とある裁判の判決とブログに取り組む姿勢

とある会社員のカタが個人で運営していたWebサイトに載せていた、企業等の情報に関する文章が原因の裁判における2審判決が先日出ましたが、Webサイト管理人さんやらブロガーさん等々、人によっては、あるいは更新姿勢によってはちょっとギョッとする内容に映るかもしれないなと思ったりしております。

Webに公開した文章をめぐる裁判、っと報道、っと報道だけ見てると・・・

で、その裁判の判決に関する報道が下記辺りになります。

ネット名誉棄損:1審の無罪破棄し罰金命令--東京高裁 – 毎日jp(毎日新聞)

ラーメンチェーン経営会社を中傷する文章をインターネットのホームページ(HP)に掲載したとして、名誉棄損罪に問われた会社員、橋爪研吾被告(37)の控訴審判決で、東京高裁は30日、1審の無罪判決を破棄し、求刑通り罰金30万円を言い渡した。

1審判決は個人Web運営者に寛容だけど・・・

1審での判決はドチラかと言うと個人のWeb運営者やブロガーなどに対して寛容と感じる内容であり、

・Webの場合は(個人が発信する)情報は信頼性が低いと受け止められている
・また、Webの場合は互いに反論するコトも可能

っというような内容をWeb上での特性として挙げつつ、

なので、
・わざと誤った(嘘の)情報を伝える
・個人でも可能な調査すら行わずに誤った(嘘の)情報を伝える

と言った場合にのみ名誉棄損罪が成立するという、いわば「緩和」された新たな基準が示され、無罪判決となったようです。

被害者保護に重きを置いた2審判決

トコロが今回の2審判決では、

・Webにある情報は不特定多数が観覧するモノであり、
・見る者も、必ずしも個人発の情報が信頼性に欠けるという目で見ているとは限らず、
・また、書かれた側がソレを必ず目にするとも限らない(必ず反論出来る訳ではない)

っと言うような部分を指摘し、個人がWebを利用して発信する情報に限って名誉棄損罪が成立する基準を緩和している一審判決は被害者保護に欠けており、ソレでは不味かろうと言う訳で、逆転有罪となったようでして・・・

更に、

東京高裁判決は、ネット上での誹謗(ひぼう)・中傷や人権侵害が横行している状況に警鐘を鳴らし、被害者保護を重視したものだ。判決は、ネットの拡大により「表現内容の信頼度の向上はますます要請され、それにより真の表現の自由が尊重される」とも言及した。

っとしています。

トコロがどっこい

個人的な考えでは1審判決の、「個人発の情報は信頼性が低いと見られている」「互いに反論するコトが可能」っという特性として挙げられた、後の部分の前提条件となる部分は、2審にてことごとく指摘されているのと同様、かなりWeb管理者には都合の良い見方だなと。

その上で、2審の被害者保護を重視した判決は確かにその通りだよな~、っと思ったりする訳ですが、

宗教&カルト・ウォッチ:平和神軍観察会事件・被告人無罪!!
(前に1ページ、後ろに1ページ+αあります)

コレを見ると、1審判決の内容も上記での印象とは違ってきたりして・・・う~む(-_-)

結局のトコロ、ワタクシごときがアレコレ言えるような簡単な問題ではないのではありますが、たまに、っというか最近結構、無意味に個人攻撃っぽいエントリを恐らく書いている本人は特に意識もしてないのかなぁ~、っと感じるような軽いノリで書いているのを見かけたりもしますので、Webと言う「公共の場」にさらすモノとして今一度ブログやらWebサイトに(載せる文章なりを制作する際の)取り組む姿勢を考える良い機会であるのではないでしょうか。過去エントリを見直してみなければ・・・(^ ^;

ロードスター20周年記念なサイト立ち上がる

ってな訳でロードスターの20周年なWebサイトが立ち上がったようであります。内容の方は随時更新されて行くと思われ、現状では未公開になっている部分も見受けられますが、20周年記念のミーティング関連のインフォメーションページとNC2関連(?)のページ等で構成されています。

20周年記念のミーティング日程など

気になる20周年記念のミーティングに関しては、10周年ミーティング同様、広島の三次市にあるマツダのテストコース「三次試験場」にて2009年9月20日に開催予定となっています。

上記20周年ミーティングのインフォメーションページにて若干触れられていますが、実体経済環境の悪化が自動車メーカーにも打撃を与えているのは広く知られるトコロであり、三次試験場がミーティング会場となると当然マツダの協力が必要となりますから、こうした経済情勢がミーティングの開催に対して影響を与えないかと少々心配ではあります・・・。

[ネタ元 : The Most Toys -Blog-::20th情報]

関連ぽいエントリ

ロドスタの20周年限定車!?
ロードスターが累計生産台数80万台に
歴代なロドスタ本

D40のシャッター耐用回数とか総レリーズ数

ニコンD40の写真

ある日のコト、価格.comをウロついていたら、

 ・価格.com – 『シャッター逝きました』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

なんてスレッドを見てしまった・・・。そう、「見てしまった」と言う気分なの。だって、デジタル一眼レフカメラのシャッター機構に寿命があるなんて知らなかったんだもん(笑)。しかもソコに書かれているシャッターの耐用回数に関する憶測と言うか推測値がとっても心臓に悪い訳で・・・

結局のトコロ、17,512回でトラブルの起こったスレ主さんのD40はシャッターが壊れた訳ではなかったコトが下記のスレッドにて報告されていますが、一桁万回前半で逝くのでは?っと言った見方が多いのは大いにショッキング(シャレではありませんのであしからず)。

 ・価格.com – 『シャッター逝ってませんでした(ご報告)』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

