サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)

最近知ったんですけどね、小学生がよく持ってる赤青鉛筆。アレが大変な進化を遂げていたのって、もしかして皆さんすでに御存知で?
どんな感じに変わっているかと言うと、コンナ↓

060530
っと、まぁこのように、青君が大幅にリストラされております(笑)
従来青と赤の長さが同じだったのが、単に赤が多くなってるってだけなんですが、そう言えば青って残ったよなぁ( ==)旦~~ シミジミ…
なんてコト思った訳で、コレを思い付いたヒトは消しゴムを鉛筆に付けたヒトと同じ位凄いなと(^^; いや~世の中には頭のよいヒトがいらっしゃるもんですね(>▽<;;
さてハナシをロドスタへ。今回はサイドスカートのその後を少し。

続きを読む サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)

リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)

リアバンパ補修作業の続きになります。

060528-6
傷が結構深いのでペーパーでならした後にPP対応のパテを盛り付け。

060528-7
ココもパテ盛ります。

060528-10
で、研ぎます。さらに周囲を#1000のペーパーにて足付け。PPはそのままだと塗料が乗りませんので、樹脂が露出している部分にミッチャクロン(プライマ)を塗布しておきます。

060528-11
そんでサフ吹き後。調子コイテ広く塗りすぎた・・・orz  ほっとくと後々面倒なので、コノ後の水研ぎ時に範囲を狭めるように修正。

060528-12
コッチもサフを吹いて、コノ後水研ぎ。さらにサフの水研ぎをしながら塗料を乗せる部分の足付けも行う。

060528-14
でもって塗装してバンパ付けたトコロ。

060528-15
今日も15時位から作業開始したので、塗装する頃には暗くなり始めて、終わってみれば真っ暗。なので写真が見辛いですが、とりあえずってコトで。

060528-16
反対から。暗いトコロで見るぶんにはまあまあな感じですが、明るいトコで見るのが怖い(^^;

060528-13
よく見たら垂れてた。しかもベースが・・・orz
しかも垂れるってよりか、流れてるし(泣)

あと、ナンバ下のコノ部分。パテ研ぎが悪かったのか、サフ研ぎ時のサフ際の処理がまずかったのか、ちょっと境目の段差が(┬┬_┬┬)どばーっ 

下地を手抜きしちゃアカンです、
な、見本完成・・・orz

エアロ補修関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)

060528-4
コノ前パテ盛ったトコロにサフ吹くついでに、リアバンパのその他の部分も補修。で、上の写真はリアバンパの左側。ちょうど左リアタイヤの後ろの部分です。ご覧のように傷付いているので、今回はココを補修します。

060528-5
コレも左側のサイドマーカーのトコロ。結構アッチコッチ傷が(泣)

060528-1
傷の補修後にサフ吹くのでバンパを外します。NBバンパの外し方として、特に難しいトコロはありませんが、唯一困りそうなのがナンバー。どのように外すのかと言えば、ご覧のようにナンバーを立てて、パンパの穴から逃がしつつ外すそうです。なので新しい傷を作らないようにマスキングテープで保護。因みに矢印部はトルクスで留まってます。

060528-2
リアバンパを外すのは今回始めてなので、コノ部分も念のために保護。

060528-3
バンパ外したら・・・・・(>▽<;;

