カテゴリー別アーカイブ: その他の写真とかカメラ

証明写真の撮影にて

証明写真が必要になったので、久し振りにネクタイを締めて写真屋さんへ。今回写真を撮って頂いたのは、高校受験を始め、その後もコトある毎にお願いしている写真屋さん。この写真屋さん、ワタシが社会人になる時に伺って以来なのですが、代替わりしたのか以前いらした女性ではなく息子さんらしきカタがカメラを構えておられました。

トコロで、こう言ったトコロで写真撮影して頂くのって苦手です。顔や体の微妙な角度調整とか、アレ本人的にコレで動いているのかと思う位に、つまり若干力を入れている感じでしか無いので、オマケに顔にも力は行っちゃうんですよね(^^; だけどもソレをほぐしてくれて、尚且つ一瞬のウチにシャッターを切ってしまうのは流石だなーっと感心させられるトコロでもあります。

あと全く関係無いけど、毎回フィルムで撮影してもらう時に使われているNikonがカッコイイ! モデルとかはよくわからないけども、メーカーのロゴが今のとは違うから結構年代物なのかな? ともあれ、D40を持つ今となってはソレも嬉しいトコロだったりします(^^)

さて、冒頭にも書いた通り、今回撮影してくれたカタは初めてだったので「ウチは初めてですか?」っと尋ねられ「いや、中学生の頃からお世話になっているんですよ」伝えたトコロ「それですと8年前位ですか?」と返されました。相当若く見て頂いたようなので年齢を言ったら「ええー!」っと驚いておられましたが、まさか20代前半に間違われるとは思いもよりませんでした(とか言いつつ、こうして書いているトコロをみると、何気に嬉しかったらしいです、ハイ >▽<;;  )。

猫ちゃんとの一時

猫のプニプニな肉球の画像

週末にちょっと離れたトコロに住んでいる友人のトコロに行って来たのですが、家に上がるとトッテモ小さな猫ちゃんがおりました。犬も居るので何でまたと思ったら、道端で弱っているトコロを保護したそうな。そんな訳で元気になるまで色々大変だったようなのだけど、お邪魔した時には元気一杯で元気一杯で、何か知らないけど終始「手」を狙われておりました(^^;

何が気になるのか知らないけど、ちょっと離れたトコロで狙いを定めていて、ジリジリと力を貯めてバビューンとダッシュ。そしてカプリとカジリついて来たりして。手で体を持ち上げてみても重さを感じない位に小さな子なのですが、座っている人間の肩の高さ位はジャンプしていたような。そんな元気な子なので、若干(ワタシが)逃げ回っている感もありましたが、こう言う感じに遊ぶのは久々だったので楽しかった♪

トコロでワタシ、猫と身近なトコロで触れ合ったコトがあんまり無かったのですが、やっぱり犬とは違いますね。猫のコト自体あまりよく知らないので、行動がイチイチ????? って感じで。でもソコがまた可愛かったりもして。何か猫と遊んでいる時間が結構長かったなと思い返しているトコロです。

追記:撮影者は友人とワタシ。

猫ちゃん写真集

今日の朝顔と携帯カメラ

携帯カメラで撮った朝顔の写真

本日の朝顔。いやシリーズ化する気はありませんし、やるならば種をまくトコロから・・・。ってソレは夏休みの観察日記を付けるならばのハナシ(^^;

トコロでこの写真て携帯のカメラで撮っているんですけど、古いだけあって200万画素位のヤツだったと思います。昔はこう言う写真見てヤッパ携帯だよなぁ、ってなコトを思った訳ですが、最近はデジタル一眼持ってるカタも多いですし、またソレで撮るとソレなりにと言うか、昔の携帯カメラとは比べモノにならない位に綺麗な写真が撮れますけど、そうなるむしろ昔の携帯ならではの写真も何かよいなと思い始めて携帯でパチパチやっている今日この頃。

