07軽井沢MTG

そんなコンナで参加するコトにしたロードスターのお祭りな軽井沢ミーティング。先日行って参りました。

軽井沢ミーティング前日

ハナシは軽井沢ミーティング前日である土曜日から。この日は、前の日(=金曜日)に寝るのが遅く、朝起きるのが辛い。もう少し布団と仲良くしてたいよぉ~っと思いつつ、洗車とか準備しないといけないし、ミーティング当日は朝早いから、早く起きて早く寝ればバッチリじゃん! っと自分で言い聞かせどうにか起床。でも9時(笑)

洗車他準備を済ませた後、風呂に入り晩御飯を食べ終えた20時半過ぎにはちょっとした眠気が。この眠気を逃したらアカン!っと思い、21時に再びお布団の中へ。明日は3時半位には起きたいし、コレで睡眠時間もバッチリ、元気な状態でミーティングに参加出来る。

っと思ったモノの、よくあるパターンが発生しまして、一向に寝れない(泣)。そしてコレもよくあるコトかと思いますが、頑張れば頑張るほど寝れな・・・

仕方が無いので12時に一旦布団から出る。お腹が空いたのでスパゲティーを作って食う。その間借りているドラマなDVDを見る。気が付いたら1時半(汗)。慌てて布団に逆戻り。ウーンウーン寝れないよーっ、とやっている間に目覚ましのお仕事な時間に(泣)

軽井沢ミーティング当日

そして軽井沢ミーティンの当日に。

前日が終わらぬまま迎えた当日(笑)

前日の朝、布団から出るのに時間を要したヤツとは思えない程、目覚ましが鳴ってからすぐに布団から出る。シャワーを浴び身支度を整え、コーヒーを飲んだトコロで出発。せっかくなので屋根を開けて集合場所へ向かう。

集合場所に到着し、途中で買った朝ごはんを食べつつ、参加メンバーがそろったトコロで屋根は閉めて出発。天気は良く気温もソコソコで気分が良い。日が昇り出すと共に眠気も引き順調にドライブ。

途中へんてこりんな車vsバイクなのが居たり、人が隣を走行しているのに迷いもなく車線変更してくれる車さんが居たりして、改めて気をつけて行こうと気を引き締める。

他、順調に進み、特に渋滞等も無く現地へ行くも既に凄い台数で、第2会場へ。

みーちんぐ

辿り着いたトコロで帰りの心配が出てくる程の充実感。いや、疲労感。今日になって随分と時間が経つ気がするが、時計を見ると10時前と、1日が長く感じられる(汗)

そうこうしている間に、メンバーのお子さんがペダルカーレースに参加するとのコトなので会場へ。ペダルカーレースは以前から行われていたと思うが、見るのは初めて。更に言ってしまえば、最前列に陣取りカメラを構えて観戦する日が来ようとは思いもしなかった(笑)

っと言う訳で、ちびっ子達の活躍を眺め終えたトコロで自分のロドスタのトコロへ。

初めまして

ペダルカーレースの観戦に行く前、荷物やカメラの準備をして自分のロドスタをフト見るとワイパーに何かが挟まっているので取ってみると、携帯番号と共に描かれた見慣れたネコちゃん。

クルマに戻ったトコロでドキドキしながら電話をかける。呼び出し音が繰り返される間にもドキドキ。呼び出し音が鳴り止むコトは無かった(笑)。 少し経ってからかけ直してみようと思いつつ、カメラをしまったりしているトコロに声が掛かる。振り返りって見ればフナさんだぁー!

ってな訳で初対面。挨拶を交わしお土産を頂き、座り込んでおしゃべり。いつも地元のロドスタな集まりでやっているコトとなんら変わらないこの雰囲気は、あれ初対面でしたっけ?っと言った感じ。

その後フナさんと一緒にいらしていていたカタともお話させて頂き、あぁ軽井沢やっぱ来て良かったな感じに。遠いトコロからの参加お疲れ様でした。声かけて頂いて嬉しかったであります。

他色々

遅めの昼食をとっている最中、近くに止まっていたロドスタに目が止まり、食べ終わったら見に行こうと思っていたら、食ってる最中にお帰りになってしまった(泣)

他にも気になるロドスタがあったのだけど、会場を動き回る元気も無くマッタリ過ごして撤収。そんな訳で気が付いてみれば写真全く撮っておりませんでした(汗)

あ~、今日になってもまだ眠い。昨日は10時過ぎに寝れたのに・・・

デスクトップ君死亡?