もっとも、冒頭のスレッドやら下記辺りをみると、
 ・価格.com – 『20,000ショット』 ニコン D40 のクチコミ掲示板
 ・価格.com – 『総レリーズ回数』 ニコン D40 のクチコミ掲示板

D40のシャッター機構はD40xとかD80なんかよりシンプルなタイプだったり、また実際に5万回程度使用して問題の無いカタも居たりするので、シャッター自体の耐用回数は意外と多いのではないかとの見方をする向きもある訳ですが・・・

そもそも、2万とか3万回程度ではないかと見られている原因の一つに、D40の安さが起因しているフシがあるように感じられますが、個人的にはシンプルなんだから意外と長持ち・・・っに一票。っと言うか、そうであって欲しいなと、切実なる願いを抱くトコロです(^ ^;

D40のレリーズ回数

トコロでオイラのD40が今現在どの程度のレリーズ回数かと言うと、調べてみたら11,800回位。D40の購入は保々2年前なので、概ね6,000枚/年と言った感じで意外と少な目かなと・・・・・

D40の総レリーズ数の調べ方

D40はカメラ本体からでは総レリーズ数を調べるコトが出来ず、EXIF情報を表示できるソフトにて確認するコトになります。

で、オイラが使用したのはIrfanView32と言うソフト。
 ・IrfanView32【http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/】

上記日本語版ににIrfanView32本家に用意されている「EXIF Plugin」を追加してEXIF情報を見てみました。EXIF情報の表示に関してはGIMPでも表示させるプラグインが存在しますが、レリーズ回数までは表示されませんでした。

シャッターの耐久性が気になる訳

そもそも、何でD40のシャッターの耐久性だとか総レリーズ回数を気にし出したのかと言うと、インターバル撮影なんてコトに興味を持ってしまったからでありまして、僅か数秒の映像の為に数百~数千枚もの素材写真を撮影しなければならないような遊びをしていたら、あっという間にD40クンが悲鳴を上げそうで怖くなってしまったから(^ ^;;

D40のシャッター修理代がまた悩ましい

シャッターの耐久性と併せて気になるのが、実際にシャッターが壊れた時の修理金額ですが、エントリ冒頭のリンク先スレッドへの書き込みを見ると18,000円位とのコトで、コレが非常に悩ましい金額。っと言うのは、同ページに表示されているD40ボディの最安価格が今日現在で約3.2万円だから。

そんな訳で、修理金額に1.4万円のっければ新品が買えてしまうと言う辺り、コレは非常に悩ましいので御座います。ボディだけの購入でも単品で約5千円のバッテリーは付いて来るし・・・

因みにアマゾンだとブラックボディは左の通りで、シルバー ボディだと34,240 円と言った感じ(シルバー人気ないのね( ┰_┰) シクシク )

楽天の場合だと、今なら限定のNikonオリジナルバッグのオマケ付きで、33,800 円(消費税・送料込み)。

っとコンナ感じ。レンズキットだと5万円チョイになるけど、買い替えならボディだけでOKなのでホントに悩んじゃう(まだ壊れた訳じゃないので、悩む必要ないのではありますが)・・・

IEにもファビコンを表示させる

IEに表示されたファビコンの画像

IE(インターネットエクスプローラー)以外のブラウザをご利用のカタは気付かれたかと思いますが、少し以前にRoute315なファビコン(ブックマークとかアドレスバーのトコロに表示される小さな画像)を設定してみました。

今回ファビコンを設定したのは特に理由などなく、たまたまファビコンジェネレーターなサイトに辿り着いて、ポチポチと遊んでいたら何となくソレっぽいモノが出来たので、なら折角なので使おうかと、そんなトコロで御座います。

IEでファビコンが表示されない

そんな訳で上記サイトにて作ったファビコンをアップロードし、普段使用しているファイアーフォックスにてブックマーク及びアドレスバーに表示されて喜んだまでは良いのですが、IEで確認したら表示されておらず・・・・・orz

またお前か、IEぃぃぃ!
何時も通り、自分の無知はベットの下辺りに隠しつつ・・・

そんなコンナで調べてみたら、IEの場合はファビコンをサーバーのルートディレクトリ(階層の最上層となるディレクトリ)に置かなければ表示されない、なんてコトを書いてあるのを見かけ、FC2ブログの場合はご存知の通り、後からアップロードする様々なファイルはページ本体とは別のイメージサーバーにアップロードされるので、っと言ったコトやら、設置しようと思った理由自体大したモノではなかったので、まぁいいかと暫く放置しておりました。

IEでファアビコンを表示させるにはWindows icon形式にしなければならない

が、「IEの場合はファビコンをサーバーのルートディレクトリ(階層の最上層となるディレクトリ)に置かなければ表示されない」っと言うの、実は誤りだったみたいで、ファビコンのファイル形式が「Windows icon形式」になっていなかったのがIEで表示されない原因だったようです。そんな訳でコチラのページを参考に、@icon変換と言うソフトを使って単なるicoからWindows icon形式のファイルに変換して再度アップロードしたトコロ、エントリ冒頭に挙げた画像の通り、IEのブックマーク部分、アドレスバー部分共にファビコンが表示されるようになりました。
※IEなカタで表示されてないよ、っと言う場合は、更新して頂くか、それでもダメなら「Ctrl+F5キー」にて完全更新をお試し下さいませ。

ファビコンは元々IE独自の機能

トコロで先ほど自分の無知さを棚に上げつつIEクンを罵倒してしまった訳ですが、ことファビコンに関して言えば、コレは元々IEのブックマーク(お気に入り)機能のタメにマイクロソフトが独自に実装した機能だそうで、そのため上記のようなコトになっているようです。またIEがなんでファビコンのような機能を備えたかと言う点についても参考までに書いておくと、ブックマークに登録してソコにファビコンが表示される=ファビコンへアクセスする訳ですから、ソレによってブックマークに登録されている数を知るコトが出来たのですね(ただし、今はIEもアクセスしただけでファビコンを読み込むようになっているので、ブックマーク数を把握出来ると言う当初の目的は失われています。IE以外のブラウザ使ってる人も増えてきてますし)。

関連ぽいエントリ

Windows XPがexFAT対応 【SDXCカードも利用可能】
YoutubeのHD動画をブログ等に貼り付けるタメのブックマークレット
「押下」って何よ?
IE6にだけ別のCSSを読ませる方法
FC2ブログにちょっとカッコいいフォトギャラリーを作ってみる【Galleria・Lightbox】

“Where the Hell is Matt?”って何? マットって誰?