ソレしか無い時には単に性能的に満足できないモノでしかないけど、多くのモノが性能アップすると、今度は性能の悪かったモノに面白みが出てくる(っと言うか感じる)ってのは、何かこう面白いもんですよね。だからほら、ピントが思いっきり外れていても、デジタル一眼カメラで撮ってそうなってしまった時ほど恥ずかしくも無いので御座います(^^;

夏の終わり

ヒンヤリした空気の中に咲く朝顔の写真

近頃は朝の気温がグっと下がり、清々しい日が多くなって来て嬉しいトコロです(^O^)

6時前に外に出てみると、ちょっとヒンヤリとした空気が身を包み、目覚めもスッキリですじゃ。

そういや、去年の今頃は雨が多かったと言うか、雨雲の発生に一喜一憂していたなぁ、とか急に思い出した。

デジタル一眼レフカメラを腰にぶら下げる、スパイダー・ホルスター

少し以前にデジタル一眼レフカメラのハンドストラップについて書いた際にも書きましたが、オイラはカメラを首からぶら下げるタメのネックストラップがチョット苦手。とは言えネックストラップを否定するつもりは無くて、特に両手を空けたい時にはやはり便利だろうなと思ったりもします。

さてそんなネックストラップ嫌いなオイラに良さ気なモノを発見。名前はスパイダー・ホルスターと言うモノで、カメラの三脚用ネジ部に部品を装着し、ソレを引っ掛けるコトが出来るホルスターをズボンのベルトなんかにくっ付けて利用すると言うモノ。例によってオイラの説明ではわかり難いでしょうから、詳細は以下の動画をご覧下さい。ネックストラップよりも使い勝手が良いかと問われると疑問ですが、ソレを使っていなかった者からすると十分便利になりそうです(が、余計な出っぱりが邪魔になると言う新たな問題が生まれますが・・・)。

デジタル一眼レフカメラのハンドストラップ

デジタル一眼レフ、っとは言ってもD40はコンパクトですから、通常首から下げるカタチとなるネックストラップは利用しておらず、コンデジ用の短いストラップをくっ付けて使っています。ネックストラップを使わないのは「いかにも」な雰囲気になってしまうのがチョット嫌なものでして_(^^;)ゞ

なのでD40を購入してから今に至るまで、ストラップ系アクセサリーには特に興味を示さなかったのですが、先日チョット良いかもと思ったのがtakajin Artistic Designと言うトロのハンドストラップ。ブログの方にこのハンドストラップを装着してカメラを手にしている写真が載っているのですが、コレ良いなぁ~。カラーも色々選べるし、下記エントリのような特注オーダーも可能なようなのでシルバーボディに合わせたモノに出来そうなのもグーであります。

 ・takajin Artistic Design : シルバーブラック(水蛇)一眼レフカメラハンドストラップ!!!
 ・takajin Artistic Design : ヘビ革Version一眼レフカメラハンドストラップ2!
 ・takajin Artistic Design : 一眼レフカメラハンドストラップ!

どのようにカメラに固定されているのかや、使用感、気になるポイント等は実際に購入されたカタの下記ページがわかり易いかと思います。
 ・takajin 特注グリップストラップ-CMEHAPPY
 

因みにこうしたハンドストラップ、ニコン純正のとか、社外ではハクバ辺りのモノがあるようなのですが、値段的な違いはありつつもtakajinのハンドストラップを見てしまうとソッチが欲しくなりますなぁ~(^^; 

写真に光で文字を書いてみる

写真に光で文字を書いてみた画像

上の写真はコチラのエントリにものっけていた写真ですが、コレ、意外と簡単に撮れますのでその方法を紹介してみます。

光の文字入り写真を撮影するのに必要なモノ

必要なモノはカメラと光を発するモノ。光を発するモノについてはペンライトや懐中電灯など色々ありますが、オン-オフ操作が容易なモノが使い易いかと思います。因みにオイラが今回使ったのは携帯電話。コレの画面をカメラに向けて使用してみました。カメラについては一応デジタル一眼な(笑)ニコンのD40を使っておりますが、コンパクトカメラでもシャッタースピードを任意に設定できる機種であれば撮影可能です(でもコンデジだとあまり長く設定できない機種が多いのでチョット辛いかも)。