本日、愛用しているデスクトップなバイオ君を起動しようと思ったら、起動するモノのストンと電源が落ちてしまう・・・orz 数回試すも一向に状況は変わらないので、バラシテ中を見てみるコトにした。

が、しかし。

見たトコロで何がなんだか分からない(泣)。とりあえずは2枚あるメモリを1枚にし、それぞれを付け替えてみたり、気休めにホコリの溜まっている箇所を清掃してみるが、やっぱりダメ。

以前交換したCPUも疑わしいけど、起動してしまえばしばらくは問題無く動いているし、電源を入れて問題の起こる(電源の落ちる)タイミングがその時々で異なり、スイッチを押した直後に落ちる時もあれば、問題無く起動してしばらくしてから落ちる時もある。っと言う訳で電源辺りが怪しいのでしょうか? ホント何が悪いのかわからないので、詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイス頂きたく思います。

ノートPCのウィンドウズアップデートを行っている画面の写真

っと言う訳で、使っていないノート君を引っ張り出して更新中。しばらく使っていなかったのでアンチウィルスソフトは更新期限が終わってるし、ウィンドウズアップデートに至っては前回より多い45件(泣)

泣きながらアレヤコレヤとやって、やっと使えるようになりましたが、最近のロドスタな写真のデータなどは外付けHDにバックアップ前でして、バイオ君の手の届かないトコロに眠っておりますのでしばらく更新が少なくなるかもしれませんm(_ _)m

軽井沢MTGに備えてオイル交換

外装関係のコトは別に書く予定ですが、その他軽井沢MTGまでにやりたかった事リストとして、

  • ・エンジンオイル交換
  • ・車高ダウン
  • ・リアパッド&ディスク交換
  • ・室内清掃
  • ・洗車

があります。
エンジンオイル交換&車高調整、リアブレーキ関係については今日やろうと思ったのですが、10時頃にロドスタで道を進んでいるとオイル交換屋さんが開いており、しかも開店直後の駐車場にはクルマが見当たらなかったので、そこにスルリと入り込んでおりました。

エルフ・エクセリウムGP 5W50の写真

っと言う訳でエンジンオイル交換。

距離:170538Km
オイル:エルフ・エクセリウムGP 5W50
エレメントはそのまま

どこぞのカー用品店と異なり、ピットに入って1時間近くも待たされるコトなく(オイル交換+αがあるとは思えないお店にて)、非常にテキパキとした作業を行うお店であり店に入ってから出るまで30分位。最低限オイル交換をキチンと行ってくれるお店として非常に満足でありました。

ある店のオイル交換のハナシ

あるお店のおハナシ。
そのお店でエンジンオイル交換を依頼する。オイル交換専用ピットなど持たないそのお店では、リフトorウマにて作業。当然時間は掛かります。

ジャッキアップ後にエンジンオイルのドレンをまず締め付け方向に。その確認後緩めてオイル排出。外したドレンボルトのパッキンやマグネット(があれば)に付くモノの確認、清掃。清掃もまずウエスで拭いて付着物を除き最終的にクリーナーーやエアを使ったりとホコリの付着を排除する方向。その後ドレンはカップに入れてホコリが付かないように保管。オイルが抜けるのを待つ間、メカニックはタイヤを揺すりハブやサスリンクに問題が無いか確認、続いて下回り点検、汚れている箇所の清掃、足回りにピロを使っていればソコもクリーニング。

オイルが抜けたトコロで再度ドレンを確認し装着。抜いたオイルに問題が無いか確認し、オイルを注ぐ。レベルゲージでオイル量を確認。その後ウエスでオイルを拭い、さらにホコリを排除する作業を行いレベルゲージ挿入。その後エンジンを始動、油圧が掛かっているか確認、暫くアイドルさせ温度が上がった頃にエレメントに触れたりしてオイルがキチンと回っているかを確認。簡単に書いてコンナ感じ。交換工賃は1000円位だったか?