先日、YouTubeのHD版をブログ等に貼り付ける方法を紹介しましたが、その際、サンプル動画として利用した「Where the Hell is Matt? 」と言うタイトルの下記動画、コレに出てきて世界各地でチョットおかしなダンスを繰り広げるマット(Matt)さんとやらって一体誰なのよ? 何なのよ?? みたいなコトが気になって気になって仕方がないので本エントリが誕生。

Where the Hell is Matt?(2008)

“Where the Hell is Matt?”の誕生と成長

動画の中で世界各地を回りダンスを披露している人物は1976年生まれのアメリカ人男性なマット・ハーディング氏(Matt Harding)。上記動画は初めてのモノではなくコレが3本目となり、数年前にも同様の旅をして撮影した映像を公開しています。

マット氏が旅を始めたキッカケは、最初の旅に出る前に務めていたゲーム開発会社で携わっていた業務にあるようで、その仕事に意義を感じられなかったマット氏は仕事を辞め、それまでに貯えた貯金で旅を始めたのが、その始まりみたいです。

その旅の途中、ダンスしている様子を友人に撮影してもらい、ソレを自身のWebサイトにアップしたトコロ、口コミで人気に火が付くコトに。その動画は企業の目にも留まり、2006年にチューインガムメーカーからのオファーにより再び旅へ出るコトとなり2本目の動画「Where the Hell is Matt?」が誕生します。さらに同社のスポンサードのもと、14ヵ月の間に42ヶ国を旅して撮影したのが冒頭に挙げた動画「Where the Hell is Matt?(2008)」です。因みに本エントリを作っている時点でコノWhere the Hell is Matt?(2008)の再生回数が17,420,325回に達していますが、公開後83日間で1,000万回をこえていたのだとか(参照)。

より詳細な内容や、第一弾、第二弾の動画については下記リンク先をご参照下さい。
 ・世界中でダンスする"Where the Hell is Matt?"のまとめ – A Successful Failure

また、チューインガム会社がスポンサードしているのにソレっぽくないのは?っと言う疑問に関しては下記リンク先が分かり易く、広告に関してもちょっと面白い内容が書かれています。
 ・ダイエット・コーク x メントス = 明和電気的パフォーマンス  出所:ブランドって何だぁ?

それから、米ヤフー本社で撮影され、ヤフー社員向けに作られた動画なんてのもあるみたいです。
 ・Yodel Anecdotal » Blog Archive » And now we dance


そう言えばチョット話は変わりますけど、エントリ冒頭のリンク先でWhere the Hell is Matt?(2008) を知ったのは結構最近みたいな感じで書いていましたが、実は第二段の動画は公開当時に目にしていたようであります。っと言うのも、以前錯覚によって回転方向の異なる不思議なアニメーションを紹介した際にエントリ内からリンクさせて頂いたブログがあるのですが、そのブログ長らく拝見していまして、上記内容調べていたらそのブログのエントリもヒットした訳で。

 ・On Off and Beyond: YouTubeでコマーシャル:Where the Hell is Matt?

にも関わらず、当時このブログで特に紹介したりしなかっり、また記憶に残っていなかったのは、その時と今現在とで心境の変化と言うか、何か変わった部分があるのかな? なんて思ったりも。

脱線ついでにアメリカ在住な渡辺千賀さんのブログ「On Off and Beyond」ですが、コチラ面白いのでちょっとお勧めです。書かれている内容が幅広いのでパッとみて面白い、っと言ったタイプではないかもですが、過去のエントリをザクザク読み進めると魅力を感じ取って頂けるかと思われます。コレとかコレ辺りはショックを受けるカタもいるかもしれないけど、個人的にかなりお勧めです。コレ必見。

Windows XPがexFAT対応 【SDXCカードも利用可能】

最大容量が2TBとなるSDXCカードにも採用された、次世代FATとしての位置づけを持つファイルシステム「exFAT(Extended File Allocation Table) 」ですが、今までコレに対応するのはWindows Vista SP1のみでWindows XPはexFAT未対応でした。しかしSDXC発表当時にも対応すると言われていた通り、この度Windows XPにも更新プログラム(KB955704)が用意され、exFATが利用可能になりました。

 ・Windows XP 用の更新プログラム (KB955704)-Microsoftダウンロードセンター

尚、上記更新プログラム(KB955704)の利用には、Windows XPのサービスパック2(SP2)もしくは(SP3)がインストールされている必要があります。

関連ぽいエントリ

Windows XP SP3インストール後にWindows Updateや自動更新が失敗する時の対処方法
Zone AlarmとKB951748/KB951978は相性が悪い【追記2】
YoutubeのHD動画をブログ等に貼り付けるタメのブックマークレット
MS-IMEがドンドン変になるのでATOKを試す

迷惑メール対策の設定で受信拒否しましょう【ドコモ】

先日、架空請求メールが届いたコトを書きましたが、よい機会なのでドコモの迷惑メール対策に関する設定方法を少しばかりおさらいしようかと。ちょ~基本的な内容なので、ご存知のカタは華麗にスルーを決め込んで頂きたく思います。またココではドコモの例のみの紹介となりますので、auないしソフトバンクをご利用のカタはページ下部にあるリンクから各社の迷惑メール対策関連ページをご利用下さいませ。

