LS600h、G35、ブランド(06-ニューヨークショー ①)

スポンサード リンク



先日ちょこっと甥&姪に合ったのですが、例によって2人をブンブン振り回したり、首に手をまわしてぶら下られたりしたおかげで、借金も無いのに本日は首がまわりません(笑)。もう今日はクルマに乗ってハンドル切る度に首筋が痛くって(泣)。そんな訳で、子育ては若いウチに限るなと思っているトコロであります(^^;

ニューヨークショー

さてさて、何時の間にやらニューヨークショーとやらが始まっております。でDrivingFutureに特集ページがあるのですが、そこで昨日のエントリで紹介したレクサスLSとインフィニティG35セダンがより詳しく紹介されておりますので、今夜も上記2車種について少し。

レクサスLS600h L(記事

Lの付くロングホイルベースモデルとなるLS600h Lですが、デザイン的にはノーマルホイルベースモデルに対して間延びした感もなくナカナカ良い感じ。ではあるのだけど、今回のLSって「4代目」と言う感じがしない位、以前からあったモノが無いように感じる。グリルに代表される例のレクサス全体のデザイン要素のお陰か、ヘッドライトもテールランプも、ウインドウまわりも以前とは微妙に雰囲気が異なるように感じ、結果全体を見ると全く違った雰囲気となっているような。
その結果レクサスのトップモデル(なのかな?)に相応しいカタチになっていれば良いとは思うのだけども、なんか斜め後方からのカットとかみるとアノクルマに似てるような感じするトコロがチット(>▽<;;

G35セダン:スカイライン(記事

外観的には基本的に現行モデルの進化版と言った印象で、クーペに比べるとその度合いは強い感じで、新旧を並べないと違いがわかり難いと感じるカタもいるかと思う。
また記事の方にも書いてあるがフーガと似ている部分てのも多くて、悪く言うとフーガを丸っこくした感じともとれるように思う(^^;。けどコレは悪くいうつもりはなくて、メルセデスにしろBMWにしろアウディにしろセダンの各シリーズって似ている部分があるので(最近は違ってきてる感じもあるけど)、コレはコレで1ブランドとしての方向性って面では良いのではないかと思うトコロ。何て言うか「あっ、インフィニティの○○だ」じゃなくて「あっ、インフィニティだ」って感じられる各モデルの統一感を感じられるのが良い。

ブランド独特の雰囲気を感じるインフィニティ

「あっ、インフィニティだ」については他にも感じるトコロがあって、何かと言うとインテリアの雰囲気のお話。コレは主にレクサスと比べての話になるのだけど、インテリアの写真を見た時にインフィニティは「インフィニティだなぁ」って感じる雰囲気が各モデルにあるように思うのだけど、レクサスってデザイン要素的に同じモノが入ってはいるけど、結果各モデルの雰囲気が「レクサス」になっているかと言うとちょっと?な部分。そしてそれが「トヨタ的」に感じてしまう部分のようにも思う。
と、色々言ってみた訳でありますが、こう言ったコト言えるだけの土壌が整ってきているとも言える訳なので、各モデルの評価や実際の販売面等について今後どうなるかが楽しみであります(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">