長時間露光にて撮影している間に文字を書く

具体的な方法については長時間露光によって撮影している間に、前述の光るモノをカメラに向けて文字を書くだけ。っと言った感じでトッテモ簡単なのですが、旨い具合に文字を書くのは意外と大変。なんせ文字を反対に書かねばなりませんので。ポイントとしては必要に応じて「光を消す」と言った辺りでしょうか。筆記体であればコレは必要ありませんが、今回のように一文字づつを独立させようとするならば、一文字書いて光を消し、位置を移動して次の文字を書くと言った感じにする必要があります。

露光時間が長い程人は写り込まない

文字を書く人が写り込まないのか? っと言った点につきましては、露光時間を長くとるコトで幾らかソレを防げます。例えば上の写真の例で言うと、D40ではオートフォーカスが利かない位に真っ暗闇の中で撮影するコトでなるべく露光時間を長く取れるようにし、その中で強い光をカメラに向けるコトで、文字は一瞬(撮影時間に対して相対的に)露光させてやるだけでバッチリ写り、反対に人は写らないと言った具合になります(とは言ってもOやTの辺りを見ると若干写っていますが・・・)。参考までにどの程度シャッターを開いていたかを書いておくと、上の写真は約50秒(撮影後にレタッチにて明るさ調整してます)。

長時間露光撮影によって写真に光で文字を書いてみた画像

コチラは練習中の写真ですが、約1分半露光させて撮影したモノです。この位になると人影も殆ど気にならないかなと思います。

気を付けるべきコト

さて、上記をお読み頂いてわかる通り、こう言った写真を撮影するとなりますと、コレ必然的に暗闇で光る物体を持って踊るコトになる訳でして、知らぬ間にUFOやオマーリさんを呼び出してしまわぬよう気を付けましょう。

D40のシャッター耐用回数とか総レリーズ数

ニコンD40の写真

ある日のコト、価格.comをウロついていたら、

 ・価格.com – 『シャッター逝きました』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

なんてスレッドを見てしまった・・・。そう、「見てしまった」と言う気分なの。だって、デジタル一眼レフカメラのシャッター機構に寿命があるなんて知らなかったんだもん(笑)。しかもソコに書かれているシャッターの耐用回数に関する憶測と言うか推測値がとっても心臓に悪い訳で・・・

結局のトコロ、17,512回でトラブルの起こったスレ主さんのD40はシャッターが壊れた訳ではなかったコトが下記のスレッドにて報告されていますが、一桁万回前半で逝くのでは?っと言った見方が多いのは大いにショッキング(シャレではありませんのであしからず)。

 ・価格.com – 『シャッター逝ってませんでした(ご報告)』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

もっとも、冒頭のスレッドやら下記辺りをみると、
 ・価格.com – 『20,000ショット』 ニコン D40 のクチコミ掲示板
 ・価格.com – 『総レリーズ回数』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

D40のシャッター機構はD40xとかD80なんかよりシンプルなタイプだったり、また実際に5万回程度使用して問題の無いカタも居たりするので、シャッター自体の耐用回数は意外と多いのではないかとの見方をする向きもある訳ですが・・・

そもそも、2万とか3万回程度ではないかと見られている原因の一つに、D40の安さが起因しているフシがあるように感じられますが、個人的にはシンプルなんだから意外と長持ち・・・っに一票。っと言うか、そうであって欲しいなと、切実なる願いを抱くトコロです(^ ^;

D40のレリーズ回数

トコロでオイラのD40が今現在どの程度のレリーズ回数かと言うと、調べてみたら11,800回位。D40の購入は保々2年前なので、概ね6,000枚/年と言った感じで意外と少な目かなと・・・・・

D40の総レリーズ数の調べ方

D40はカメラ本体からでは総レリーズ数を調べるコトが出来ず、EXIF情報を表示できるソフトにて確認するコトになります。

で、オイラが使用したのはIrfanView32と言うソフト。
 ・IrfanView32【http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/】