架空請求メール発信元アドレスを拒否する【ドコモ】

そんな訳で、PCを利用して届いた架空請求な迷惑メールの発信アドレスからのメールを受信拒否する方法。携帯から設定する場合の手順は下の方に書いてあります。

マイドコモのトップページの画像

まずはMy docomoにアクセスしてログインします。

マイドコモのログイン画面

ログインに必要なIDとパスワードを入力してログインします。

iモード設定画面へ進むリンクの位置を示す画像
※クリック拡大

ログインしたら上記画像の位置にある「iモードの設定・確認」と言う項目をクリックします。

メールの各種設定画面へ進むリンクを示す画像

開いたページの「メール設定」の欄にある「各種設定・確認」と言うリンクをクリックします。

迷惑メール対策の受信と拒否設定画面へ進むリンクを示す画像
※クリック拡大

開いたページの「迷惑メール対策」欄にある「受信/拒否設定」の設定画面に進みます。

メール受信拒否アドレス記入欄を示す画像

開いたページの「拒否したいアドレス」の欄に、受信したくない・迷惑メールを送ってきた等のアドレスを記入します。因みに、画像の記入例はアスタリスク(*)が含まれていますが、ドコモの本設定においてはワイルドカードは使用できません

先日のエントリからリンクした架空請求データベースをご覧頂いたカタは気付かれたかと思いますが、あの手のメールを送ってくるカタ達はアドレスの先頭や末尾の数字を変えただけの、しかし複数のアドレスから送信しているコトが多いので、上記設定でワイルドカードを使えるとありがたいのになと思います。

ワイルドカード

ワイルドカードというのは、任意の文字列(=あらゆる、もしくは全ての、と言ったイメージ)を指定する際に使用する特殊文字のコトです。

例えば、「*」は任意の文字列として使えるので、aaa.1@aaa.ne.jp と aaa.22@aaa.ne.jp と言う2つのアドレスを指定する際にワイルドカードを使うと、aaa.*@aaa.ne.jp っとするだけで良い訳です。

そんな訳で、拒否アドレスの指定にワイルドカードを使えれば、同じ業者からの迷惑メールやら架空請求を受け取る確率をグッと減らせるように思うのだけど・・・・・。

携帯から設定する場合

上記の拒否設定をPCではなく、携帯電話から行なう場合の手順は、

■iMENU → お客様サポート → 各種設定(確認・変更・利用) → 詳細な設定(メール設定)→
 → 迷惑メール対策 → iモードパスワード入力 →
 → 受信/拒否設定(設定を選択して次へをクリック) →
 → ステップ5・アドレス拒否設定(入力欄に拒否したいアドレスを記入)

以上で、上記PCからの拒否設定と同じコトが操作可能です。また、受信/拒否設定画面(ステップ5)ではステップ1~4において、他の迷惑メール対策を講じるコトも出来ますので、本設定画面を見たコトの無いカタ(っで迷惑メールに困っているカタ)は一度ご覧になって設定してみると良いかと思います。

ステップ2にてPCからのメールを受信しないようにするのも良いかと(ただ、今現在PCからの迷惑メールが多いのかチョットわかりませんが)。その際、PCからのメール受信がひつようであれば、ステップ4で受信したい発信元アドレスを登録するコトで、PCからのメールも個別に受信を許可するコトが可能です。

ドメイン拒否

ドメイン拒否についてはdocomoの受信・拒否設定のページをご覧下さい。

ドコモの簡単メール設定

ドコモの迷惑メール対策機能としては上記以外にも簡単メール設定と言うモノがあり、

簡単メール設定画面へ進むリンクを示す画像

マイドコモにログイン → iモードの設定・確認 にて表示される画面にある、上記「メール設定」の項目にある、「簡単メール設定」をクリックすると、

簡単メール設定の機能選択画面

ご覧のように3種類のメニューが用意されており、コレを任意で選択するだけでもある程度の迷惑メール対策が可能です(詳細)。

迷惑メール業者はアナタのメールアドレスを知らなかった可能性もある

架空請求を含む迷惑メールと言うのは、必ずしもアナタのメールアドレスを知っていて送ってくる場合だけでなく、業者が「コンナ感じのメアドありそうじゃね?」って思うアドレスに片っ端から膨大な量の迷惑メールを送ったものがタマタマ辿り着いているコトもある訳で、ソレによって迷惑メールやら架空請求業者は「活きている」メールアドレスを知り得ていたりするコトがあるみたいです。

迷惑メールが届いたコト自体、極論すると好ましくない

ココで、でも返信とかしなければ利用されているアドレスだとわからないのでは? っと思われるカタがいらっしゃるカモしれません。架空請求などへの対処として「返信などしない」っは正しいのかもしれませんが、アナタのアドレスからの反応が何も無かったからと言って迷惑メール業者が使えないアドレス(存在しないアドレス)と捉えるかと言うと、そうでもなかったりします。っと言うのは、アナタが迷惑メールを受信したと言うコトは、アナタのメールアドレスに送ったメールがエラーにならなかった訳で、ソレ即ち活きているメールアドレスと言うコトになります(メアドを間違えたりして、送信出来なかったり、エラーメッセージのメールが届いた経験がないでしょうか?)。

そんな訳で、受信してしまったモノは仕方がないのだけど、上記した内容やら、迷惑メール業者が一部の数字だけを変えてたりするコトを考えると、届いた迷惑メールの送信元アドレスその物だけでなく、送信に使われそうな(あるいは使われている)その他のアドレスもある程度まとめて拒否できるようにワイルドカードが使えたら良いなと思う訳でございます。