060528-8
でもって、外れましたの図。ナンバーも塗料剥げ易いので保護してあります。

060528-9
何か新鮮(笑)。

エアロ修正関連エントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

期待の週末

いよいよ軽ミな週末がやって来ましたね~♪ 皆さん、オクルマの準備は無事に終了したのでしょうか? 
何っ、まだ終わってない!
ダイジョブダイジョブ、少なくても日曜までには数十時間あるから。移動とかモロモロ考えると24時間前後しかないけど、それでも数十時間に変わり無い。ね、数十時間とか言うと、なんか結構時間あるっぽくない?(笑)
ってな感じで仕上げに追われてるカタもいらっしゃるかもしれませんが、せっかくのミーティングですから、クルマだけでなく人間の方も良い状態で楽しんで頂きたいと思います。
そんな訳で、
早く寝なさい!byアナタの母上風に(笑)
あっ、今「うるせ~な」とか言った? そんなコト言うと新聞の天気予報欄見て、ちょっとニヤついちゃいますよ(オイラ行かないので)
まっソレは冗談として、素直で純真なオイラとしては、天気に恵まれますようにって想いをこめて、
「真夏の太陽と出会えますように」
位のお祈りにしておきます(>▽<;;
っと、冗談はホントにこの位にしといて、天気予報ですが例年通り微妙な予報ですね。近年では日曜に雨降ったコトもあったようですが、予報と裏腹に結構天気良くなっちゃうのも軽ミの特徴(?)。
軽井沢と言いますと、避暑地で別荘ゴロゴロで、真夏でもセレブなカタガタが涼しい顔して、それこそ汗一滴垂らさないで歩き回っているコトでも有名な訳ですが、コレが実はまた一度晴れると非常に暑い。そりゃもう前日まで雨に怯えていたのもコロッと忘れて、
ニックキ太陽め!
なんてコトを平気で思う位暑くなったりする。そんな訳で天気予報は微妙ではありますが、日焼け対策グッズ(←重要)とか持って行くコトをお勧め致します。
ではでは参加されるカタは楽しんできて下さいね~♪

続きを読む 期待の週末

Euro-2

てな訳で前回の続き。

傾向
今現在の国内におけるユーロメイクの傾向をオイラなりに捕らえてみると、

①エアロはシンプル
②ヨーロッパのチューナズブランドの流れを汲むモノ
③ドイツ車の流れを汲んだモノ
④大径ホイル(モノブロックが主流?)

ってのが大まかに感じてるトコロなのですが、スポコンのソレと違ってこれらの要素ソレゾレが絡んでいるのがユーロってジャンルのようにも感じています。

例えばエアロは①+②(or③)であったり、単にエアロが①でホイルが②(or③)+④であったり、まったくオリジナルな組み合わせであったり。

コレを簡単に捕らえてみると、例えばエアロに②なり③のデザイン要素を取り入れ雰囲気を出すモノ。ホイルに②なり③のモノを使って雰囲気を出すモノ。そしてそれは両方だったり片方だったり。っと言った感じでどこかしらにアチラ的のメーカーなりチューナーが実際に使っているデザイン要素を入れるのがキモなのかな?っと感じるトコロがあります。

車種は選ばない?
ユーロメイクに関してもう一つ感じているコトとして、ソレをやっている車種が幅広いなと思うトコロがあります。なんて言うかどんなクルマでも上手くやるとユーロになっている感じで。

それは例えばオデッセイであったりアルファードであったり、かなり日本車なクラウンであったり、センティア(2代目)であったり。とにかくノーマルでは日本車感溢れる車に手を加えて、見事ユーロ感あふれるモノになっている。では日本車っぽいとか、ユーロっぽいってのはドコから感じるモノなのか?


まずはコレ↓を
060524-16 060524-19 060524-12 060524-15


060524-13 060524-18 060524-14 060524-17

上に挙げたのは以前の東京モーターショウとかオートサロンで撮った写真から適当な車種を選んで、そのドア周りだけを見たモノ。因みにコンセプトカーも含まれています。

このようにして写真を並べるコトでヨーロッパ車っぽいトコロを見つけようと言う訳です。

で、この写真を見て思うトコロとして、総じてサイド面はシンプルだなと。言い代えると主張が少ない感じと言うか。

ソレではココで上に挙げたクルマ達を見てみましょう。

060524-1
アウディRS6
最新のアウディは新しい顔になっておりますが、この辺りのアウディのフロントデザインは日本のユーロメイクに引っ張り出されるコトが多いと思い出してみました。