上記日本語版ににIrfanView32本家に用意されている「EXIF Plugin」を追加してEXIF情報を見てみました。EXIF情報の表示に関してはGIMPでも表示させるプラグインが存在しますが、レリーズ回数までは表示されませんでした。

シャッターの耐久性が気になる訳

そもそも、何でD40のシャッターの耐久性だとか総レリーズ回数を気にし出したのかと言うと、インターバル撮影なんてコトに興味を持ってしまったからでありまして、僅か数秒の映像の為に数百~数千枚もの素材写真を撮影しなければならないような遊びをしていたら、あっという間にD40クンが悲鳴を上げそうで怖くなってしまったから(^ ^;;

D40のシャッター修理代がまた悩ましい

シャッターの耐久性と併せて気になるのが、実際にシャッターが壊れた時の修理金額ですが、エントリ冒頭のリンク先スレッドへの書き込みを見ると18,000円位とのコトで、コレが非常に悩ましい金額。っと言うのは、同ページに表示されているD40ボディの最安価格が今日現在で約3.2万円だから。

そんな訳で、修理金額に1.4万円のっければ新品が買えてしまうと言う辺り、コレは非常に悩ましいので御座います。ボディだけの購入でも単品で約5千円のバッテリーは付いて来るし・・・

因みにアマゾンだとブラックボディは左の通りで、シルバー ボディだと34,240 円と言った感じ(シルバー人気ないのね( ┰_┰) シクシク )

楽天の場合だと、今なら限定のNikonオリジナルバッグのオマケ付きで、33,800 円(消費税・送料込み)。

っとコンナ感じ。レンズキットだと5万円チョイになるけど、買い替えならボディだけでOKなのでホントに悩んじゃう(まだ壊れた訳じゃないので、悩む必要ないのではありますが)・・・

カートレース観戦にて流し撮り練習

日曜日は、知り合いが出場しているカートレースの観戦に行き、そこで流し撮りの練習などしておりました。土曜日はかなり涼しかった気温も日曜日には再び暑さを取り戻し、練習・予選×2・決勝を通してかなりの周回数をこなすので、はたから見ているととても大変そうに感じる程の暑さで、見ている方も日陰に逃げ込む始末(^_^;)

流し撮りの練習

オイラは久々にカメラを持って、ひたすら流し撮りの練習。望遠レンズが無いのでなるべく近くで撮れるように歩く間にも暑い・・・。使用レンズは毎度おなじみD40レンズキットの18-55mmなヤツを使用。簡単な撮影データは、ISO200、シャッタースピードは1/40~1/60、F/18~29。

この日は雲が結構出ていて、さらに風もあったので撮っている最中に日が出たり、雲がかかったりと言った感じで、上記固定では失敗も多く・・・。シャッタースピード優先モードとかで撮れば良いのかな? 今度試してみよう。

ってな訳で失敗な感じのもありますが撮ってきた写真など。リサイズのみでトリミング等は無し。レタッチも面倒なので無し(笑)(っと言うか今のPCだとやる気おきず^^; )

カートレースは面白い!

ソレはそうと、カートレースは見ていて面白い! 確か4つ位クラスがあって、ソレが入れ替わり立ち代り走っているので基本的に飽きないっす。ソレに基本的にくっ付いて走ってるコトが多いから、それぞれの駆け引きとかもあって結構激しい場面も。

くっ付いて走ってる時なんか、結構ゴツンゴツンぶつけてる人も居れば、特に早いクラスでは凄く微妙な車間(と言うか、もはや隙間)を保って背後にピタッとくっ付いている人もいるしで、見ていてホントに楽しい♪

また、エントラントが非常に多いのも、その場の雰囲気に活気や熱気を与えていて良い感じ。炎天下のサーキットはとても熱かったであります。

流し撮りの練習の成果?

流し撮りしたカートの写真1
流し撮りしたカートの写真2
流し撮りしたカートの写真3
流し撮りしたカートの写真4
流し撮りしたカートの写真5
流し撮りしたカートの写真6
流し撮りしたカートの写真7
流し撮りしたカートの写真8
流し撮りしたカートの写真9

流し撮りについては、ロドスタの走行会で実車を流し撮りしてみたエントリもどうぞ!