この手の迷惑メールは夜中寝ている最中に届いたり、はたまた朝目覚めた直後に見たりすると嫌なモノですから一通たりとも届かないで欲しいトコロでありますです。

auとソフトバンクの迷惑メール対策

迷惑メールでお困りの方へ | メール・コミュニケーション | au by KDDI
迷惑メール対策をしよう|SoftBank

久々に架空請求来た【携帯迷惑メール】

久々に架空請求な迷惑メールがきました。しかも送信元のアドレスが携帯(笑)。 

送られてきた内容としては、オイラの携帯から有料サイトに登録し、無料期間が過ぎたけど退会処理とかしてないから、登録料金が未納になってますよと。そんでもって、放っておくとサイト運営会社が民事訴訟を起こす可能性があって、連絡くれれば和解の手続きを行えるので急いで電話よこしなさいみたいな・・・・・。で、最後にお約束で、コレが最後のご連絡ですナチャラカンチャラ。連絡くれないと法的手段とっちゃうぞ!

っとコンナ感じ。文面は若干違うけど、送信元とか名乗ってる会社名とかはコレとほとんど同じモノ(送信元アドレスはdokomoでなくキチンdocomoだった)。docomoドメインからの架空請求は他にも色々なバリエーションがあるらしく、最近の情報はコチラなど。

慌てて記載された電話番号に連絡したり、またはメールに返信したりしないよう、皆様もお気を付け下さいませ。

関連関連ぽいエントリ

迷惑メール対策の設定で受信拒否しましょう【ドコモ】
見知らぬメール

YoutubeのHD動画をブログ等に貼り付けるタメのブックマークレット

Youtube動画埋め込みタグを示す画像

さてさて、先日来、YoutubeのHD版動画を幾つか貼り付けておりましたが、その際、上記画面ようにYoutube当該動画ページに用意されている動画埋め込み用タグをただ貼り付けただけではHD版動画の貼り付けはできません。

YoutubeはHD版が使えるようになる以前にも画質向上に取り組んでいたようで、そのため配信している動画は(1つの動画でも)、画質の違う複数のフォーマットが存在する場合があります。以前はその種類もそれほど多くなかったので、上記の埋め込み用タグを編集して貼り付けたい画質に対応するのも容易でしたが、HD版の登場など、フォーマットが多くなって来たコトやら、HD版があるのにそのリンクが現れない場合もあったり(?)して、事前の確認が色々面倒になってきました。

そんな訳で、その動画に存在する最高画質を貼り付けるタメの便利なモノがないのかな~、っと思っていたら、ソレ用のブックマークレットを作っているカタがいらっしゃいました。

HD版以外にも対応するブックマークレット

で、YoutubeのHD版動画は勿論、HD版動画が存在しない場合でもソレに応じたタグを発行してくれるブックマークレットを公開されているブログは下記になります。

 ・Youtube のHD動画を色/サイズをカスタマイズした上でembedできるブックマークレット ::: creazy photograph

アクセスしてページ中ほどに

Youtube HD Embed Customized

上記リンクをブックマークしてください。

っと言う記述があるので、リンクになっている「Youtube HD Embed Customized」の部分をブックマークに追加すればOKです。

※IEはリンク上で右クリック→お気に入りに追加
※リンクをブックマークにドラッグ&ドロップ出来るブラウザはそのように

ブックマークレットの利用方法は、Youtubeの貼り付けたい動画のページを開いた状態でブックマークレットをクリックするだけです。たったソレだけでHD版は勿論、HD版が無い場合でも、その他の画質に対応した貼り付け用タグを生成してくれちゃいます。もぉ、激しく便利( TωT)o ウルウル

また、Youtubeの貼り付けタグカスタマイズ機能にて貼り付けサイズやプレーヤーの色などを変更した上でブックマークレットをクリックすれば、その内容も反映されると言う素晴らしさで、もぉ (TT▽TT)ダァー  って感じ(笑)

タグに追記してYoutubeHD動画を貼り付ける

上記のようなブックマークレットがあるので、もはや自分でタグを書き換える必要もありませんが、一応書いておくと、例えば下記がYoutubeが用意してくれている貼り付け用のタグで、

<object width="480" height="295"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="295"></embed></object>

上記タグを貼り付けると、下記のように表示されます。

HD表示するタメの追記

上記タグに、下記の赤字部分のように「&ap=%2526fmt%3D22」っと加えるとHD版(&fmt=22)となり、

<object width="480" height="295"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1&ap=%2526fmt%3D22" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="295"></embed></object>

上記のようなタグを貼り付けると下記の通りHD版に(再生して見比べるとわかります)。

HDは必要ないけど高画質にしたい時の追記

他、&fmt=18と言うHD版より劣るけど高画質なモードの場合は、下記のように「&ap=%2526fmt%3D18」追記すると、

<object width="480" height="295"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/QxKj-Hw8qzk&hl=ja&fs=1&ap=%2526fmt%3D18" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="295"></embed></object>

このような感じに(追記無しより高画質で、HDより低画質なのがわかります)

HDが一番画質が良いんなら、それを貼り付ければ良いじゃないか? っと思われるかもしれませんが、HD版はファイルサイズが大きくなるのでダウンロードに時間がかかったり、またPCのスペックによっては再生が困難な場合もあるので、場合によってはこの程度の画質でも良いかもしれません。

上記ブックマークレットの場合、HD動画がある場合、HD版の貼り付けタグとなるようですから、上に書いた事を考えると多少控え目な「&fmt=18」での貼り付け方法も覚えておくと良いかと思います。