しかしコレでも作業時間は1時間にも満たないし、愛車をチェックされている様を見守るオーナーからは時間が掛かるコトへの苛立ちは感じられ無い。

当然のコトながら、オイルジョッキは使用後すぐにクリーニングし保管、使用前にクリーニング、さらに取り扱いオイルごとにジョッキを使い分けている。フルチューンな車両はもとより、ノーマルなクルマにもソレを行っているのは言うまでも無い・・・

マツスピフロントハーフ装着後

先日(っと言うか本日)深夜、家路を進む道すがら、フト思い立ち24営業な立駐へ。フロントにマツスピハーフも付いてちょいと変わったコトだし写真でも撮っとくべと思い、千台近くを飲み込む、しかし人気の無いそのパーキングに入りロドスタを停め撮影を始めた・・・

ロドスタの写真を撮影中に忍び寄る足音・・・

ファインダーを覗いていると不意に人気を感じるも、気のせいだと思い意に留めず。しかし耳を澄ませば「コツっ、コツっ、コツっ」っと人の足音すら聞こえて来る。他にクルマの無いフロアーにあり、あいかわらずソレは気のせいだとファインダーを覗き続けていたその時!

何してるんですか!

その質問に、「読書中です」っとでも応えようと思ったが、ココでの問題はオイラが小心者であると言うコトで、

「いえ、その、しゃ、しゃしゃしゃしゃしゃ、写真をですね、その・・・・」

っと素直なボクに早変わり(笑)
相変わらず無骨な態度のガードマンを見るにつけ、無断で写真撮ってたので怒られちゃうのかな?っと考える間にも、カレはすかさず、

「だめですよぉ、縦駐車のトコロに横に停めちゃぁ!」

って、ソコでしたか(^^;
ハイ、すみません。すぐどけます、今どけます。ってか、すぐに帰りま~す・・・(ノ><)ノ ヒィー

てな訳で、ロドスタの写真

ってな感じのコトがありましたのでロドスタの写真は、

マツスピフロントハーフ装着後のNB8ロードスターの写真
別な場所のにしときます(^^;

っと言う訳でフロントにマツスピハーフが付きましたが、う~ん、やっぱりサイドスカートとかリアアンダーのデザインとチョット合ってない感じ。正直既に他のに換えたいとか思ったりしているトコロですが、予算が無いので当分このままな方向必死です。

あと車高も下げたいな~。
って感じで本日も作業したのですが、例によって睡眠不足後の作業でしたので、その内容は後日と言うコトで、本日は間もなく夢の中へ・・・・・(@9PM)


そう言えば写真なブログとか拝見していると、結構職質かまされたりしてるカタがいらっしゃるようでして、そう言う意味ではオイラも写真が趣味になってしまったと言うコトなのでしょうか? それは無いと言って置きますが(泣)

【Photo by Nikon D40】

各エアロ装着後な関連ぽいエントリ

羽が生えてきた
NB後期純正サイド装着後
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)

フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)

3M・ハイタック7708両面テープの写真

フロントハーフスポイラーの取り付けは付属のステーの他に両面テープも使用。今回は写真の3M・ハイタック7708な両面テープを購入しておきました。

エアロを傷付けないように

エアロ取付け時に傷付けないように段ボールを地面に敷いた写真

悲しい過去がありますので、今回は取付け時にエアロを傷付けないようにダンボールを敷いて万が一に備える(笑)

取付け後はイメージが変わって新鮮

エアロ取付け後の写真

付いた~。ナンバーベースも外したいけど、廻りに傷とか付いてると、ソレを直してる時間がないので今回は保留に。

マツスピフロントハーフ装着後の写真

別の角度から。見た目が変わると新鮮な気分♪  この角度から見た際のマツスピフロントハーフの感じはナカナカ好き。

磨きは無しで

フロントハーフの塗装面アップの写真

フロントハーフの塗装面は意外といい感じだし、なにより面倒なので、垂れたトコ以外は磨き無しで軽井沢へ行ってしまおう(^^)

でも・・・

フロントハーフの塗り残し部分の写真

ココ、思いっきり塗り残してる(泣)。しかもシッカリ左右共・・・orz  ま、よく見ないとわからないでしょうからいっか。なので、近くで見ないようにして下さい(笑)

エアロ関連なエントリ

両面テープテスト-1
両面テープテスト-2
ミッチャクロン
両面テープの下地処理

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)