Photo by Nikon D40

メーカーのフォトコンとか

ホンダの更新情報を見ていたら2輪のサイトでフォトコン(?)が開かれていたいたコトを知った。そう言えばマツダも結構前からやってるし、こう言うのって他の自動車メーカーもやっているのかな?っと思ったのでザックリと探してみた。

紹介の前に「ザックリ」について。各自動車メーカーさんTOPページからのリンクが結構深く、かつ複雑なので探すのが面倒だったもので、ザックリとと言う訳です、ハイ(^^;;

ホンダは二輪も四輪もコンテストあり

では早速、ホンダから。

ホンダ・二輪ユーザーによる

Rider’s Voice
コチラが先程書いたサイトで、よく見ると日頃からホンダの2輪ユーザーが写真を投稿していて、月毎にBest Shot賞とHonda Fun賞を選出しているもよう。(過去のBest Shot賞はココから、Honda Fun賞ココから見れます)

四輪ユーザーの方も活発に

っと言う訳で2輪があるので4輪にも似たモノが。
USER’S VOICE
コチラは愛車のレポート共に写真を投稿出来たりするようで、車種ごとにカテゴライズされていたりして、結構見ごたえアリ。また説明によれば、

・今週のベストショット:その週の中で特に、素晴らしい写真を投稿していただいた方
・今週のナイスレポート:その週の中で特に、愛情たっぷりな投稿していただいた方
・今週の「○○○○○」:その週のお楽しみ!どんなタイトルで選出されるかはヒミツ!

が選出されるようであります。

他にも

他、ユーザー投稿企画で、CB BEST SHOTなんてのもあったようです。コンテストは終わってしまったようですが、美しい写真が多くあるので鑑賞するのもお勧め。

ホンダのサイトは色々面白いのが多い感じ。見るの大変だけど(^^;

マツダのフォトコンテストも結構以前から

お次は我らがマツダ。
マツダ車のある風景展
過去の作品などはコチラから。

スバルと言えばレガシィー?

レガシィーのブログで

スバルのレガシィーブログでも開催されていた。
トラックバックキャンペーン!ゴールデンウイークベストショット!
その結果はコチラ

コンテストではないけど

また、ユーザー投稿によるギャラリーもあり、コチラは近々動画もアップ出来るようになる模様。

スズキもフォトコンやってます

バイクはコンテスト多いのでしょうか?

ホンダ同様、スズキも2輪ではフォトコンが。
スズキ モータースポーツ フォト コンテスト とっておきの一枚

4輪も企画が沢山

4輪の方はユーザーの投稿企画。
S’tyle Web Editionの中にあるスズキFUN倶楽部

他にラパンのスペシャルページ内には、ラパンアルバムが。

トミーカイラもブログでフォトコン開催

御存知トミーカイラもブログ内で開催。
フォトコンテスト2007のご案内
作品の一覧はコチラから。


っと言う訳で、各自動車メーカーともフォトコンはもとより、ユーザー参加型のコンテンツが結構多いのでちょっと驚きました。興味のあるカタは参加してみてはいかがでしょうか!

早すぎだよ、ニコンさん【D40x登場】

D40が進化した機種が出たらしい・・・orz  その名もD40x。何でもD40では6.1メガピクセルだったCCDを、D80と同等なCCDにして10.2メガピクセルにしてあるんだって。10メガだから「x」?