HDとなる&fmt=22、それよりランクの下がる&fmt=18以外にも幾つかの種類がありますが、その詳細やら表示させるためのタグなんかについては下記のブログエントリが分かり易いので、興味のあるカタはご覧になると面白いかと思います。

 ・Youtubeの超高画質動画を埋め込む方法 fmt=22編 | feel my soul

サンプルにした動画

ハナシは変わって、上でサンプルとして利用させて頂いた動画ですが、HDバージョンが登場した際にアチコチで掲載されていたのがキッカケで知ったのですが、初めは何コレ? っと思いつつ、進んで行く程にちょっと感動。最近スッカリ気に入ってしまいました。何気に素晴らしい動画であります・・・

動画関連

D40でインターバル撮影して動画を作ってみた。
動画のBGMに利用したくなる素敵な音楽素材を配信するサイト【商用利用も可能】
1月10日はNONBYさんの日
レクサスIFとIS-Fのプロモでお勉強
ビデオスタジオ10プラスでH.264を書出す設定のメモ
ZOOMEへH.264で再アップ

D40でインターバル撮影して動画を作ってみた。

5Dでインターバル撮影した写真から作られた動画を見たり、試しにD40で以前撮影した写真からYoutube用HD動画(っぽいモノ)なんかを作ったりしてたら、インターバル撮影した写真で動画を作りたくなって来たので実際にやってみました。

ドコモの携帯があればD40でインターバル撮影が可能

D40でのインターバル撮影については以前書いた通り、D40自身にそうした機能がありませんし、また接続可能なリモートコードも存在しませんので、リンク先で紹介したようなタイマー内蔵の赤外線リモコンによってインターバル撮影を行うか、もしくは我が手と体内時計に頼る他ありません(笑)

手でシャッターを切る場合、正確に等間隔でシャッターを押せないと言う問題はありますが、それ以上にカメラが動いてしまう点も好ましくない訳で、さてどうしようかと思っていたのですが、ありがたいコトにニコンには純正以上に優れたリモコンがあったりしまして、ついでにドコモな携帯も持ち合わせているので今回はコレを使用しました。

このドコモのiアプリを利用したリモコンはナカナカ優秀で、任意に設定した時間をおいてカメラに信号を送るコトも可能なので、インターバル撮影には持ってこいと言った具合です。

D40のインターバル撮影から作った動画

そんなコンナで、D40でインターバル撮影した写真から作ってみた動画が下記。今回初めてなのでかなり短いですが。以下、Youtube版はHD版なので、再生に不都合がある場合は、更に下にありますZoome版をご覧下さいませ。尚、全画面表示にてご覧頂くと星が動いているのが確認できるかとおもいます。逆に全画面表示にしないと、全く面白みのない動画になっております(^ ^;

YoutubeのHD版

Zoome版

[BGM : Tradewinds (Theme) by Purple Planet]

撮影内容と使用した写真など

今回は、インターバル撮影した写真から動画にするのは初めてなため、画質的な事もわからないので途中で設定なども変えてみたりしました。そんな訳で後半はチョット見苦しかったりしますが、一応撮影内容を簡単に書いておくと、画像サイズは1504×1000、画質モードは「NORM」と言う設定で、前半はシャッタースピード13秒にて30秒毎に撮影(ISO800)。途中からシャッタースピード5秒にて約15秒毎に撮影(ISO1600)。後半はシャッタースピード3秒にて10秒毎枚に撮影(ISO HI・3200相当)と言った感じです。使用した写真の枚数は166枚で、コレを10fpsにて繋ぎ合せて動画にしてあります。

特に後半はチョットカメラが動いちゃったり、また全体にピントもあっていませんが、それは暗いし寒いしで早く帰りたかったタメでして(笑)。でも、星が移動している様子何かも思ったよりも写っていてナカナカ面白いなと感じているトコロでございます。

ニコン D40で撮影した写真をHD動画にしてみた

デジタル一眼レフカメラで「EOS 5D」で撮影した写真から作られたHD動画なんてモノを紹介しましたが、その中でも書いた通り、以前写真から動画を作っていた訳で、その時にD40で撮影した素材写真が残っていたので、早速HD動画(っぽいモノ)にしてみました。

ってな訳で、以下、YoutubeのHD版を貼り付けてありますので、全画面表示(プレーヤー下段の右から2番目のボタンをクリック)にして頂くと、HD動画っぽさが分かり易いかと思います。

YoutubeにHD動画としてアップロード

参考までにYoutubeにアップロードした動画ファイルの情報を書いておくと、最終的な出力はAviutlのH.264出力プラグインによる.mp4ファイルです。その他は、

 ・コンテナ : MPEG-4
   |    ビットレート : 2871Kbps
   |    サイズ : 2.18MB

 ・Video : AVC
   |    1280×720
   |    プロファイル : High@L3.1
   |    ビットレート : 2894Kbps

 ・Audio : AAC LC(音は入って無いけども)
   |    ビットレート : 3Kbps(VBR)
   |    レート : 44100Hz

Aviutlや、Aviutlを用いたMP4出力については下記辺りをご参照下さい。
 ・AviUtlのお部屋
 ・AviUtlを使ったMP4 (H.264) エンコード

そんなコンナでYoutubeにアップしたHD動画ですが、上に挙げた通り9秒足らずしかないにも関わらず、アップ後の処理に1時間位掛っていたのは、単にアチラが混んでいたからなのでしょうか?

