前はアクアクリスタル施工前は下準備が大切か?
しっかりコーティングされてるっポイけど
夏の風物詩?
素人にもわかるツルツルさ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">