D40xの変更点

他にも変わっててISO感度の最低が200から100に引き下げられたり、連射がちょっと早くなったり、シャッターの仕様が変わったり、ストロボの同調速度が変わってたり、微妙に重くなってたりするみたい。ま、早いハナシが10メガになったと、そんな感じでしょう(汗)

価格を考えると

それに伴って価格も上昇するようですから、D40の魅力も色あせることはないのかなと思ってますが、D40を引き続き販売するのであれば選択肢が増えるので高解像度が必要な人には良いですね。でも2万とか上がるのならD80とか別のメーカーでもその辺りの価格帯のヤツに行っちゃうかも・・・

オイラの場合D40とKiss Xの価格差ですら少々迷ったから、その差が小さくなるD40xとKiss Xとだったら、以前書いたコトを踏まえて考えてみてもKissの方に行ってしまいます。

そんな訳で、悔しくないぞ!(笑)

Route”B”

夜明け前の湾岸線と流れ行く標識

4時半に目覚めいそいそと準備をして、5時半前に最寄のインターより高速へ上がり、Route”B”を目指します。

午前5時半前でも既に交通量は多く、周囲は働く車ばかり。

5時半過ぎに首都高速湾岸線へ入るも、既に交通量は非常に多く皆さん何処行くの?な感じ・・・

羽田を越えると湾岸の交通量も幾分減少し、オールクリアな場面も

神奈川に入るとご覧のように切れ間が現われたりしつつも、

交通量が少なくなってもすぐに前のクルマに追い付き、オールクリアは一瞬です

すぐに前は詰まりまして。湾岸の朝はとても早いのでありました・・・・・
(某湾岸風になってしまった気が(^^;  )

【Photo by Canon IXY DIGITAL70】

暗闇を見つめ③(D40と震えつつ)

長らく続けてきたD40のお試しシリーズエントリも今回が最後。今回も夜間撮影でのノイズ発生具合を見るのが目的だったのですが、絞りなんかも弄ってみたりしてみました。せっかく色々出来るんだからカメラ任せに撮影するのは勿体無い!

※全ての画像がクリックすると拡大します。
※画像下の数字は絞り、シャッタースピード、ISO感度の設定値。

真っ暗闇で撮影したD40の写真

街灯は無く真っ暗。但し少し離れたトコロの明かりの影響で前のページの場所よりは少し明るめ。

暗闇の中D40で撮影した写真
F10、30秒、200

街灯があるトコロでのD40による撮影サンプル

街灯の光量が多く、街灯より下はかなり明るいトコロでのD40による撮影サンプルです。概ね写真のような印象のトコロです。

街灯の下でD40で撮影した写真1
F13、13秒、200

街灯の下でD40で撮影した写真2
F4.5、3秒、200
街灯の下でD40で撮影した写真3
F11、30秒、200

絞りによる違いを感じれたような、でもピントがあっていないだけなような_(^^;)ゞ


街灯の下でD40で撮影した写真4
F14、30秒、200

そんな訳でD40での撮影・夜の部でしたが、ISO感度について購入前は下限値が200と高めであるのが気がかりだったのですが、実際に撮影してみるとISO200どころか400も思った以上ノイズが少なく、意外と使えるコトに驚きました。また夜間撮影においてはISO400以下が無難かなと思う反面、800も状況によっては使えそうだし、1600以上についてもある程度状況を限定すれば思った以上に使えそうな感じがしなくもなく、D40の高感度も使えると言う評価も納得です。とは言え撮影条件とかによって変わってくる面もあるので、コノ辺りは絞りやその他のコトも含めてお勉強と経験を積んで学んで行きたいと思います。

Photo by Nikon D40

D40による撮影サンプル写真、その他のエントリ

関連エントリ
お散歩へ①(D40お試し)
お散歩へ②(D40お試し)
お散歩へ③(D40お試し)
お散歩へ④(D40お試し)
手当たり次第①(D40握り締め)
手当たり次第②(D40握り締め)
暗闇を見つめ①(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ②(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ③(D40と震えつつ)


暗闇を見つめ②(D40と震えつつ)

引き続き夜間撮影でのD40のノイズの具合などを見ていきます。①に対して今回はもっと暗いトコロでの撮影ですので、ISO感度はあまり上げずに、露光時間を長めにとった時のD40の具合を見れればなと思います。

