恐るべきシロウトむーびー

スポンサード リンク



近頃「Web2.0」なんてコトバを目にするコトが多いように感じるカタも多いのではないでしょうか? ココでWeb2.0の具体的な説明はしませんが(出来ませんが)、その中にはYouTubeやらMovieCaster等も含まれていると思います。また多くのユーザーが使用しているブログサービスなんかもそれに入るでしょう。

これらのサービスに共通するトコロとして、タダで色々使え、また新たなソフトをローカルにインストールする必要が無いままに色々なサービスをユーザーが使用出来ると言ったコトが挙げられると思います。従来であればWebサイトを造るにはユーザーのローカル環境においてソフト等を使ってサイトを作製し、ソレをWebサーバーにアップロードしておりました。それがブログ等になるとユーザーはそのブログサービスが提供されるトコロにアクセスさえすれば、あとは画面上でブログを作製する一通りの事が出来てしまう訳です。

動画をwebに公開したりブログ等に貼り付けるのに用いられる事が多いYouTubeやMovieCasterに関しても、画面上の操作で動画をアップロードすれば「アチラ側」で動画ファイルを公開に適したモノに変換し、そしてブログ等に貼り付ける為のソースを吐き出してくれます。あとはユーザーがそのソースを自身のブログにコピー&ペーストするだけで動画が公開出来ちゃうわけです。

これらが全てではありませんが、こうしたサービス側でやってくれるコトをユーザーがやっていた時代からすると凄い時代だなと思うと同時に、ブログにしろYouTubeにしろユーザー数が増加するのもうなずけます。

さて、いきなり話がソレまくりましたが、そう言った背景もあってココのトコロ色々な動画を見る機会が増えた訳で、またそう言ったサービスがあるから動画作製にチャレンジしようと思うカタが出てくるコトも不思議ではありません。それ故、時にシロウトさんとは思えないクオリティの高い作品に出会える機会も多くなりました。今夜紹介するのはそんな作品を製作・公開させているカタの新作動画であります。

NONBYのM5ノート
(新作はコチラ

コチラのカタの場合、元となる映像を撮影する段階からイワユル「使える絵」を積極的に撮影し、それを編集されているようですが、そうは言ってもナカナカ思った通りの絵が撮れるモノではありません。むしろ撮影前からイメージする絵がある事によって、それはある意味より難易度が高くなるとも考えられます。例えば何となく撮影した映像の中から使えそうなシーンだけを抽出して編集するってパターンなら、こう言った撮影時の苦労はありませんし、映像を見てから作品の展開を考え始めるコトになるので、そう言った面ではそもそも出発点が異なると言えるかもしれません。

さて、映像のイメージがありそれを目指して撮影したとは言え、やはり実際に撮影した映像を確認する事によって、モトモトイメージしていた構成に修正を加える必要もあるでしょうし、使えるシーンの抽出も必要になります。さらに構成に合わせたトリミングやらエフェクトやらの調整、BGMと映像を合わせる為の調整等々。特に映像とBGMのマッチングに注意して見直して頂くだけでも作者様の拘りを感じ取るコトが出来るかと思います。

映像データがデジタルとなりPCへの取り込みが容易となった時代ではありますが、それ故PCがあればサクッとこうした作品が出来ると思われがちな面もあります。そう思うカタは是非Web上の動画作品を見まくってみて下さい。意外とこう言った出来の作品は少ないコトに気付かれるコトと思います。

何故少ないのか?
造るのが手間だからです。4~5分足らず作品を作り上げるのに、コレ意外と手間隙掛かるモノなのであります。

さりとてこう言ったクオリティではない作品を批判する気は毛頭ありません。映像作品に限らず作品自体の面白さは重要なコトではありますが、先にも書きました通り映像作品の製作には手間がかかります。ココで紹介させて頂いた作品は膨大な手間を掛けた結果すばらしい作品になっている訳ですが、このクオリティではない作品についても多くの手間と工夫が詰まって居たりする訳で、シロウトさんの映像を見る際にはそう言った工夫なりの面を見てみるのも面白いかと思います。

「恐るべきシロウトむーびー」への4件のフィードバック

  1. 素晴らしいご紹介をありがとうございました<(_ _)>
    この一連の映画ごっこを始めて、かれこれ10ヶ月になります。
    確かに手間はかかるのですが、とくにお金もかかりませんし
    日々、仕事の合間に ちょこちょこと少しずつ仕上げて行けるので
    なかなか楽しい趣味を見つけられたと思っております(^^)
    お見苦しい部分も多々あると思いますが、
    どうぞ今後とも温かい目で見てやってくださいませ。

  2. まさかご本人様から書き込み頂けるとは思いも寄らず、コメント頂き大変嬉しく思います(^^)
    ワタクシも4年程前に趣味として編集をしていた事があり、当時を思い返しながら作品を拝見しておりました。それ故、作品に対する拘り・愛情等を感じさせて頂けたようにも思います。
    撮影・編集機材も拘り出したらきりがありませんが、手持ちのモノを工夫して使い、皆様で楽しみながら作品が出来上がっていくのは素晴らしいと思います。作品以外のそうした面でも良い刺激を与えて頂きました。
    今後もNONBYさんの「楽しみの成果」にお目にかかれる事を楽しみにしております♪

  3. 前作につきましては、ご高評いただきありがとうございました。
    またも懲りずに新作を公開する運びになりましたので、
    是非ご覧いただきたく、お伝えさせていただく次第であります。
    最新のブログに、このような話題から外れたことを書き込むのも
    どうかと思いましたので、再度こちらに書かせていただきました。
    新作はロドスタではないものの、
    それとよく似たコンストラクションの車種が主役となっております。
    公開は連休中となってしまいますが、もし宜しければ、
    また見てやってくださいまし。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  4. ■NONBYさん
    新作の御案内ありがとうございます。
    初めてブログを拝見したのは前シリーズ最初の作品で、それが公開終了日でしたので、本エントリを書ける日を実は楽しみにしておりました。またそれ以来新作の完成が待ち遠しく感じるようにもなってしまいましたので、コレからの数日間は尚のコト楽しみでしかたありません(^^)
    自分独りで楽しむのも気が引けますので(笑)、ブログの方でも別途御案内させて頂きたく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">