060524-2
アウディのコンセプトカー

060524-3
BMW・M3-CSL
ユーロのスポーツ系的要素が多いと思って出しました。

060524-4
アルピナ・B7
定番チューナーズブランドってコトで。

060524-8
マクラーレンメルゼデス・SLR

060524-5
コルトの2ドアオープンコンセプトなモデルだと思います

060524-11
レクサスGS

060524-10
アクセラ
マツスピエアロかな? とりあえずヨーロッパ車っぽいかな?と思ったので。

8060524-9
オデッセイ
なんかのコンセプトモデルだったと思います。

気付いたカタもいらっしゃるかと思いますが、初めに挙げたドアの写真には日本車も含まれておりました。ココで思うトコロは、ボディのサイド面に関してドイツ車も日本車も凄く大きな違いは無いってコトです。細かく見れば各メーカー毎の法則はあるのかもしれませんが、それが直接ヨーロッパ車的なモノかと言うと、そうとは言い切れないと思うのです。

さらにココで特にドイツ車勢を中心に注目して欲しいトコロが、クルマ全体を見ると非常に個性が強い、もしくは各メーカーっぽさを感じるのに、サイドだけ見ると全体を見た時ほど個性やメーカーっぽさを感じないトコロです。

非常に力強いRS6も、個性の塊だったアルピナ・B7(BMW・7)も、スーパースポーツ感溢れるSLRも、全体カラ感じる印象とサイドだけ見た時の印象は異なるのではないでしょうか?

では日本車勢を見て見ましょう。ここでは主にアクセラとコルトを中心にしたいと思います。まず日本車の中ではヨーロッパ車っぽいかな?と思うアクセラ。コレをドイツ車勢と見比べるとヤッパリ日本車っぽく感じます。それに対してコルトはアクセラよりもヨーロッパ車的雰囲気が強いように思いますが如何でしょう?

では両者の違いはナンなのか?

その違いはフロント周りの作り込みの違いにあるように思います。両者を比べた時にどちらもシンプルな顔であるように感じますが、アクセラはどちらかと言うと単純な面の組み合わせ。対するコルトは面+線とでも言ったら良いのでしょうか、印象はシンプルですが、ディティールはアクセラより複雑であると思います。

簡単に言うと手間を掛けて作っている感じ。コレがフロントの作り込みの違いと感じる部分であります。

さてココでドイツ車勢に目を向けましょう。するとドイツ車勢ってのは先程言った「フロントの作り込み」ってのがしっかり出来ているように感じませんか?

これらのコトから
フロントはしっかりとした作り込みをしてあり、それに対してサイド面はシンプルである。

逆に言うと日本車は
シンプルなサイドの印象が、フロントにも残っている

っと、こんな感じの違いがあるのかなと・・・・
その上で初めに書いた傾向的なコトを取り入れてみたらユーロ感が出てくるのかな?っと思ったのですが、如何でしょう?

Euro-1

最近ロドスタの外装モディファイに興味を持ち始めている訳ですが、どう言った方向へ行きたいのか? ってなコトについて少しばかり。

っと言いますのも、オイラは「○○なクルマが好き」、っと言ったモノが無くて「クルマ全般が好き」。言い替えればユーロもスポコンもVIPもラグジー系も、スポーツカーもセダンもSUVも何でもかんでも好きな訳です。お前にはポリシーってモンが無いのか? みたいな。そんな感じです(笑)

そんなオイラですから弄くって行った結果、色々ごちゃ混ぜの「何コレ」状態になってしまう恐れも。まぁソコはセンスの良い人ならうまい事行くんでしょうが、オイラの場合そうなるとは思えないので、ある程度は向かうべき方向性を定めておかなとイカンなと思う次第であります、ハイ。

で、初めに言っちゃいますとユーロってな方向に行きたいなと思っているのであります。コレがまた困ったコトに・・・

困る?
方向性が決まってるのなら、あとはそれを意識して弄ればいいんでないの?

っと思うでしょ?

でも!