NBロードスターのフロントバンパーリテーナーの写真

NBロードスターはバンパー樹脂部に写真のような金属製のリテーナー(であってる?)が付いています。で、新しく付けるフロントバンパにリテーナーが付いていないので、今まで付けていたフロントバンパからコレを移植。

リテーナーの取外し

NBロードスターのフロントバンパーリテーナーを固定しているリベットの写真

バンパーのリテーナーは、写真の部分にあるゴムの下に隠れてるリベット4本によって固定されているので、コレをドリルで揉んで外します。

バンパーから外したリテーナーの写真

コレがバンパーから外した、移植するリテーナー。

リテーナーが無くてもバンパーは取り付けられるけど

リテーナーを取ったフロントバンパーの取付け部の写真

NBロドスタの場合、このリテーナーが無くてもフロントバンパの取り付け可能ですが、付けないとバンパが垂れ下がってしまい、ボンネットとバンパのチリが広くなってしまうので、コレは面倒くさがらずに移植でありま~す。

リベットでリテーナーをバンパーに固定

リテーナーを固定する新しいリベットの写真

リテーナーを固定する新しいリベットを用意。リベッターは持ち合わせていないので、G様にお貸し頂きました。ありがとうございます。

リベットを固定部に挿入した写真

リベットを打ち直したら、リテーナの移植完了です。

エアロ関連なエントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

フロントハーフ塗装面の垂れ修正(エアロ修正-21)

今回の作業はフロントハーフを塗装した際に、垂れてしまったクリアの修正を行います。

塗装後のフロントハーフ塗装面の写真

写真は塗装後触指可能な程度までクリアが乾燥したトコロですが、フロントハーフスポイラーの塗装においてはご覧のように塗装時点で十分な艶が出ましたので、塗装後の肌修正も垂れたトコロがメインとなります。またゴミ等の付着も殆ど無かったので、修正作業が楽で嬉しい~♪

クリア塗装肌修正は早め、かつ控え目に

垂れてしまったクリア層は、塗料メーカー指定のコンパウンド磨き可能となる乾燥時間のちょっと前から修正を開始します。多少柔らかい段階で水研ぎする事で、修正もラクチン。但し、塗料が完全に硬化するまでの間に、更に塗料が痩せるかもしれないので、十分な修正となる手前位に控えておきます。

水研ぎはペーパーに溜まる塗料粕に注意

垂れの生じたクリア塗装面を修正した状態の写真

盛大に垂れた右端はコンナ感じに。力を入れず、ペーパーで水研ぎして垂れて盛り上がったトコロを修正しておきます。また水研ぎは、バケツに水をはって作業するのでしたら、ペーパーを頻繁に水に浸すようにし、ペーパー研磨面に削った塗料の粕が溜まらないように注意しましょう。ペーパーに削った塗料粕が溜まった状態で研磨を続けると、今回のように塗装面がまだ柔らかい場合、簡単にキズが入ってしまいます。仕上げ作業ですので焦らずに作業して行きます。

垂れ周囲は凹むコトがあるので、塗装時に対応しておく

また説明が前後してしまいますが、垂れが生じた箇所は、塗装が乾燥する工程で周囲の塗装面を引っ張るような感じで乾燥する為、結果垂れて盛り上がった周囲は他の問題無い塗装面よりも凹みが生じるコトがあるので、塗装時に垂れた周囲に若干余計に塗料を塗り重ねておくなどの対応をしておくと、垂れ部分修正後に問題が生じにくいかと思います。

修正は後からでも可能なので初めは控え目に

控え目に研磨した垂れ修正部の写真

垂れてしまった左側のこの部分もコンナ感じに。写真だと見難いかもしれませんが、目を凝らすと研いだ部分の中央位に筋が入っているのが見えるかと思います。ソコが周辺が垂れて盛り上がってるトコロですが、上記の通り痩せがあるかもしれませんので、この位で止めて後日更に修正します。

修正を少しでも楽にするタメに今回は完全に乾燥するより早めに修正を始めていますが、ココで頑張ってやり過ぎてしまうのは本末転倒であり、失敗した際の修正も大変になります。逆にココでの修正が足りない分には、後の作業は若干大変になるかもしれませんが、塗装面が完全に硬化した後でも修正出来る塗装面が残っており対応可能な訳ですから焦らずに作業したいトコロです。

エアロ関連なエントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)

