カートレース観戦にて流し撮り練習

日曜日は、知り合いが出場しているカートレースの観戦に行き、そこで流し撮りの練習などしておりました。土曜日はかなり涼しかった気温も日曜日には再び暑さを取り戻し、練習・予選×2・決勝を通してかなりの周回数をこなすので、はたから見ているととても大変そうに感じる程の暑さで、見ている方も日陰に逃げ込む始末(^_^;)

流し撮りの練習

オイラは久々にカメラを持って、ひたすら流し撮りの練習。望遠レンズが無いのでなるべく近くで撮れるように歩く間にも暑い・・・。使用レンズは毎度おなじみD40レンズキットの18-55mmなヤツを使用。簡単な撮影データは、ISO200、シャッタースピードは1/40~1/60、F/18~29。

この日は雲が結構出ていて、さらに風もあったので撮っている最中に日が出たり、雲がかかったりと言った感じで、上記固定では失敗も多く・・・。シャッタースピード優先モードとかで撮れば良いのかな? 今度試してみよう。

ってな訳で失敗な感じのもありますが撮ってきた写真など。リサイズのみでトリミング等は無し。レタッチも面倒なので無し(笑)(っと言うか今のPCだとやる気おきず^^; )

カートレースは面白い!

ソレはそうと、カートレースは見ていて面白い! 確か4つ位クラスがあって、ソレが入れ替わり立ち代り走っているので基本的に飽きないっす。ソレに基本的にくっ付いて走ってるコトが多いから、それぞれの駆け引きとかもあって結構激しい場面も。

くっ付いて走ってる時なんか、結構ゴツンゴツンぶつけてる人も居れば、特に早いクラスでは凄く微妙な車間(と言うか、もはや隙間)を保って背後にピタッとくっ付いている人もいるしで、見ていてホントに楽しい♪

また、エントラントが非常に多いのも、その場の雰囲気に活気や熱気を与えていて良い感じ。炎天下のサーキットはとても熱かったであります。

流し撮りの練習の成果?

流し撮りしたカートの写真1
流し撮りしたカートの写真2
流し撮りしたカートの写真3
流し撮りしたカートの写真4
流し撮りしたカートの写真5
流し撮りしたカートの写真6
流し撮りしたカートの写真7
流し撮りしたカートの写真8
流し撮りしたカートの写真9

流し撮りについては、ロドスタの走行会で実車を流し撮りしてみたエントリもどうぞ!

Photo by Nikon D40

トマトとアボカドの冷製パスタ

暑い日が続きサッパリしたものが食べたい日が続く訳ですが、サッパリしたモノばかり食ってると栄養面が気になりますし、ひいては暑さに対抗する元気も無くなったりしかねないので、サッパリしつつ元気になれるレシピは無いものかと探していて見つけたのが、アボカドとトマトの冷製パスタ。アボカドは栄養価の面で期待出来るし、冷製パスタならばいけないほど冷たくもなく体にも優しそうなので、本日の昼食はコレに決定!

とかいいつつ、ホントは食べ頃のアボカドと、沢山出来てしまった自家栽培のミニトマトを早く食ってしまわにゃならなかったので、選んだレシピなのですが・・・(^_^;)  まぁ、トマトもアボカドもスパゲティも、皆大好きだしね(^^)

完成したトマトとアボカドの冷製パスタの写真

トマトとアボカドの冷製パスタ・材料と作り方

参考にしたレシピではノンオイルとなっておりましたが、オリーブ油なども相性が良さそうなので今回は少し変更して以下のような材料にて。

材料(2~3人分)

パスタ(1人1束)・トマト(2個)・ミニトマト(9個)・アボカド(1個)・生のバジル(一人5~6枚)・ニンニク(1片)・塩ラッキョ(3~5個)・レモン(1/2個)・醤油(小さじ1)・塩(適当)・ブラックペッパー(適当)・バルサミコ(大さじ1)・赤ワイン(大さじ2~3)・オリーブオイル(大さじ3~4)

作り方

1.すりおろしたニンニクをオリーブ油大さじ2と共にボールに入れ、オリーブオイルに香りを移す。

2.塩漬けラッキョをみじん切りにして、コレもボールへ入れる。

3.湯剥きしたトマト・アボカドを適当な大きさにカットしボールへ入れ、アボカドにかかるようにしてレモン汁を注ぐ(アボカドの変色を抑えるため)。ミニトマトは半分にカットしコレもボールへ(自家栽培のが余って仕方ないので入れてみた(笑) )。

4.塩・ブラックペッパー・醤油・バルサミコ・赤ワインにて味を整え、バジル(用意した半分)を千切った後に包丁で荒めに叩いて香りを出してからボールに入れる。

5.ボールを冷蔵庫へ入れて冷やす(盛り付ける器も同様に冷やしておく)。

6.スパゲティを時間より若干長めに茹で、氷水で冷やして締めたら十分に水を切り、ソースの仕上げをする間(短時間だけど)冷蔵庫にて冷やしておく(水気も飛ぶし)。
(※スパゲティを茹でる際、茹で上がり後、氷水に浸すので塩は通常より多目が良いかも)。