何をもってユーロって言うのでしょうか?
って部分が困りドコロなのです。

例えばスポコン。コレをイメージした時に、バイナルだとかメッキホイルだとか、NOSのボンベだとか色々と思い浮かぶじゃないですか? なんて言うか極端な言い方ですがある程度、スポコンと言えば、コレとコレとコレ、みたいなアイテム。

それをですね、同じようにユーロってジャンルで言おうとすると思い浮かびます? オイラは全く思い浮かびません。

さぁ困った(笑)

つづく・・・

オープンカーに例えると

今年の5月は梅雨ですね~。暖かくなって梅雨までにオープンドライブを楽しめる季節なのに雨ばっかでホント泣けてきます・°°・(>_<)・°°・。 さてちょっと面白そうな占い?があったのでやってみました。その名も あなたをオープンカーに例えると?

オイラの結果は・・・

nobu-r315さんはBMW Z4 です!

●BMW Z4さんは、感受性が鋭く、

子供のように素直で純真な人です。

人を疑うことをしないため、時には騙されて傷つくこともあるのですが、そんな経験があなたをより強く優しい人間にしていきます。また、子供のような心を持っているということは、既成概念にとらわれない、自由で自然体な生きかたができるということでもあります。どんな場所でも素直に周囲の意見を受け入れるので、無理なくその場に溶け込んでいけるでしょう。ただし、自然体という気質が悪い方向に出てしまうと、

ワガママで気まぐれだというレッテルを貼られてしまうかも。
自分勝手な部分を慎むことが、開運の大きな鍵になりそうです。恋愛面では、あなたの素直さを大事にしてみて。

●nobu-r315さんのラッキーアイテムは、温度計です!

よくわかっているではないか!(笑)


【コメント】
投稿者:nobu-r315 2006/5/27 0:00
黒猫さん
r(□-□ヘ) ナルホドォ
今度、何かたのむかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリッ

ちょっと早いですが、
よろしくお願いします(笑)


投稿者:nobu-r315 2006/5/26 23:49
変態長さん
お久しぶりです(^^)
ビートも個性強いですよね。なんか明るい感じしますし。

>100ライター
ソレ出なくて良かったぁ・・・
何時も持ってるから、出てたらラッキー度上がらないトコロでした(笑)
しかもカートン買いでもらったヤツだし・・・・(>▽<;;

それにしても
おぉ、なんか皆オープンじゃん!
とかボケたコトを思っておりました(^^;


投稿者:黒猫 2006/5/26 23:34
やってみました!
結果はポルシェボクスター♪

って、自分の「ひとりごと」にも書きましたけど、
けっこう当たってます(汗)

http://www13.ocn.ne.jp/~feel/


投稿者:変態長 2006/5/26 23:05
お久しぶりです♪
占ってみたトコロ、HONDA BEETでした。
ラッキーアイテムは、100円ライターって安!!(笑)

http://blue.ap.teacup.com/dolphin/


投稿者:nobu-r315 2006/5/26 22:27
ふなさん
来てしまいましたね!
~(・・。)ヾ(^^ )ナクンジャナイヨ~(笑)

何気にユーノスだけじゃなくマツダが入ってるコトを知って、ちょっと嬉しかったり_(^^;)ゞ


投稿者:ふな 2006/5/25 23:32
ふなさんはMAZDA ROADSTER です!

なんか面白く無ーい!!!


投稿者:nobu-r315 2006/5/25 22:48
☆ケンタ☆さん
ホントに5月らしくないと言うか。
もう少し爽やかな天気がつづいて欲しいですよね。

結果の方はボクスターですか~
確かにポルシェでオープンて言うと、
何かこうちょっと弾けた感じと言うか(^^;

まささん
>スーパー7
ほんとによくわかってる!
イメージ的にはあるですよ、ソレ(笑)
スピードとかスピードとかスピードとかって辺り・・・

>他人にはなかなか真似できない才能
ロドスタでバーンナ○トしまくるトコとか?(>▽<;;
でも、クルマだけでなくスポーツの方もいけてるっぽいから、幅広く色々な才能をお持ちかと思いますよ(^^)

わかさん
色だけでなくコレでも可愛らしく(笑)
だけど見た目と裏腹に・・・
おぉ~、あってる!?