サフェーサーを塗装し、研いだ後に出てくる巣穴の修正などを行い下地を仕上げた後、フロントマツスピハーフの塗装を行いました。

巣穴をラッカーパテで修正

サフェーサーの研ぎをある程度終えた後、今回は真面目にラッカーパテにてス穴を拾うコトにしました。

巣穴部分にラッカーパテを盛った写真

サフェーサーを研いだ後に確認すると結構巣穴があるのです(泣)。ついでにサフ研ぎだけでは無くならそうな傷にもパテ盛り(ラッカーパテの本来の使い方ではありません。)

修正箇所にパテ盛りした写真

ちょっと厚く盛りすぎた(^^; っとは言ってもラッカーパテはこの後ほとんど削り落してしまいますが・・・

巣穴を探してパテを持っているトコロの写真

じーっと見つめながら巣穴を探してパテを盛り盛り。サフェーサーが白くて、しかも太陽光が当たっているので目がおかしくなります。

マツスピフロントハーフスポイラーの下地を仕上げている写真

因みにエアロを車両に装着後、下面となる箇所はどうせそのウチ擦ってしまうと思われますので、手抜きでパテ無しです。

フロントハーフを塗装する

っで、ラッカーパテを研いで下地が整ったトコロで塗装開始ぃ~♪ サフ吹く前の状態だとイマイチやる気が起きませんでしたが、サフを吹いてコザッパリし出すと、俄然やる気が出てきます(笑)

フロントハーフ塗装後の写真

いきなり塗装後の写真になりますが、久し振りの塗装でガン調整とガンさばきに手間取ったけど、結構良い感じに吹けましたO(≧▽≦)O ♪

塗装したマツスピフロントスポイラーの写真

クリアも少な過ぎぬよう重ねて重ねて、塗装で艶を出していきます。

クリアが垂れている写真

右端は結構クリアが垂れてま~す。でも少ないクリアがより断然マシなので、垂れるのを恐れずに! またタレて盛りあがった部分周辺は乾燥後凹みが生じるコトがあるので、垂れた部分の周りは塗料を塗り重ねて修正後に問題が起きないようにしておきます。

塗装したフロントハーフスポイラーの左側の写真

左側は垂れも無く良い感じの吹き上がり♪

塗装後の艶を現す写真

良い感じだ(笑) 一応塗装で結構艶が出ていますので、後の塗装肌修正も垂れた部分の修正程度、っとプラスαってな感じで済みそうです。

その他のエアロ関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)

フロントのエアロであるマツスピハーフの修正作業。前回パテを盛ったトコロの形状を出す為に、ひたすらペーパーで削りまくっていきます。その後、現状の確認も兼ねてサフェーサーを塗装してみました。

パテ盛りした箇所の形状修正

パテ盛りした箇所を削って形状を修正した後の写真

写真はあるペーパー等でパテを削り、ある程度形状をだした状態。右側のこの部分は、アールがアッチコッチに付いていて難しい・・・

フロントハーフ右側のパテ盛り部の形状を出した状態の写真

左側はバンパーと合う辺りや、角の部分を落とし過ぎないように気を付けつつ、どうにか面も出たかな?っと言った感じになってきました。

フロントハーフスポイラーにサフェーサー塗装

上記にてパテ盛りした箇所の修正形状が済み、現状手で触って問題無さそうなのでサフェーサーを塗装して全体的な形状を目視でも確認しやすいようにします。

サフェーサを塗装した後のフロントハーフ右側部分の写真

サフェーサーを拭いた後の状態になります。左側のパテを盛ったコノ部分は概ね面も出ている感じ。またエッヂも歪みなど無く問題無さそう。

サフェーサー塗布後の右側の写真

アールが複数の方向についている右側のこの部分も何となく良い感じっぽいので、コレを空研ぎして塗装の準備に向かうコトにします。

今回サフェーサーは厚めに吹いたので、面の歪みなどをサフェーサーを研ぐ際に消してゆくようなイメージでひたすら研ぐコトに。

その他のエアロ関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)

ちょっと久し振りにフロントのマツスピハーフの修正作業。えっと前回触ったのは4月30日だったから、約20日振りですね。ですね・・・。えっ! 違う? 細かいコトは気にしない方向で行きましょう(^^;