※全ての画像がクリックすると拡大します。
※画像下の数字は絞り、シャッタースピード、ISO感度の設定値。

露出時間とISO感度を変えてみた際の画質変化

街灯が全く無く、明かりは月明かりのみ。この時は月の位置が低かったので、クルマから5~6メートル離れるとソノ詳細が目視出来なくなる位の暗さ。尚このページは全て同じ場所のモノで、露出時間やISO感度を変えてみて、ノイズの発生など画質の変化を見てみました。

D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真1
F5.6、25秒、200
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真2
F5.6、25秒、200
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真3
F5.6、30秒、200
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真4
F5.6、30秒、400
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真5
F5.6、15秒、400

現状リモコンを購入していない為30秒以上シャッターを開いていない関係でISO200では足りないと思い、ノイズ出まくるだろうなと思いつつ試しにISO400で撮影してみたと言う感じなのですが、ノイズの発生面では400でもナカナカ良い感じではないでしょうか? だんだんISO感度が200からでも気にならなくなってきました(笑)


D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真6
F5.6、30秒、200
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真7
F3.5、30秒、200

D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真8
F3.5、30秒、200
D40のISOや露出時間変化による画質変化サンプル写真9
F3.5、30秒、200

Photo by Nikon D40

D40による撮影サンプル・その他のエントリ

お散歩へ①(D40お試し)
お散歩へ②(D40お試し)
お散歩へ③(D40お試し)
お散歩へ④(D40お試し)
手当たり次第①(D40握り締め)
手当たり次第②(D40握り締め)
暗闇を見つめ①(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ②(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ③(D40と震えつつ)


暗闇を見つめ①(D40と震えつつ)

本日もシツコクD40な写真。今回は暗いトコロでの撮影ですので、ISOを高感度に設定した時などのノイズなども気になるトコロ。結構夜に撮影する機会も多いので、高感度時や露光時間の長い撮影でどのような写真が出てくるのか楽しみであり、D40に期待している部分でもあります。そんな訳でそんな設定値もチョロッと書いて見ましたが、ソレゾレの関係を良く理解出来ていないので、比較するにはチト心元無いかもしれません。とりあえずコンナ感じってコトで(^^;

※全ての画像がクリックすると拡大します。
※画像下の数字は絞り、シャッタースピード、ISO感度の設定値。

夜間撮影時におけるD40のISO感度変更時のノイズ増加や画質

まず初めは街灯の明かりが多少あるけど、感じとしては比較的暗いトコロ。

ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真1
F20、30秒、200
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真2
F22、10秒、1600
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真3
F20、46.7秒、200
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真4
F22、10秒、3200相当

撮影ポイントである道路は街灯によりかなり明るいトコロ。遠方のビルに関しては、目視で明かりのついている窓と全体のシルエット、大きく色の違うトコロが確認出来る程度の明るさ。

ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真5
F16、30秒、200
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真6
F22、20秒、800
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真7
F22、15秒、1600

街灯は明かりが弱く、比較的薄暗い感じのトコロ。近くの建物は詳細まで目視で確認出来るが、遠方はシルエットが見えるだけ。

ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真8
F5.6、13秒、200
ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真9
F5.6、4秒、200

目視ではシルエットが確認出来るのみ。

ニコンD40のISO感度の違いによるノイズ発生比較サンプルの写真10
F5.6、10秒、200

ISO最高感度の3200に設定するとサイズを縮小してもノイズが目立ちますが、1600、800については縮小すれば目立たなくなる程度だったり、撮影環境によっては暗くてもあまりノイズが発生しないと言った感じでしょうか。また購入前にISO感度の設定値の加減が200と高めからだったので、暗い場所でのノイズ発生などを心配していたのですが、ココに上げた程度の暗さであればISO200でもノイズの心配はあまり無いのかなと思います。

Photo by Nikon D40

D40による撮影サンプル・その他のエントリ

お散歩へ①(D40お試し)
お散歩へ②(D40お試し)
お散歩へ③(D40お試し)
お散歩へ④(D40お試し)
手当たり次第①(D40握り締め)
手当たり次第②(D40握り締め)
暗闇を見つめ①(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ②(D40と震えつつ)
暗闇を見つめ③(D40と震えつつ)