>芳香なコーヒーの香りが・・・
( ̄●● ̄)クンカクンカ


投稿者:わか 2006/5/25 22:24
どうも、カプチーノなわかです。
芳香なコーヒーの香りが・・・(爆)


投稿者:まさ 2006/5/25 19:26
お久しぶりです。
早速占いやってみました!!

僕はスーパー7でした!!
印象的ともいえるほど強烈な個性を持っていたり、他人にはなかなか真似できない才能に恵まれているらしいです。

つまり変り者って事??
変人?変態??

ラッキーアイテムはビー玉。。。

よくわかっているではないか!(笑)


投稿者:☆ケンタ☆ 2006/5/25 19:14
最近は晴れてても突然大雨が降ってくるんでオープンだと油断できませんね・・。

オープンカーに例えると私はボクスターでした^^
引っ込み思案だそうです。ポルシェで引っ込み思案ってなんか変ですね(笑)
まぁ・・当たってるんですけど(^-^;

http://kentazzw30.blog52.fc2.com/

ロドスタな車庫が

日曜日のお話。サイドスカートの装着がお昼位に終了。前日Wさんから電話があってOさん、Mさんが集まっているようなので、「メシ食って、風呂入ったら行きます」って感じの連絡を入れる。

で、メシ食って、風呂入ってからW邸を目指す。15時近くに到着し、ちょっとしたトコロで「メシにしよ!」とWさん。

メシも食わずに作業頑張ってたのか~
っと思っていたら・・・・・

ハイ

こ、ここ、こここ、

コレはぁ~

オイラの分の冷やし中華(^^;

たしか先程

メシ食って、風呂入ったら行きます」

っとメール送った気がするのですが、それはオイラの夢のなかでの出来事だったのでしょうか?(笑) しかしながら暑かったコトもあり、サッパリとした冷やし中華はオイチっヾ(@⌒¬⌒@)ノ
ってな訳で、一度は拒否ったクセに完食(笑)

その後はMさんのロドスタやWさんのロドスタを弄くりつつ時間が流れる。(軽ミに向けてやってるので、内容はまたの機会に。と言うか、写真撮って無いし(笑) )

その後、晩御飯まで頂き良い時間になったトコロでオイトマ。他のロドスタ乗りなカタも軽ミに向けて頑張ってるのかな?

帰り道
ちょいと夜は冷えたので屋根を閉めてW邸を出発。けれどもせっかくなので途中でオープンに。

やっぱちょっと寒いね{{(>∇<)}} っと思ってユックリ走ってる時のコト。ある右コーナーが迫ってきたと思ったら・・・ 対向車が物凄い勢いで、アウトまでしっかり使ってコーナーを立ち上がってきやがった!

しかもデッカイSUV・・・orz

コレ、ヤヴァイかもぉ~ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ
って思いながらフルブレーキ!
そして停車・・・・

SUVは眼の前でギュワンっ!と曲がって自車線に戻ったコトで接触せずに済んだけども、後ろにクルマ居なくてよかったぁ~(-。-;)

自分がミスってガードレールにまっしぐら! って以上に対向車がコッチに向かってくる正面衝突な恐怖にはビビリました。マジで寿命縮んだですよ(^.^)ゆ(-.-)る(__)さ(-。-)ん(-_-メ)!!ッ

それにしても公道ってホントに色んなコトがありますね。だからコソ何かあった時に出来るだけ逃げたり、または被害を少なく出来るような運転・スピードを心掛けたいものです。

サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)