ニコン D40とインターバル撮影

上に挙げた動画はピントの位置を変える関係上、インターバル撮影によるモノではないのですが、EOS 5Dの例のような動画の場合はインターバル撮影が便利。なのですが、ニコンのD40にはインターバル撮影機能がないのです・・・orz

※インターバル撮影 : 一定の間隔で連続的に撮影する方法・機能

D40はインターバル機能付きリモートコードも使えない

また、D40はこのようなインターバル機能付きリモートコードも使えず、用意されているリモコンはML-L3のみ・・・orz  って、ML-L3って、昔のコンパクトカメラのリモコンですかコレは( ┰_┰)

そんな訳で、とあるD40ユーザーがこのML-L3にインターバル機能をぶち込んでおられました。
 ・ML-L3リモコンのインターバル改造

上記リンク先(の、一番下)にて、D40を用いて8秒間隔でインターバル撮影した写真から作った動画も見るコトが出来ますので参考まで。

デジタル一眼レフカメラ「キャノン EOS 5D」で写した写真で作ったHD動画

キャノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」でインターバル撮影によって写された写真を基に作られたHD動画なんてモノがありました。

キャノンのEOS 5Dと言えば、少し以前にMark II が登場し、ソチラには標準でフルHD動画を撮影する機能が備わっていますが、下記の動画は5D Mark II で撮影した動画ではなくて、上にも書いたように写真を繋ぎ合せて作られた動画です。

写真ベースの動画

オイラも以前、ピントが動的に変化する映像なんてモノを作った時に写真ベースに動画を作ってみたりと、コノ動画と似たようなコトをやりましたが、その時は解像度アップとは違った目的だったので、改めてこのような動画を見るとこう言った方法も面白いなと思います(作るの大変だろうけど)。

動画のスムースさと言った点に関しては、ソレ用のカメラに一歩二歩遅れるトコロですが、単純に一コマ当たりの絵に関しては、一般的なフルHD撮影可能なビデオカメラよりもデジタル一眼レフカメラの方が優れている、っと言うか面白い絵が取れたりし易いと思う面もあるので、上手く使うとナカナカ楽しい動画が出来そうです。

画質優先でHD版を貼り付け

今回は画質がよくわかるように、ユーチューブのHD版を貼り付けてみましたが、ご覧になる環境によってはダウンロード速度やスムーズに再生されないと言った問題が起こるかも知れませんので、その際は下段に載せてある普通の高画質版をお試し下さいませ。

HD版の視聴が可能なカタは画面下、右から2番目のボタンで全画面表示にてご覧になるコトをお勧めいたします。

■ユーチューブHD版

■HDより劣るけど、高画質版

動画関連なエントリ

斬新なインターフェースのビデオ編集ソフトLoiLoScopeがフリーで驚き
写真をレタッチするかの如く動画を加工出来る技術
モザイクテスト
車載用に吸盤型カメラステーを作ってみた

斬新なインターフェースのビデオ編集ソフトLoiLoScopeがフリーで驚き

先日、LoiLoScopeというビデオ編集ソフトの存在を知り、面白そうな面があったコトや、またこのソフトがフリーで利用可能であったため試しに使ってみるコトにしたのですが、使ってみて少々、いやかなり驚いています。

とりあえずLoiLoScopeを使って簡単な編集を行って作ったモノが下記の動画になります。

LoiLoScopeで編集した映像

[BGM : Funk City (Theme) by Purple Planet]

コノ動画、編集に掛った時間はモノの数分です。それ自体は普通の編集ソフトでも慣れれば可能でしょうが、ちょっと驚いたのが一つの画面内に4つの動画を置き、さらに複数のエフェクトを掛けた状態で、編集中のプレビュー画面が高画質なままでスムーズに動くコト。また、プレビュー箇所を動かした際の動きもナカナカ素早くてストレスが少ない印象です。

独特だけど使い易いインターフェースは革新的とも

LoiLoScopeはユーザーインターフェースが従来の動画編集ソフトと大きく異なるのも特徴で、素材となる動画の整理、置いておくスペース、また編集中に行うソレらへアクセス、っと言った際の(利用者の)動作が非常に行いやすいです。

具体的にはワークスペースが無限大の平面上に展開するのが一つの特徴で、素材を広大なスペースにドンドン展開できると共に、一瞬にして全体を見渡したり、または素材を拡大表示したり出来るので、素材へのアクセスが非常に楽であり革新的とも言える内容です。コレは従来の編集ソフトを利用したコトがあるカタならば非常に便利だと感じるかと。

色々書きたいトコロですが、言葉で書くより説明動画の方が分かり易いかと思いますので詳細は以下の動画にて。フリー版は書き出せる映像サイズ・その他に制約がありますが、使ってみた感じ、製品版の方も使ってみたくなってきます。

LoiLoScopeフリー版のダウンロードはコチラから。

LoiLoScopeの簡単な説明

LoiLoScopeちょっと詳しい説明

関連エントリ

写真をレタッチするかの如く動画を加工出来る技術
車載用に吸盤型カメラステーを作ってみた
ピントが動的に変化する映像
ZOOMEへH.264で再アップ

動画のBGMに利用したくなる素敵な音楽素材を配信するサイト【商用利用も可能】

BGM素材配信サイトの画像

動画作品やスライドショーに必要不可欠な感もあるBGMですが、その素材とする音楽で気になるのがライセンスの問題など。そんな中、ライセンスについては配布元サイトへのリンクするだけと言うありがたさに加え、ナカナカ素敵な音楽素材を配信しているサイトが紹介されていました。しかも商用利用まで可能と言うコトなので素晴らしすぎると言った感じで御座います。

 ・Purple Planet
  (http://www.purple-planet.com/)

このPurple Planetで配布される音楽素材は比較的時間も長く、ある程度の長さを持った動画作品やらスライドショーにも利用出来そうなのが良いトコロ。用意されている音楽も上記画像のように複数のジャンル毎に用意されており、結構豊富なラインナップとなっているので一度視聴してみるコトをお勧め致します。また、「Webで動画とか公開してねーし!」っと言うカタも、とりあえず聞いてみると楽しめるかもしれません。