マツスピフロントハーフのフィッティング確認

NB8ロードスターのバンパーにマツスピフロントハーフを仮付してフィッティングの確認をしている写真

ってな訳で、前回にも書きましたが、装着しようとしている中古のマツスピフロントハーフのフィッティングがイマイチなので、NB8前期のノーマルバンパにくっ付けて隙間などの確認を行います。

NB8ロードスターにマツスピフロントハーフを仮付し前から見た写真

仮付後、前からだとコンナ感じ。このボロッちい姿みるとやる気がなくなってゆくぅ~・・・

問題箇所にパテ盛り

バンパーと隙間がある問題箇所にパテ盛りした写真

そんなコト言っていても始まらないので、バンパーとの隙間が開いてしまっている箇所にファイバーパテを盛ります。

左側修正面にパテ盛りした写真

左の修正箇所もイマイチ面が出てない感じなのと、エッジが落ちてしまっているのでコチラもパテ盛りします。

盛ったパテを乾燥させている写真

盛り付けたパテを強制乾燥中の図。

その他のエアロ関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

そんな訳で軽井沢MTGに向けて作業なり

軽井沢ミーティングに向けてエアロを修正中の写真

前のエントリで「今日は疲れた」と書きましたが、先日、夕方の6時位から寝てしまい目が覚めたら12時を回ったトコロでありました。そんな訳でソコから更に眠るコトも出来ずに居る訳ですが、本日は久々に朝っぱらから作業をしたのでもはや限界が近づきつつある感じです(^^;

軽井沢MTG行けるコトに

ハナシは変わりますが軽井沢MTG、いかね~とか言っておりましたが、当日参加な方向で確実に、そして心置きなく行ける状況となりましたO(≧▽≦)O ワーイ♪  ってな訳で、上記の写真はソレに向けて作業していると言った感じ。

ってな訳で只今セッセと準備中でありますが、果たして間に合うのでしょうか。出来ればコレも直したいのですが・・・

恐るべきシロウトですか?なムービー

コレはもはやヤバイ! そんな感じのムービーであります。

JFac stylin’ works 2007(V_DUB Xtreme)
※画像をクリックするとムービーダウンロードのページにジャンプ

以前紹介したM5なNONBYさんとはまた違った世界観。シンプルでクールなBGMに合わせられたスタイリッシュな映像は必見であります! 上記以外にも多数作品があるようですが、他にもカッコ良いのがありまする。

本日は疲れたので軽めのレビューですが、ホントにカッコ良い。もう、ボクのロドスタも撮って下さいって思う位(笑)

動画関連なエントリ

動画を見れるクルマなサイト色々

1位になっていた

アクセス解析を見て気が付いたのだけども、FC2ブログの車・バイクジャンルのページからアクセスがあって、よく見たらジャンル内のアクセスランキングで1位になっていた(驚)

アクセスランキングで1位になっている画像
これ見よがしにクリックで拡大(笑)

最近ちょこっとアクセスが多くなったような気もするので、よく見てみたらLS600の記事を書いた数日後からコレに対して検索エンジンとかから来て頂いたカタが多かった模様。結果、LSの記事に対して検索エンジンから一週間で80件位のアクセス。D40のコト書いた時にもそんなコトがあったけど、今回のはそれよりも多くてビックリした。

既にランキングからは落ちたようですが、つかの間の喜びと言うコトで・・・。まぁ、ソレもコレも日頃アクセスして下さる方々あってのコトなので改めて感謝であります。

全タイトルを一気に見る【ページ追加】

果してソレを見たいと思っているカタが居るのか不明ではありますが、何となくサイト内の全エントリを一気に確認したいなと思ったので、早速、全タイトルを一覧表示するページを作ってみた。FC2ブログでは元々、

http://○○○.blog■■.fc2.com/?all

っと言う感じで、URLの最後に「?all」を追加する事で全エントリのタイトル一覧ページにアクセスする事が出来るが、そのページは基本的なデザインで自ブログのデザインが適用されている訳ではない。なので今回は更にカスタマイズして、自ブログのデザインにあわせたモノを作ってみた。