サイドスカートは磨いた後、早速車両へ取り付けて行きます。

サイドスカートに両面テープを貼り込む

取り付けるサイドスカートに両面テープを貼り込んでいる写真

まずは両面テープの貼り込み。下地にミッチャクロンを塗布してあります。

両面テープを貼り込み終わった状態の写真

貼り込みが終わった状態です。両面テープは貼る部位によって、2種類のテープを使い分けました。

取り付け時、両面テープの裏紙は両端を折り返しておく

裏紙に折り返し処理をした状態の写真

サイドスカートを車両へ取り付ける際、両面テープの裏紙を折り返しておいて後から引き抜きますが、途中で切れると泣けるので両端を折り返しておきます。

また、両面テープを使う際の裏紙の処理に関して、コチラのページにて紹介している方法もお勧めです。

サイドスカート用のブラケットを取り付ける

NB純正のサイドスカートブラケットを貼り付けた写真

NBロドスタ・純正OPTサイドスカートの取り付けパーツには、このようなブラケットがドア下のサイドシルに付きます。このブラケットは両面とビスによって取り付けるのが本来の方法ですが、今回は両面のみで取り付けてあります。

その際に使う両面テープはブラケットに貼り付け済みの純正のモノになります。ハナシが少しそれますがブラケットが付くサイドシルって上下方向にRがついているのは目で見て良くわかりますが、実は前後方向にも若干Rがついております。なのでブラケットを当ててみると左右端に隙間が開く格好になります。
なので貼り付け前にブラケットを曲げておこうか?っと思う訳ですが、ブラケットが平板では無くて立体的な形状なので容易曲げるコトは出来ません。

なのでそのまま貼ってしまいます(笑)。左右端に隙間が出来るのでオリャっと押し付けブラケットをしならせて密着させます。コノ後ブラケットの弾性で両面テープが剥がれそうなイメージを持ってしまいますが、純正の両面テープ君は素晴らしい働きっぷり。なんとブラケットをしならせたまま保持しております!

と、そのような感じでくっ付いているのでしばらくはコレで大丈夫かな?

ブラケットを取り付けるとサイドスカートを引っ掛ける溝が出来る

ブラケットとサイドシルによって出来る溝の写真

このブラケットを取り付けると、サイドシルとブラケットによって写真のような「溝」が出来るようになっております。

溝に嵌るサイドスカートの折り返し部分の写真

で、サイドスカート本体のブラケットに当たる部分がこのように折り返された形状になっており、上記の「溝」に引っ掛けるような感じとなります。ブラケットが無くても両面テープでサイドスカートを貼り付けるコトは可能ですが、両面テープだけであっても接着面積が増えることや、サイドシルとの隙間対策などに効果があると思いブラケットも使う事にしました。

ロドスタにサイドスカート取り付け完了

左のサイドスカートをNBロドスタに取り付けた写真

NBロドスタへサイドスカートを装着した状態です。各部の脱脂、ミッチャクロンによる下地処理、更に気温が高めだったこともあって隙間が開くことも無く取り付け出来ました(^^)

右側のサイドスカートを装着した状態の写真

反対側のサイドスカートも取り付けてコンナ感じに。ついでにフロントバンパを以前のモノに交換して様子を見るコトにしました。

その他のエアロ修正作業なエントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)

先日の作業のコトっす。まずは土曜日に塗装したサイドスカートの様子を確認。塗った時は暗くて塗り上がりがイマイチわからなかったのでドキドキ。

エアロ060521-1
てな訳で早速虫ちゃん・・・orz 聞くトコロによるとシンナーとかのニオイに寄ってくるらしいです。なので数匹おります(泣)

以下、塗装後の様子です。

エアロ060521-2

エアロ060521-3

エアロ060521-4

エアロ060521-5

と、コンナ感じになっております。メタリックに関しては目立つムラは無く概ね良好。クリアーに関しては写真だと結構問題無い感じに見えるかもしれませんが、虫とかゴミが付いてたり、またはユズ肌になっているトコロがあったりしますから、今後磨きにて修正が必要です。

エアロ060521-6
で、#2000のペーパーにて水研ぎして平滑にして行きます。こうなるとユズ肌とかゴミのあるトコロが良く見えますね。

エアロ060521-7
水研ぎ後にコンパウンドで磨いてコンナ感じに。って写真だと磨き前と違いがよくわからないかも(^^;