※早速Purple Planetの音楽を動画のBGMとして使ってみました

[ ネタ元 : 商用利用もOK!BGMなどに気軽に使える無料の音楽素材『Purple Planet』 | 100SHIKI.COM ]

関連エントリ

動画編集とBGM
音楽配信サイト
ミュージック・バトンに悩む・・・
空気が震える時
SOUNDO STATION

SDカード、次の一手は最大2TBのSDXCカード

SDXCカードの画像

フラッシュメモリの一つであるSDカードも2001年01月に8MBの物が登場して以来、グングンと大容量化が図られてきましたが、最近新たに発表された新規格である「SDXC」においては最大容量が2TB(=2048ギガバイト)にも達するのだそうで、思わず意識を失いそうになります(笑)

SDXCの前にはSDとSDHCが存在

SDカードの規格? っと思われたカタの為にちょっと説明してみますと、今現在市場に出回っているモノとしては、SDカードSDHCカードの2種類が存在し、そこにSDXCカードが加わるカタチになります。

規格による最大容量の違い

この3種類のカードは上の画像のように姿形は同じですが、では何が違うのかと言うと、最もわかりやすい違いの一つが最大容量(ファイルシステム上の制約)であり、各々下記のようになります。

 ・SDカード    2GB
 ・SDHCカード 32GB
 ・SDXCカード  2TB

上記の最大容量は各カードが対応可能なファイルシステムの違いによるトコロで、SDはFAT16、SDHCはFAT32、SDXCではexFATに対応しています。

転送速度の違い

SD、SDHC、SDXCカードの違いとしてもう一つ見かけるコトが多いのが転送速度の表記で、コレはSDHCのスピードクラスによって知っているカタも多いかと思います。SDXCカードは転送速度についても更なる高速化が図られるようです。

SDカードの転送速度表記

転送速度についてはSDカードにも記載されているコトがありますが、SDカード規格は転送速度の測定条件に関する内容が含まれていないので、製品に表記される速度は目安程度になります(同じ数値でも製品によって異なる可能性があるので)。

但し、SDHC規格と共に定められたスピードクラス規格に準拠している場合は、上記の限りではありません。

スピードクラスはSDHC登場時に設けられた

一方、SDHCカードの転送速度については「スピードクラス」として統一基準が設けら、クラス毎に最低転送速度が保証されています。またSDHCカードはスピードクラスの規格に従うコトが必要となっているので、SDカードの転送速度表記とは意味合いが異なると言えるかと思います。

尚、SDスピードクラスでは各クラス、読み書き時のデータ転送速度が、

 ・ Class 2 : 2MB/s(16Mbps)
 ・ Class 4 : 4MB/s(32Mbps)
 ・ Class 6 : 6MB/s(48Mbps)

上記数値以上の速度を保証するコトになっています。またSDカードにおいてもスピードクラス規格に準拠している製品はコレと同じになります。

SDXCカードの転送速度は最大300MB/s

SDXCカードは転送速度も飛躍的に高速化されるコトになりそうで、その最大値は300MB/sに達するようです。しかしながら300MB/sの製品が登場するのは少し先のコトになりそうで、SDXCカードが登場する2009年内は最大104MB/sと発表されています。

SDXCとSDHCは上位互換性有り

SDXCカードの発表によって、同じ姿で中身が違う3種類のカードが存在するコトになりますが、SDXCとSDHCカードについては上位互換性があるので、今現在持っているSDカードやらSDHCカードも今後十分利用できます。上位互換については下記のようになります。

 ・SDXC対応機器 : SDXC・SDHC・SDカードに対応
 ・SDHC対応機器 : SDHC・SDカードに対応
 ・SD対応機器   : SDカードに対応

当面はSDXCカードの登場によるSDHCカード価格低下に期待かな?

さて、SDXCカードの最大容量2TB、最大転送速度300MB/s、っと言う辺りは冒頭に書いたように気を失ってしまいそうですが、転送速度の欄に少し書いた通り、発売当初からこう言った製品が登場する訳で無く、容量については64GBとか128GB程度のモノ(っと言うにはあまりにも大容量)から発売が始まるのかなと思いますが、一般ユーザーがこのカードを有効に利用するには少し時間が必要かなと思う面もあります。

SDXCカードのexFATはWindows XP以下はアップデートが必要

SDXCカードで利用されるexFATと言うファイルシステムですが、今現在このファイルシステムに対応しているのはWindows Vista SP1のみです。Windows XPについては今後exFATを利用できるようになると見られているようですが、サポートの終了しているOSについてはexFATでフォーマットしているSDXCカードにアクセス出来ない可能性があります。

追記:Windows XPがexFAT対応 【SDXCカードも利用可能】

各種機器の対応

その他、カメラ等で利用する場合もSDXCカード対応のカメラが必要ですし、PCへのデータ転送時にSDXCの高速転送性能を活かすためにはカードリーダーなんかも追々交換の必要があるかもしれませんね。

SDHCカードが安くなると良いね

まぁ、そんな訳で、当面はSDHCカードの価格が落ちて、32GBクラスのSDHCカードが安価になるコトに期待しております。また、SDHCカードにもSDXCのデータ転送速度高速化に関する技術が盛り込まれて行くようなので、今現在発売されているクラスのSDHCカードについては、今後、手に入れやすくなる見込みは十分にありそうです。

それより心配なのは、こんなにもコンパクトながら2TBもの容量を持つカードが出てくる可能性がある訳で、それに伴ってこうした大容量カードが必要になるような機器なんかが登場しちゃうんでしょうかね? カード自体よりもソッチの方が気を失いかねないなと・・・・

関連ぽい過去記事

光輝く円盤に溜息
データ整理とバックアップ
新入りはデジイチ・・・【Nikon・D40】