7.冷やしていたソースを取り出し、オリーブオイルを更に大さじ1~2杯加える(食べる直前に入れると香りが良いので)。

8.冷蔵庫からスパゲティを取り出してソースと絡ませたら皿に盛り付け、残りのバジルを大きめに千切って散らしたら完成。

夏は冷製パスタが美味しい♪

生のニンニクが入りますが、その辛味や強い香りに対し、レモンやバジル、トマトの酸味・風味などが良い感じに合わさって、意外と爽やかな感じでサッパリと頂けます。またニンニクの香りや辛味によって食欲も刺激されるし、冷製パスタと言うコトもあって暑い夏向き。またソコにアボカドのマッタリ感が合わさってバランス的にもナカナカ良い感じ。他にもアボカドを減らしてモッツァレラチーズを加えたり、もしくは全てを置き換えてしまっても美味しいかと思います。

トマトとアボカドを使った別のレシピ

ソウメンが余って仕方がないと言うカタには、ソウメンを使ったレシピもあるようです。今回のと違った感じですがナカナカ美味しそう。オイラも今度試してみま~す♪ 暑い日が続いてますから、しっかり食べて暑さを乗り切りましょ~!

参考にしたのはコチラ。また夏のメニューとして明太子と大根おろし、ゴマ油を使ったソウメンもナカナカお勧めですので、よろしければご覧下さい。

お手軽サラダうどんでサッパリと

数日前、非常に暑くてサッパリしたモノが食べたい、でも作るの面倒だぁ~~~、っと思いながら何かよいレシピが無いかと探して見つけたのがサラダうどん。作るの簡単そうなので早速作るコトに。

サラダうどんの材料と作り方

完成したサラダうどんの写真

材料

うどん(1玉)・ツナ缶(1/2缶)・レタス (適当)・鰹節(適当)・タレ【マヨネーズ(大さじ3)・めんつゆ(ストレート)(大さじ3)・すりごま(大さじ1)】。 更に今回は大根(甘そうな部分)(適当)・大葉(適当)・トマト(適当)を加えてみたであります。

作り方

作り方は下記リンクにもある通りで、材料切り、うどん茹でて、タレを混ぜ合わせるだけのお手軽さ。盛り付けはまずレタスを敷いてからうどんを載せ、その上に千切りにした大根・ツナ・鰹節・大葉の順に盛り付け、タレをかければ完成。トマトはオマケ的な扱いです、今回は(笑)

サラダのようにサッパリと

付け加えた大根のシャキシャキ感やら水気、大葉の香りによって、マヨ入りでありながらもサッパリ感があってナカナカ良いでありました(^^)。サラダ感覚で食べれるし、なにより作るのが簡単なので暑い季節にお勧めです♪

タレをかけたサラダうどんの写真
一人分には多すぎた(^^;

参考にしたのはコチラ

サルになる。それはコッソリと・・・

ども、ちっと間が開いてしまいましたが、オイラは元気であります。ココのところ連日夜はロドスタとお散歩な日々を過ごしておりとても良い感じなのですが、逆にココのコトがおざなりなってしまいまして・・・(-_-;)

エンジン載せ換えの作業につきまして、キチンとまとめたいと言う想いはありつつ、しかし作業途中の写真が中途半端と言うか、ハッキリ言ってあまり撮ってないと言うか(汗)。っと言った感じなので、その辺りについては、備忘録も兼ねてテキスト主体でまとめようかなと思っているトコロです。

エンジン載せ換え後、1300キロを後に

ロドスタ君の方はその後とくに問題も起きず本日までに約1300キロを後にしましたが、いたって快調で嬉しい限りであります。正直、以前(エンジン載せ換え前)は気兼ねなく踏めないと感じるモノもあって乗り手の方が遠慮勝ちだったのですが、今はそれも若干改善され、日々暇があればロドスタに乗りたい衝動に駆られている次第であります。

何と言うか、以前(同上)はロドスタ君の状態を考えると積極的に乗りたいって気にならなったモノですが、しかし最近はひたすら思い切り乗りたいって想いが強く、特に一日のウチで時計の針が進むにつれソノ想いは強くなる一方です。

ロドスタと共に・・・

そんな訳で冒頭の通り連日ロドスタと共に深夜の道に繰り出しているのですが、夜が深まるにつれワクワクしてしまうコトと言い、そして実際に深夜に家を出て行くコトと言い、またひとしきり散歩してから家に戻ってロドスタを車庫に収めた後に感じるモノと言い、何と言うか免許取立てであったハタチ前に戻ってしまったような心境です。

そうしていると当時と変わっていない自分自身にも気付いたりして・・・。今では深夜(っと言うか早朝)に帰宅するコトも珍しくありませんが、しかし家を出る目的がロドスタに乗るコトだけとなると、いまだに深夜「コッソリ」と家を抜け出すような高校生やら中学生のような心境に陥ります(^_^;)