エアロ060521-8
とりあえず車両につけても問題ない位の磨きで本日は終了。溶剤が抜け切るのを待って、それから改めて磨き倒そうと思います(^^)

エアロ修正なその他のエントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)

そいえば昨日忘れた項目が・・・・・。それは、

風も吹かないでね! m(゜- ゜ )カミサマッ カゼガフキマセンヨウニ・・・

っと言うお祈り。そんな訳で太陽はお目見えしたものの、今日は風、風、風~~~・・・・・orz
なのでサイドスカートのサフを水研ぎするコトにしました。1日マッタリと。そして徹底的に!(^^;

エアロ060520-1
その前に
リアバンパの補修も開始するコトにします。

エアロ060520-2
塗膜と下地の段差を滑らかに
ペーパーでシャカシャカやって、下地と塗膜との段差を滑らかにして行きます。

エアロ060520-3
バンパ用パテ
PPバンパの場合、パテもソレ専用のモノを使うか、プライマを使用しないとパテが密着しません。プライマを使わず普通のパテを盛ってもポロっとパテが剥がれてしまうので注意しましょう。っで、3Mのこのパテは、PPパンパに対してもプライマ要らずで結構グー♪ 

エアロ060520-4
盛り付け
モリモリと・・・やってはいけません。必要最小限になるように。でも結構難しいっ! 因みにこのパテ、ホントは線キズとか用らしいので、本来コンナ感じに盛ってはいけないのかも。でも色々買っていられませんしね(^^;

エアロ060520-8
パテ研ぎ後
サイドスカートの水研ぎ中に乾燥させてパテを研いだ後の様子。上手く削れてるかなぁ~?

エアロ060520-5
水研ぎ中~
コレが塗装後の姿だったらどんなに嬉しいコトか(笑)

エアロ060520-6
水研ぎ中~
風が強くて塗装出来くなりムカついたので、徹底的に研きたおしたるっ!っと思って研ぎまくり。急いでも良いコト無いんだと自分に言い聞かせつつ、一心不乱にシャカシャカと(笑)

エアロ060520-7
水研ぎ中~
裏側も忘れずに♪ 

作業の流れ的には上にも書いた通り、サイドスカート水研ぎ後にパテ研ぎ。そして気が付けば夕方。さらに気が付いてみちゃうと風が無い。

で、

エアロ060520-9
塗ってるし(笑)

エアロ060520-10

エアロ060520-11

エアロ060520-12

エアロ060520-13
色はどうかな?

現車合わせの調色じゃないので、色違いがどの程度あるのかもちょいと楽しみ。

最後のクリア塗装で肌が良くなかったので、クリアーにシンナー投入(標準調合よりかなり多目に)してどうにか少しツヤ出たかな?って感じ。ベースのシルバはメタがちょっとまとまってる箇所あり・・・orz 

街灯の下で見ると結構良い感じだけど、昼間どうなのかちょっと怖い(笑)。とりあえず今後ゴミ取りして軽くコンパウンドで磨く予定。ちょいとクリアが薄い感じなので磨きで綺麗になるか微妙ですが(汗)