全記事一覧のページ

TOPページから全記事一覧ページへのリンクを示す画像

TOPページからアクセスするには、画像で示すように「CATEGORY」の欄に全記事一覧ページへのリンクがある。

全記事一覧ページに表示される総記事数の画像

全記事一覧ページにアクセスすると、その時点での総記事数と共に、全記事のリストが延々と表示される。

あまりにも1ページが長いので、スクリーンキャプチャをとったら面白そうだと思い、実際にやってみた。

全記事一覧ページのスクリーンキャプチャ画像のサイズを示す写真

で、スクリーンキャプチャした画像のサイズを見ると。。。 フォルダ内の表示を「縮小版」にしておくと、コンナ感じに表示される程の長さ。プロパティを見ても、画像の縦サイズが約16,900ピクセルとトンでもない事になっている。

その長さが気に入ったので、ちょっと縮小してココに乗せてみる。

全記事一覧ページのスクリーンキャプチャ画像

アホとしか言い様が無い!(笑)

因みにこの全記事一覧表示のページ、現時点でHTMLファイルのサイズが240KBを越えていたりもして、何かとふざけたページだと思います。

関連ぽいエントリ

検索ボックス【サイト修正】
更新通知メルマガ開始!
QRコード
旧サイトの今を見た【アクセス解析】

モンスターゴルフ現る!【Golf GTI W12-650】

フォルクスワーゲンが、Golf GTI W12-650と言う何やら凄いゴルフ(のショウカー)を作った模様。詳細は下記。


Golf GTI W12-650 – Key Aspects Showtime at Wörthersee: The 325 km/h GTI

(VW Media Services)

Golf GTI W12-650はW12気筒ツインターボエンジンをリアに搭載!

プレスリリースによれば、このGolf GTI W12-650はW12気筒・6リッターツインターボ・エンジン(650ps/6,000rpm、76.5Kg・m/4,500rpm)を前席の後ろにマウントし、6速オートマ(DGSかは不明)からリア19インチ・295幅(フロント235)のタイヤを介しそのパワー全てを路面に伝えれば、停止状態から3.7秒で100Km/hに達し、さらにそこからアクセルを踏み込む右足の力を緩めなければ、このモンスターゴルフの速度は325Km/hにまで到達するとのコト。

エクステリアは多くの部分に手を入れている

エンジン搭載位置の変更等、シャシーへの変更が大規模であろう事は想像がつくが、エクステリアに関しても機能を追及した結果、フロントフード、ヘッドライト、リアコンビランプ等を除いた多くの部分に手が加えられている。その代表的なモノは2つあり、1つはCピラー廻り、もう1つはルーフ廻りとなる。

クーリング対策に苦労?

Cピラー周辺の変更はリアのサイドガラスを内側に倒し込む事によって、Cピラーとの間にダクトを設けるスペースを作り出している。コレはクーリング対策と吸気の為のようだが、ボディサイドにもあるダクトだけでは、エンジン搭載位置の変更やハイパワーエンジンとした事への対応が追いつかなかったと言うコトだろうか?

ボディーラインを保ったままダウンフォースを得るタメの凝った手法

2つ目のルーフの変更に関しては、マテリアルをカーボンとしただけではなく、リアに向かい落とし込む形状とし(恐らくデフューザーのように、ルーフ上の流速流速を速める事で)、ルーフの後端に設置されるスポイラーで強力なダウンフォースを発生させる構造となっている。

これら2つの箇所のモデファイにこうした手のかかる手法をとったのは、ダクトにしろウイングにしろ「後付け」とする事でオリジナルのボディーラインを損なう事を嫌った為のようであり、ゴルフらしさを保とうと言う試みは成功しているように感じる。

Golf GTI W12-650の動画や壁紙

ちょこっとですがGolf GTI W12-650の動画がユーチューブで実車がお目見えしていたりも。
VW Golf GTI W12 650 PS

ドイツ(多分)のVWサイトでは壁紙が手に入る。
GTI-Treffen am Wörthersee 2007(音出ます)
フラッシュムービーのイントロが終わってから、Der Golf GTI W12-650.ってロゴの左下にあるMehrをクリック→フロントウインドウを指しているWallpaperをクリックして4枚。さらに左の赤くなっているタブの隣のタブをクリックするとクルマが後ろ向きになって、ソコで出てくるリアパンパを指すWallpaperをクリックするともう4枚出てきます。

更に下記では上のトコロに無い壁紙がある。また上のと同じのもあるので面倒なカタはコチラから。
Volkswagen Golf GTI W12 650 Concept(netcarshow.com)

関連ぽいエントリ

CTR3現る!
ネットで出あった気になるクルマ-1
new GT-RはEVOがある?