詳細はまた追記します。今日はチト疲れたので手抜きですが、コンナ感じになったと言う事で。

エアロ修正作業なエントリ

す、ス、素(エアロ修正-0)
エアロ修正開始!(エアロ修正-1)
マツスピフロントハーフ修正(エアロ修正-2)
サイドスカート脱色(エアロ修正-3)
サイドスカート両面テープ除去(エアロ修正-4)
サイドスカート両面テープの糊除去(エアロ修正-5)
サイドスカートサフ塗装(エアロ修正-6)
リアパンパ修正開始、サイドスカート塗装(エアロ修正-7)
サイドスカート塗装後の修正(エアロ修正-8)
サイドスカート取り付け(エアロ修正-9)
リアバンパ取り外し(エアロ修正-10)
リアバンパ、パテ盛り・サフ吹き・塗装(エアロ修正-11)
サイドスカートに問題発生(エアロ修正-12)
リアパンパ塗装後の状態(エアロ修正-13)
リアバンパ塗装面の修正(エアロ修正-14)
ベリーリアハーフ仮組み(エアロ修正-15)
リアハーフの塗装(エアロ修正ー16)
ベリーリアハーフ装着後(エアロ修正ー17)
フロントハーフ更にパテ(エアロ修正-18)
フロントハーフ、サフ吹き(エアロ修正-19)
フロントハーフ下地仕上げ、塗装(エアロ修正-20)
フロントハーフ塗装面修正(エアロ修正-21)
フロントバンパ・リテーナー付替え(エアロ修正-22)
フロントハーフ取り付け(エアロ修正-23)
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
サイドスカート取付け時の傾向と対策(エアロ修正-25)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)

塗装と湿気

シトシトと雨が降っております。おまけに明日は気温高めなようで早くもジメジメモード全開(>▽<;;

ε=( ̄。 ̄ )

コマッタ

塗装時に湿気が多いと困る訳

って言いますのは、湿度が高いとコンプレッサから吐出されるエアに湿気が含まれちゃって、下手すると塗装のガンから塗料と一緒に水分まで出てしまうコトがあり、そうなると凄く泣けるわけで。もちろんコンプレッサとガンの間にフィルタとか入れてますけど小さなモノですから、あまりに湿度が高くなると湿気を取りきれなくなるし、また元々野外で吹いてますから余計に湿度の高い時は塗装に向かないと言った感じです。

サイドスカートの塗装に向けて

さて先週サフ吹きしたサイドスカートを確認して見ました。取付け後に下面となるトコロは若干手抜きした甲斐あって(笑)、少しばかりペーパー目が出てしまったトコロがありましたが、それ以外の目立つトコロに関しては概ね良好でした。コレならこの後の研ぎ作業も手短に終えるコトが出来そうでホットしております。

が・・・

冒頭に書いたようにお空の具合がねぇ(泣)
先ほども書きましたが、湿度が高すぎるのは塗装の際に好ましくないので、ホント困ったって感じ。とにかく1日位は天気が回復するように祈らねばぁ~。m(゜- ゜ )カミサマッ ハレマスヨウニ・・・

両面テープの下地処理

最近の自動車には樹脂部品が多く使われていますが、外装等部品に関しては両面テープを使用(とクリップ等)して固定されているコトもあります。

PP面への両面テープ貼付けには下地処理が必要

さてその両面テープですがえらくしっかりくっ付いております。メーカーが採用しているものですから両面テープ自体、その接着面に適したモノを使用しているとは想像しやすい訳ですが、特にPPなどに対しては下地処理をしているコトがあるのを御存知でしょうか?

この前両面テープテスト(下記関連エントリを参照のコト)なんてのをやった訳ですが、そこでミッチャクロンを使用したのも、それの真似なんですよ。

下地処理には両面テープ専用プライマを使用

っと言うわけで、その下地処理に使うのが両面テープ用のプライマーです。両面テープを貼る時に特に付き難い代表がPPですので、出回っているのもソレ用のモノになりますが(他にもあるのかな?)

で、具体的にどんなのがあるかと言えば、
3MのK500プライマや、おなじみエーモンのコレなどです。
特にエーモンのヤツはカー用品店でも見かけますので、探せば見つかり易いと思います。3Mの製品に関してもネットショップ等で見かけますので、気になる方は探してみてください。尚3Mの製品については、下記関連エントリの”両面テープ用プライマー塗布”にて紹介しております。

両面テープな関連エントリ

両面テープテスト-1
両面テープテスト-2
ミッチャクロン
サイドスカートを外してみる(エアロ修正-24)
両面テープ用プライマー塗布(エアロ修正-26)
サイドスカートを取付ける(エアロ修正-27)